家のフィルタ掃除しないと危ないんです

house-filter-1

マイホームを手に入れた当時は神経質なくらい掃除していても、月日が流れるとやらなくなるのが家のフィルタ掃除ではないでしょうか。

家のフィルタといっても今回はキッチンの換気扇フィルタではなく、トイレ、脱衣所、お風呂場にある脱臭や除湿用フィルタに関すお話です。

これらのフィルタは天井などの高い位置に取り付けられているので、フィルタの掃除は自然と旦那さんのお仕事になるのではないでしょうか。

フィルタは毎月1度の掃除で済むのですが、月に1度という間隔がフィルタの掃除を忘れさせたり、面倒な作業と思わせてしまいます。

我が家では、フィルタを掃除した後にフィルタの掃除サインを手動で消しますが、1ヶ月もすれば親切なフィルタ掃除サイン君が掃除しろと教えてくれます。

フィルタ掃除しろサイン君はランプを点灯してやさしく教えてくれるのですが、ランプが点灯しているのを放置しても決して怒ったりしません。

そんな優しいフィルタ掃除サイン君を1度だけランプが点灯してから1ヶ月近く放置した事があるのですが、ランプの代わりに思わぬ方法でフィルタを掃除しろと教えてくれました。

思わぬ方法とは臭いのことで、トイレに入った時に焦げた臭いがほんのりしたのです。

トイレで焦げた臭いがしたので、最初はウォシュレットが故障したのかと思ったのですが、すぐにフィルタが原因だと思いトイレのフィルタを外してみたら、ほこりが隙間なくビッシリ詰まっていました。

下の画像は1ヶ月掃除しない時の脱衣所のフィルタの画像ですが、この時のトイレの中にあるフィルタの写真を撮り忘れるくらい驚いたのを覚えています。

house-filter-2

恐らく空気を吸い出すモータに負荷がかかっての臭いだと思いますが、この事件が起きてからは毎月きちんと掃除するようにしています。

家の全部を定期的に掃除するのは難しいかもしれませんが、家の大事になりそうな部分の掃除はきちんとした方が良さそうです。

フィルタ掃除サインだけ消して嫁さんに報告なんてしてはいけないという事ですね。

家のフィルタ掃除が楽になるパッと貼るだけシリーズ

2015.06.25

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*