マンションを買う時に見落としがちなポイント

マンションイメージ

家を買うという事は大変なことで誰も失敗したくないと思うのが普通だとおもいます。

私もマンションを買う時に気が狂いそうになくるらい色々調べましたし、調べれば調べるほど気になる点や悩んだ事が多くありました。

私がマンションを買った時はリーマンショック直前で、マンションのデベロッパーが相次いで民事再生法適用の対象となったり、そのまま倒産したりと社会全体が不安定な状況でした。

実際に私が住んでいるマンションのデベロッパーは倒産してしまい当時は騒ぎになりましたが、今は普通に生活できているのでデベロッパーに何かがあっても建物がきちんとしていれば、あまり心配することがないんだとわかりました。

マンションに住み始めてわかるのが、同じマンションの住人の質ではないかと思います。

マンションの間取りやデザインが気に入っても、住人のマナーが悪いと毎日がブルーになります。

ただ、全ての住人がルールを守ることを期待してもあまり意味がないので、ルールを破らない仕組みになっているか確認するのが重要です。

例えば、マンションの駐輪場が狭くて1部屋あたりで置ける自転車の数が2台以上ないとマンション正面玄関や、エレベーターにママチャリを乗せて自分の家の前に自転車を置く人が現れるので、マンションの購入を検討する際は、共有スペースを確認するようにしましょう。

特に他の階より広くて飛び出しているベランダだと、上の階に住む人の洗濯物やタバコの吸い殻が落ちてくる事があるので、自分が住む予定のベランダがどの様な状態なのか確認してください。

また、各部屋の玄関前にポーチがあると物置にする人もでてきますので、ポーチがないマンションの方がいいかもしれません。

更に、規則で禁止されていてもベランダの壁に布団を干す人やベランダでタバコを吸う人もいるので、そういう事があるという前提でマンションを買うか、その様な事が仕組み的にできないマンションを買うしかありません。

住まいの悩みはマンションだけでなく一戸建てにもありますが、集団で済むマンションの方がトラブルが多いみたいです。

住まいに関するトラブルや質問がありましたら、ベスロアホームズコミュニティサイトへアクセスしてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*