オートロック頼りのマンションセキュリティ止めませんか

マンションイメージ

窓から泥棒に侵入される恐れがあるのは、何も一戸建てだけでなくマンションも同じです。

マンションを買う時は、防犯のことを考えて1階と2階、最上階を避けて購入した方が良いと言います。

ただ、マンションの1階や最上階は、他のフロアにない大きな魅力があるのも事実です。

泥棒がその気になれば、ベランダの外にあるパイプを利用して10階以上でも侵入をしますが、やはり1階、2階や最上階は狙われやすいとのことです。

1階、2階階に住む人の防犯意識は高い傾向にありますが、最上階に住んでいる人の防犯意識はあまり高くないようです。

マンションは上の階になればなるほど安全と思うかもしれませんが、マンションの最上階は外からみて不在にしているのか確認しやすいのと、屋上を利用すれば意外と簡単に侵入できるマンションもあるようです。

更に、最上階に住んでいる=お金持ちという泥棒の安易な思い込みから、特にマンションの最上階が狙われやすいそうです。

泥棒は、人が寝ている寝室にも忍び込むくらい大胆で、泥棒の侵入に気が付いたために危険な目に遭うなんてことがあります。

家族の安全を守るために、泥棒に家の中へ侵入されないことが一番なので、泥棒の侵入経路として多く使われる玄関ドアの施錠や、ベランダからの侵入を防ぐための対策をしっかりしてください。

マンションでできる防犯対策

マンションの場合、エントランスにオートロックと防犯カメラがあります。

このオートロックがあることによる安心感から、玄関ドアの施錠しないで泥棒に侵入されることがありますので、常に鍵をかけるようにしてください。

マンションの場合、防犯対策をしなければならないポイントが少ないので、一戸建てよりも安全だと言えますが油断は禁物です。

防犯対策にかけられる予算に限りがあるのであれば、人感センサー付ライトを玄関に取り付けたり、窓に防犯用のウィンドウロック用のアイテムを取り付けてみてはいかがでしょうか。

どちらも数千円でできる防犯対策なので万全ではありませんが、何も対策をしないよりもいいと思います。

また、ウィンドウロック用のアイテムは、子どもがベランダの窓を開けて外へ出るのを予防できますので、マンションにお住まいで小さなお子さんがいるご家庭におススメです。

ウィンドウをロックする商品には様々なものがありますが、取りあえず窓を外側から開けられないようにしたり、小さな子がベランダに出ないようにするレベルであれば千円程度で手に入ります。

ウィンドウロック商品が気になる方は、こどもの転落事故予防に使えるウィンドウロック商品の紹介をご覧ください。

マンションでも戸別にホームセキュリティの契約が可能

マンションの場合、「一戸建ての様なホームセキュリティを導入するのは無理」とお考えになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私もそう思っていましたが、セコムのサイトをみてみると、月額3,000円~4,600円でマンションのホームセキュリティが実現します。

不在時はもちろん、在宅時にも使えるセコムは、泥棒の侵入があると警備システムで自動的に通報してくれるので、防犯グッズでは実現できない安心感があります。

自分で取り付けた防犯ブザーは役に立ちますが、何かがあった時に対処しなければならないのはご自身です。

警備の人が駆けつけてくれるという安心感を月額5,000円以下で買えるなら安いと思います。

また、ホームセキュリティを契約しているシールをみるだけで泥棒は警戒しますので、家に侵入される前の抑止力にもなります。

マンションの1階、2階や最上階へお住まいの方は、ホームセキュリティを検討してみては如何でしょうか。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*