美しい景色は住まい選びのポイントになるか

美しい景色

マンションのモデルルームに行くと、「高層階のお部屋を契約すれば富士山や東京タワーが見えます!」、「東京スカイツリーや隅田川の花火が見えると自慢できます!」と言われることがあります。

マンションからみえる景色は、好みの問題があるので否定するつもりはありませんが、本当にこれらのものがマンションからみえる必要があるのでしょうか。

我が家からは遠くに小さな東京タワーや富士山、そして比較的大きなサイズで東京スカイツリーや花火大会の花火がみえます。

そんな環境のマンションに5年住んでみた感想について今回は書いてみたいと思います。

都会の景色は飽きる

東京タワーやスカイツリーが家からみえると言っても、1ヶ月もすれば飽きて自分から積極的にみることがなくなり、クリスマス限定カラーでも3分もすればみなくなります。

それでは、花火大会の花火はどうかと言うと、年に1度の行事なので毎年欠かさずみるのでは!と思うかもしれませんが、よほど近くでみえない限り10分もすればクーラーの効いた家の中でビールです。

東京スカイツリー

新居に引越してから1、2年は自慢の為に親戚や友達を家に招き入れたりしますが、遠く離れた迫力不足の打ち上げ花火をみても、すぐに飽きてしまいます。

また、入居当時はマンションから花火大会の花火が見えたとしても、数年後に新たに高層マンションが建設され、突然花火が見えなくなるなんてこともあります。

やはり花火やタワーは、できるだけ近くで迫力を感じながらみるのが一番です。

日本で最も大きい山である富士山はどうかと言うと、どんなに高いマンションに住んでいたとしても、空気が澄んでいる季節でないと東京からは全く見えません!

ですが、冬場の空気が澄んでいる時に見える富士山はとても綺麗で、富士山が大好きな人なら高層階に住むのもありではないでしょうか。

正直、都会の景色はすぐに飽きるので、マンションデベロッパーのセールストークに惑わされるのではなく、予算を考えて住む階を決めた方がいいと思います。

ただ、周囲が高い建物に囲まれて景色が全く見えないと、それはそれで残念な気持ちになるかもしれないので、マンションからみえる景色はどんな感じなのか、しっかり確認された方がいいと思います。

何やら無責任な内容の記事になりましたが、最終的に何が言いたいかというと、人間は恵まれていると有難味を感じず、何かが足りないと手に入れたいと思う不思議な生き物だということです。

自然豊かな景色は価値がある

人それぞれ価値観が違うので、あくまでも私の戯言だと思い軽く聞き流して欲しいのですが、都会の夜景より自然豊かな昼間の景色の方が価値があると個人的に思います。

それはきっと、40歳過ぎたサラリーマンが癒しを求めるのと同じで、私も癒しを求めているからです。

高台にある家のリビングから美しい自然の景色が臨めればいう事なしです。

ですが、通勤や利便性のことを抜きにして決めていいのであれば、海の見える場所に住んでみたいと思うのですが、はやり仕事のことを考えなければ生活できませんし、自然がいつも優しく接してくれるとは限らないというのも理解しなければなりません。

美しい海や山の景色に憧れるのは皆さん同じだと思いますが、本当に田舎暮らしが自分に合うのか慎重に決めてください。

それでも自然豊かな環境で生活したいと思う人は、まずは専門家や経験者に相談して話を聞いたり、生活の拠点にしたい場所に足を運ぶことが大切です。

家を買うことは大きなことなので慎重に検討して頂きたいですが、時には大胆に行動を起こすのも大切です。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*