Windows7と8ではTLSのバージョンが違う?

WEBブラウザの場合、設定で使用するTLSのバージョンを簡単に指定できますが、Outlookのようなメールソフトの場合、どこで設定すればいいのかわかりません。

Windows7と8でOutlook2010を使用した場合、それぞれ異なるバージョンのTLSでサーバに接続するという情報を見たことがあるのですが、検証するのは少し大変そうだからやりません。

会社のPCは基本Windows7なので、7を基準に対応する予定です。

とりあえず会社で使用しているメールサーバがサポートしているTLSのバージョンを確認する必要がありそうですが、他にもSSLを使用しているサーバがあれば、そちらもチェックしないといけません。

Windows8でOutlookを使用しつつTLS1.0を使用する場合、レジストリの設定変更が必要らしいですが、ネット上に情報が公開されているので説明は割愛します。

セキュリティの事を考えたらTLS1.2だけにするべきだと思うのですが、互換性を考えたらTLS1.0も残した方がいいだろうし、なんだかよくわかりません。

Outlook2003はTLS1.0をサポートしているものの、TLSでサーバ接続を行うとエラーになるとの情報があります。

一部、Outlook2003を使用しているクライアントがあるので、年内にメールソフトのバージョンアップを行います。

システム管理者の宿命とはいえ、年末の忙しい時期に対応しなければならないなんてトホホというか、帰宅企業の仕事の時間を取られるのが残念です。

最近、帰宅起業に関する記事書いてないね!

ブログの趣旨からはずれまくりです。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*