電気が心霊現象のようにオンオフを繰り返したら火災に注意

築40年近くのアパートで暮らしていた時の話ですが、突然テレビや照明の電源がついたり消えたりを繰り返した時がありました。

古いアパートなので最初は心霊現象かと思ったのですが、仕舞にはテレビやパソコンをつなげていた電源タップからジリジリ音がして、いきなりボンッと小さな爆発が発生しました。

最初は、パソコンに原因があるのではないかと思いパナソニックに連絡をしたら、翌日偉い人がすぐにみに来てくれました。

原因はパソコンではなかったのですが、コンセントの焦げた部分をみたらパソコンに原因があるのか、電源タップに原因があるのかわかるらしく、パナソニックさんの素早くて適格な診断に感謝したのを覚えています。

パナソニックさん曰く、原因は電源タップにあるか電気そのものに問題がありそうなので、大家に相談し方が良いと言われたので報告したのですが、大家の調査後に判明した原因はアパートの電気設備にホコリが蓄積しショートしたとのことです。

アパート全体の電気が心霊現象のように、電気のオンオフを繰り返していたのに、報告してきたのは私だけだそうで、そのまま放置していたら火災になったとの事です。

当時、原因がパソコンではないにも関わらず、ショートしたACアダプタを使い続けるのは危険だからと、無償で交換してくださったパナソニックさんの懐の深さに感動しました。

あの時の偉い人、本当にありがとうございます。

その時は、アパート全体の電気設備の問題ですが、各家庭用のコンセントにホコリが蓄積してショートするなんて事は稀にあるそうなので、皆さんも日頃からコンセントの清掃には気を付けてください。

コンセントにホコリが溜まり、そのホコリが水分を含んでショートし出火する事をトラッキング火災といいます。

テレビや冷蔵庫、エアコンなどの長年掃除していない差しっぱなしのコンセントは、トラッキング火災の危険があるので注意してください。

トラッキング火災予防のグッズが販売されていますが、これらの商品を過信せずに清掃を心掛けるようにするのがベストです。

この様な住まいに関するトラブルや相談がある方は、「ベスロアホームズコミュニティサイト」にアクセスしてみてください。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*