QNAPに日本語版WordPressをインストールする

ts-251-1

QNAPに日本語版WordPressをインストールする方法について説明します。

WordPressのインストールはApp Centerから可能ですが、英語版のWordPressがインストールされてしまうのと、今回の目的である仮想サイトへのインストールができませんので、WordPressの日本語版をダウンロードしてインストールを行います。

日本語版WordPressのダウンロードと下準備

前述しましたが今回はQNAPのApp Centerを使用せずに、WordPress日本語版のインストーラーをダウンロードしてインストールします。

WordPressのダウンロードは、こちらのアドレスへアクセスして日本語版をダウンロードしてください。https://ja.wordpress.org/

WordPressの日本語版をダウンロードしたらファイルを解凍して、QNAPの共有フォルダ「web」に作成した仮想サイト用のフォルダへコピーしてください。

今回の例では、\\meguru2\web\vezloaforceの下に解凍したWordPressのファイルをコピーしております。

QNAPの仮想サイトに関する詳細は、下記の関連記事をご覧ください。

QNAPで使うWordPressの仮想WEBサイトの設定

2015.05.08

今回は、「wordpress」というフォルダ名にしましたが、フォルダ名を変更しても構いません。

qnap-wordpress-1

家庭用のネットワーク環境など、DNSが存在しないネットワークだと仮想サイトへアクセスできないので、WordPressのサイトへアクセスできるようにホストファイルを変更します。

QNAPには意外とDNSやDHCPの機能が搭載されていませんが、元がLinuxだけに追加できそうなので別の機会に説明したいと思います。

アクセスするPCのホストファイルを修正するにはメモ帳などのテキストエディタを使用するのですが、Windows7や8(もしかしたらvistaも)はテキストエディタを右クリックして管理者権限で実行しなければなりません。

ホストファイルは通常、C:\windows\system32\drivers\etcにhostsというファイル名で保存されていますが、拡張子が.txtではないのでファイルを開く際には全てのファイルを表示するようにしてください。

ホストファイルを開いたらQNAPのサーバアドレスと仮想サイトのアドレスを追記して保存します。

今回の例では、サーバのアドレス192.168.0.3と仮想サイト名vezloaforce.localを追記しました。

qnap-hosts-1

ホストファイルの修正が済んだらブラウザを開いて仮想サイトへアクセスしてください。今回の例では、http://vezloaforce.local/wordpress/となります。

もし、仮想サイトのアドレスを入力をしてもアクセスできない場合は、キャッシュが残っている可能性があるのでブラウザを一度終了してください。

さあ、始めましょう!

仮想サイトへアクセスが成功すると、WordPressのセットアップ画面が表示されますので、画面下の「さあ、始めましょう!」ボタンをクリックしてください。

qnap-wordpress-2

ここでは、WordPressに必要なデータベース名やデータベースへアクセスするためのユーザー名を情報を入力します。

今回の例で使用するデータベースは、QNAPに日本語版WordPressをインストールするPart3で設定したものを使用します。

MySQLのユーザー名やパスワードはデフォルトのものを使用しますが、新規に作成したMySQLのユーザー情報を入力しても構いません。

ローカル環境へWordPressをインストールするので、テーブル接頭辞は「wp_」のままにしますが、必要に応じて変更してください。

全ての情報を入力して画面下の「送信」ボタンをクリックします。

qnap-wordpress-3先程入力した情報が正しければインストールが可能となります。画面下の「インストール実行」ボタンをクリックしてください。

qnap-wordpress-4

この画面では、サイトのタイトルやユーザー名、管理者用パスワードの設定、通知用のメールアドレスを入力します。

今回設定するWordPressはローカルネットワークに設置したテスト環境のものなので、「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する」のチェックを外しております。

外部からアクセスできないローカルのサーバなので、チェックを外さなくても大丈夫ですが、念のためにチェックを外します。

ここでは、ユーザー名をmanager@vezloaforce.localというメールアドレス形式にしていますが、長いユーザー名を入力するのも大変なので@前の長さにすると良いでしょう。

全ての情報の入力が完了したら「WordPressをインストール」ボタンをクリックしてください。

qnap-wordpress-5

WordPressのインストールが完了すると「成功しました!」というお祝いのメッセージが表示されますので、画面したの「ログイン」ボタンをクリックしてください。

qnap-wordpress-6

ログイン画面が表示されますので、先程設定したユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」ボタンをクリックします。

qnap-wordpress-7

WordPressインストール後の初期設定

ログインしてWordPressのダッシュボードが表示されればセットアップの完了です。

qnap-wordpress-8

以上が、QNAPにWordPressをインストールするまでの流れとなりますが、このままだとWordPressのサイトへアクセスするのにwordpressがインストールされているサブフォル名を入力したり、WordPressのアップデートができない場合があります。

この記事の続きは、下記の関連記事をご覧ください。

QNAPで使うWordPressの初期設定

2015.05.10

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*