デザインの良さに惑わされてWordPressのテーマ購入で失敗するの巻

WordPress有料テーマ

何年も前の話ですがアフィリエイトサイトをはじめた頃は、Google Adsenseの利用が可能な無料ブログでPC関連の情報サイトもどきのブログを公開していました。

無料ブログは、右も左もわからない初心者が余計な出費なくして気軽にアフィリエイトサイトをはじめる事ができるので、初心者におすすめだと思います。

ただ、無料ブログには自分で広告を掲載できるものと、そうでないものがあるので注意が必要です。ここらへんの情報はネットに沢山転がっているので検索してみてください。

無料ブログでサイト運営に慣れてくると、次第に自分のオリジナルドメインでサイトを運営してみたいという衝動にかられます。

そうなると次のステップとして、WordPress+オリジナルドメインでサイトを公開しようという流れになると思うのですが、ここから先は苦行ともいえる試練がはじまります。

WordPressはテーマやプラグインをインストールすれば、比較的簡単にサイトを公開する事ができるのですが、WordPressを動かす為のサーバを借りるのにお金がかかります。

レンタルサーバは月額数百円から数万円と様々なプランがありますが、儲からない時点であまりお金をかけても仕方ないのですが、安価なサーバを契約してしまうとアクセス数が増えた時にアクセス制限などでページが表示されなくなる恐れがあります。

かと言って、収入を得られないうちに月額数万円のコストを個人でかけられるはずもなく、レンタルサーバーを運営する会社や費用対効果を考えた上でのプランの選択に頭を悩ませる事になります。

サーバー選びが決まったら次に悩むのがWordPressのテーマ選びとなります。WordPressが人気なのはデザインを決めるテーマが豊富にあるからだと思いますが、無料のテーマだと自分でカスタマイズしなければならないので、知識のない私は有料のテーマを購入する事にしました。

足りない知識とデザインセンスをお金で解決できるのであれば良いと思うのですが、デザインの良さに惑わされてテーマを購入してしまうとお金を捨てる事になります。

これは、有料のテーマに問題があるのではなく、有料テーマを購入した私自身の問題です。

自分が運営するサイトの趣旨や自分の実力とテーマがマッチするのか冷静に判断せず、デモサイトのかっこよさに惑わされてお金を払ってしまうという愚かな人間(私)がいるという事を覚えていてください。

プロが作成したテーマを使用すると自分もプロになった気分になるのですが、実力が伴わないと損するんだという事を40過ぎて学ぶトホホな私です。

良い道具は扱う人の実力次第で生きるか死ぬか、損するか得するかという事のようです。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*