住宅トラブルシリーズ 窓ガラス断熱シートによるガラス割れに注意

netsuware1

上の画像は、網入りガラスに断熱用シートを貼り付けた事で熱割れを起こした、とある現場の窓ガラスを撮影したものです。※ヒビの入り方を見やすくする為に画像の色調を調整しております。

窓ガラスに貼るシートを調べてみると、エアコンの省エネを目的とした断熱シート、窓際の寒さ対策のための発熱シート、結露防止用のシート、プライバシーを保護するためのシート、紫外線などをブロックするUVカットシート、ガラスの飛散や防犯目的のシートなど、窓用シートには様々な機能の製品があります。

これらの製品は、使い方を間違わなければ生活の役に立つ便利な物ですが、シートを貼れる窓ガラスのタイプを確認せずに使用すると、ガラスが割れてひどく落ち込む事になります。

窓ガラスは温度差があると歪みが生じて割れてしまうのですが、シートを貼る事で特に割れやすいのが窓ガラスに針金が入っている網入りガラスやペアガラスと言われています。

ガラスが割れるのは断熱用シートだけでなく、段ボールやベニヤ板を窓に貼る事でも起きる可能性があります。

この記事を書いている時に思い出したのが、こどもの頃に私の弟が部屋の窓ガラスに大きなシールを何枚も貼り付けた事が原因であろう窓ガラスが割れる事件がありました。

私の親は熱割れの事など知らないだろうし、こどもの頃の私や弟も当然熱割れの事など知りません。

ある日突然窓ガラスが割れている事に気づいた親が、こども達がしでかした事だと思い込んで殴られたのを思い出しました。

訳も分からないまま殴られたものの、自分達が貼ったシールが原因で殴られたなら我慢できますが、親が省エネの事を考えて貼り付けたシートによって窓ガラスが割れて、こども達の仕業と勘違いされるシーンを想像すると、何か切ない物があります。

この様な生活に関するトラブルや悩みなどがありましたら、住まいのコミュニティサイト「ぺスロアホームズ」にコメントしてみてください。

窓用のシートは熱割れ以外にも、擦りガラスやデコボコした面のガラスには貼れない物もありますので、購入する際には十分注意してください。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*