いろんな意味で仏壇は時間をかけて購入した方が良いと思う

先月、人生はじめてとなる仏壇を購入したのですが、購入に至るまで1年近く時間がかかりました。

家族の誰かがなくなると仏壇を急いで用意しなければと思うかもしれませんが、私はあえて時間をかけて仏壇を購入することに決めました。

何故、これ程までに時間をかけて仏壇を購入したかと言うと、我が家には母親の小さめな仏壇があるのですが、嫌な形で離婚した両親の位牌を同じ仏壇に置くべきか、両親別々の仏壇にするべきか冷静な時に判断したいからです。

結論から言うと、大き目な仏壇に新しく買い換えて、両親一緒の仏壇に位牌を置くことにしました。

仏壇を買うまでに色々ありましたが、しっかりした仏壇に買い換えて良かったと思っています。

親がひどい離婚の仕方をしたので、当初は母親の気持ちを考えて別々の仏壇にしようと思っていたのですが、仏壇は他の家具と違い簡単に買い換える物ではないので、一時的な感情で決めるべきではないと私は思いました。

そこで冷静は判断ができるまでの1年間、花や線香を別々に用意していたのですが、手間とお金が半端なくかかり数十年間維持するのは無理だと思いました。

単純に私の意志が弱いだけなのですが、故人を偲ぶ気持ちがあっても、生きている人間の都合にあわせてしまうことを考えると、「人間とは剛の深い生き物である」とい事なのでしょうか。

仏壇に魂はなく家のお寺みたいなものだと聞いたこともあり、両親の位牌をひとつの仏壇に置く事にしたのですが、4人兄弟の誰かが片方の親の仏壇を世話をしてくれるなら簡単な話で済むのですが、誰も面倒はみないけど意見はしてきます。

母方の親戚からも仏壇は別々にして欲しいと言われましたが、仏壇を持つのは誰なのか考えて意見をして欲しいです。

私と同じ悩みを抱えている人もいるかと思いますが、仏壇を二つ持つことを実践するのは大変なのことなので、外野の意見に振り回されないようにした方が良いでしょう。

自分ができると思えばすればいいことですし、できないと思うのなら無理に理想な形にしなくても良いと思います。

仏壇は高価なものなのに、お金は出さないし面倒もみないけど、口出しだけはしたいと思う人の意見を私は完全に無視しましたが、今でも文句を言う人がいるのが残念でなりません。

このブログは、ネガティブな話をするために書いている訳ではないので文句はこの辺でおしまいにします。

最後に、仏壇は置く場所のサイズに合う物を選んで買わなければなりません。

仏壇を置く場所は意外と難しいので、その点も含めて考えると急いで購入する必要はないのではないかと思います。

そんな訳で我が家の仏壇と仏壇を置いている場所に興味のある方は、下記の記事も合わせてご覧ください。

リビングに置く仏壇と便利な仏具について

2015.05.24

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*