かなり悲惨!Wordで上書きできない現象の暫定的な解決法

リボンインターフェイスの評判が悪すぎて私が勤めている会社では、あまり導入が進まない新しいOfficeですが、ここにきてWordで上書き保存ができない事件が発生し、クレームの嵐となっております。

調べてみるとOffice2007から発生している問題で、2010, 2013でも同じ不具合が発生しているそうです。

私が勤めている会社ではOffice2010が標準なので、他のバージョンでは確認していないのですが、確かに上書き保存ができない不具合があります。

上書き保存のボタンを押しても何のメッセージが表示されないので無事保存できたと思いきや、ある条件が重なるとWord文書の上書きができなくなるそうですが、これを再現してみせた人は天才だと思います。

その手順とは、Word文書を新規で作成し、何か適当に日本語を入力し、変換を確定せずに「ホームタブ」にある「スタイル」までマウスカーソルをもっていき、リアルタイムプレビューを表示させる。(文字スタイルが変わる)

Wordの上書き保存できない現象の再現

リアルタイムプレビュー表示確認後、日本語変換を確定して文書の保存を行う。

文書の保存後、更に文字を入力して上書きするが保存されない。

わかりやすいのが、日本語入力変換確定後保存し、更に文字を入力してからWordのウィンドウ右上の終了ボタンをクリックすると、何も警告なしにWordが終了します。

通常、文書の内容に変更があった場合、保存しないでWordを終了させようとすると、警告が表示されるはずが、何もなかったかのようにWordが終了してしまいます。

Word2013はMSから修正パッチが2014年11に配布配布されたそうですが、Word2010は2014年12月時点ですが検索しても見つかりませんでした。

とりあえずできる対策として、Wordのオプションにある基本設定の「リアルタイムのプレビュー表示機能を有効にする(L)」のチェックを外してみました。

word上書き保存できない不具合の解決

20回くらい試したところ、上書き保存できない現象が再現されなくなりましたが、検証数が圧倒的に足りないので、コメントにて皆様のご報告をお願いいたします。

結構、クリティカルな問題だとおもうので、MSには早めの対応をお願いしたいところですね。

不具合が解消されないようなら、Office2003への逆戻りも検討しなければなりません。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*