QNAPで使うWordPressのデータベースの設定

ts-251-1

QNAPで使うWordPressの仮想WEBサイトの設定に続き、今回はMySQLサーバのインストールとデータベースの作成に必要なphpMyAdminのインストール、WordPress用のデータベースの作成方法について説明をします。

QNAPで使うWordPressの仮想WEBサイトの設定

2015.05.08

今回の説明では、新規に作成するWordPress用のデータベース名を「vezloaforce」、データベースにアクセスする為のユーザー名はデフォルトのユーザ「root」を使用して説明しますが、必要に応じてデータベース名を変更したり、ユーザの追加をしてください。

※今回使用しているQNAPのNASはTS-251を使用しています。

MySQLとphpMyAdminのインストール

QNAPにはMySQLが標準でインストールされていますので、簡単に設定することができます。QNAPの管理画面にあるコントロールパネルを開き、アプリケーションの一覧からMySQLサーバをクリックします。

qnap-mysql-1

MySQLサーバの設定画面が表示されましたら、「MySQLサーバを有効にする」にチェックを入れて、画面下にある「適用」ボタンをクリックしてください。

次に、MySQLサーバを管理する為のphpMyAdminをインストールします。「注:phpMyAdminパッケージをインストールすると、MySQLサーバを管理できます。

phpMyAdminをインストールするには「ここ」をクリック」メッセージのリンクをクリックするか、管理画面からApp Centerを起動してください。

qnap-mysql-2

App Centerの画面左上に「phpm」と入力すると、phpMyAdminが表示されるので、phpMyAdminの「QTSに追加」をクリックします。

qnap-phpmyadmin-1

phpMyAdminの追加が完了したら、phpMyAdminの「開く」をクリックします。

qnap-phpmyadmin-2

phpMyAdminのログイン画面が表示されたら、ユーザ名:root、パスワード:adminを入力し、「実行」ボタンをクリックしてください。※QNAPの管理画面へアクセスするIDとパスワードとは異なります。

qnap-phpmyadmin-3

phpMyAdminにログインできたら画面左上にある「データベース」タブをクリックして、WordPress用のデータベースを作成します。

今回の例では、新規に作成するデータベース名「vezloaforce」を入力し「utf8_general_ci」をドロップダウンリストから選択し、「作成」ボタンをクリックします。

qnap-phpmyadmin-4

データベース「vezloaforce」の作成が完了したらphpMyAdminの画面をクローズします。

qnap-phpmyadmin-5

以上で、MySQLサーバとphpMyAdminのインストール、WordPress用のデータベース作成の説明となります。

QNAPへWorPressをインストールする方法は、下記の関連記事をご覧ください。

QNAPに日本語版WordPressをインストールする

2015.05.09

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*