マンションに侵入した泥棒の手口が意外過ぎて驚きました

今時のマンションは賃貸でもオートロックがありますが、残念ながらオートロックがあっても泥棒に侵入されてしまう場合があります。

私が住んでいるマンションも10年ほど前に泥棒に入られた事があるのですが、その時に侵入した泥棒の手口が意外すぎて驚いたのを覚えています。

泥棒と言えば住人の不在の時を狙って犯行を行うものだと想像しておりましたが、被害に遭われた方の話を聞くと深夜の時間帯で家族全員がいるのに侵入されたそうです。

2,3階建ての一戸建てならあり得る話ですが、玄関ドアを開けるとそれなりに響く音が鳴りますし、玄関近くに寝室がある可能性の高いマンションに、それも寝静まった夜中に侵入するなんて大胆不敵といいますか、なりふり構わない泥棒に恐怖を感じてしまいます。

また、住居へ侵入する為にピッキングしたのかと思えばそうでもないらしく、最上階の階から1件ずつ回り鍵が開いている家を探して侵入したのも驚きです。

という事は、当然ながら我が家の玄関扉も調べたはずで、想像しただけでも恐ろしい物があります。

我が家は必ず寝る前に鍵とロックをするようにしているのですが、ロックと鍵の施錠がされていないご家庭が数軒ありました。

オートロックを過信してなのか、単なる施錠のし忘れなのかわかりませんが、卑劣な泥棒の侵入を防ぐ為にも必ず家族全員で施錠を確認するように習慣づけた方が良いと思いました。

因みに、近くの一戸建ても同様の手口で侵入されたそうで、玄関や窓の施錠は必ずしてください。

もし泥棒に侵入されてしまった場合は、下手に捕まえようとするのではなく、身の安全を第一に考えて行動してください。

卑劣な犯罪者から家と財産と家族を守る為にできる事があれば全てやりましょう。

例えば、玄関扉前や内側には人感センサーのランプを取り付けるとか、家の周りには大きな音が鳴りやすい砂利を敷き詰めるなど、泥棒が嫌がる事は何があるのか考えて実践してみては如何でしょうか。

そんな住宅に関する悩みや質問がある方は、住まいのコミュニティサイト「ベスロアホームズ」にコメントしてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*