ドコモ光やTSUTAYA光など何がお得なのか調べてみた

CMやインターネットで、ドコモ光だとかTSUTAYA光だとか各社様々な光回線の割引サービスを宣伝していますが、この光回線サービスを利用して何がお得なのかわからないので調べてみました。

正直、今の時点では私も理解していない部分が多く内容に誤りがあるかもしれませんので、参考適度に読んで頂ければ幸いです。

まずはじめに、この「なになに光」というのが登場したのは、NTT東西が光回線サービスの卸をはじめたからです。

それで、顧客を囲い込みたいドコモなどの企業が名乗りを上げて、ドコモ光だとかTSUTAYA光だというサービス名で宣伝をはじめました。

「なになに光」は本当にお得なのか

結論から言うと、お得かと言えば確かにお得だと思いますが、すごくお得かというと今の時点では微妙だと思います。

ドコモ光を例にみてみると、私の様なスマホを利用しているがパケットを利用しないユーザーは、データSパックを契約している方が多いのではないかと思いますが、このプランだと月額500円の割引になります。

ただ、利用しているプロバイダがタイプBに含まれているので現状よりもインターネット料金が月額200円高くなり、お得になる差額が300円になるのではないかと思います。

最大3,200円割引と宣伝しているのは、戸建のユーザーでありながらドコモのシェアパック30(月額定額22,500円)とAタイプに含まれるプロバイダを契約している人であって、私の様なマンションに住みながら利用しているプロバイダがBタイプでデータSパックを契約している人は、最少の300円がお得になるのではないかと思います。

そもそもタイプAだとかタイプBだとか詳しい内容が明記されておらず、ユーザにわかりにくい内容にしているのが問題で、正直私も上記の内容が正しいのか自信がありませんので、気になる方はドコモショップに足を運んで、いくらお得になるのか聞いた方が良いでしょう。

TSUTAYA光に関しては、毎月映画が20本無料で観られるらしいので、「なになに光」サービスの中では最もお得そうに思えますが、映画を毎月20本観る時間のない私には関係ない話ですし、毎月人気のある最新作20本を観られるか謎なので、情報が少ない今の時点で飛びつくものではないと思いますます。

毎月ではないにしても、私が好きなスーパーナチュラルや人気ドラマなどの最新作がどこよりも早く無料で観られるのであればメリットありますが、もしも過去の名作が主流であるのであれば、個人的にメリットがないと思います。

今後サービス内容が明らかになってから検討しても良いのではないでしょうか。

2015/03/30追記
TSUTAYA光で見られる映画はTSUTAYA DISCASの動画配信でセレクトプランが対象みたいですが、わかりにくくてよくわかりませんでした。
タイトルの数は1,400点以上と多いのですが、古いタイトルが多く中には大人の動画もリストに結構多くあります。
古いタイトルが目立ちますが、ロストやスーパーナチュラル、24などのドラマをこれからガッツリみたい人はお得かもしれませんね。

無料無料と書きすぎているので何か穴があるのかもしれませんので、疑問がある場合は契約する前にTSUTAYAに連絡して方が良いでしょう。

その他の「なになに光」は、プロバイダの料金が少し安くなるというメリット以外に特別な差別化がある訳ではないので、特筆する必要はないと思いますが、今後も新しいサービスが登場すると思うので、末永く見守っていきたいと思います。

それにしてもこの光回線卸事業、プロバイダに料金割引の負担をさせるのではなく、NTT分の取り分を減らすのが筋だと思います。

実はデメリットもある「なになに光」

あまり詳しい情報がないので何とも言えないのですが、一説によると一度「なになに光」のサービスを契約して、再度NTTの光回線サービスを利用すると、光電話の番号が変わるのではないかという情報もあります。

また、今まで契約していた光テレビなどのオプションサービスも引き継げない可能性があるので、契約する際には注意したいところです。

また、このNTTの光卸を利用して悪質な業者が、フレッツ光ユーザーを対象に強引な契約変更するという事例があります。

フレッツ光を既に利用されている方は、強引な勧誘の電話がある際には必ず録音すると明言した上で録音した方が良いでしょう。

流石前から評判が悪い会社だけに、やる事が半端ないですね。

悪い業者には行政からペナルティを与えて欲しいものです。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*