TS-251にメモリを増設したら快適なNASが更に快適に

メモリを挿入して完了

家庭用ハイエンドNASであるQNAP TS-251の最大のメリットは、必要に応じてメモリを簡単に増設できることではないでしょうか。

TS-251よりも価格が安いTS-231は、残念ながらメモリの量が512MBから増やすことができません。

QNAPのNASはメディアサーバとしての機能はもちろん、QNAPでWordPressのサイトを構築できるなど、他の家庭用NASとは異なる使い方ができるのに、メモリが512MBしか搭載されていないと力不足を感じてしまうかもしれません。

その点、TS-251はメモリを最大8GBまで搭載が可能なので、無茶な使い方をしても問題なく動作します。

そんな訳で、今回は家庭用ハイエンドNAS TS-251のメモリを増設する方法について説明します。

 メモリを増設してみる

それでは、早速TS-251のメモリを増設してみたいと思いますが、まずはNASの電源を落としてからハードディスクを抜いてください。

メモリを増設する前にHDDを抜く

TS-251はHDDが2本搭載可能なので、RAID-1の構成でディスクの冗長性を行っています。

RAID-1でディスクの冗長化をしているので、抜き出したディスクを左右間違えても問題なさそうですが、無用なトラブルを避けるために抜いたディスクがどちらのものかわかるようにしてください。

次に、TS-251の背面にあるネジを外します。背面のネジは最終的に3本外しますが、まずは赤い印のネジをゆるめて外します。

背面のネジを2本取る

今回使用したドライバーが悪いのか、プラスのネジが外しにくいので、マイナスドライバーを使いました。

背面のネジを2本外したら、赤丸の位置までNASの本体をスライドさせてカバーを取り外してください。

筐体をずらして開ける

プラスチックのカバーを取り外すと、とてもシンプルな中身に驚くかもしれませんが、企業向けの製品でもこんな感じなので大丈夫です。

本体カバーを外した後にアルミの部分を取り外す必要があるのですが、赤丸の部分のネジは外さなくてもメモリの増設は可能です。

この写真ではわからないのですが、赤丸のネジよりも内側にある4本のネジを外してください。※赤丸のネジを外した方がメモリの増設が少しだけ簡単になりますので、外してもらっても構いません。

ネジを外す場所は内側4本だけでも大丈夫
アルミのカバーを取り外した写真をみると、外さなければならないネジがわかりますので、2枚後の写真を参考にネジを外してください。

次に、本体の背面にある3本目のネジを外します。

背面3本目のネジを外す

このネジを外すことでアルミのカバーを外すことができます。

アルミカバーを取り外す際に、メインボードとアルミカバーを接続している部品を壊さないように注意してください。

TS-251の中身

赤丸部分のネジを外すだけでアルミカバーが外れますが、空いているスロットにメモリの増設がしにくいのであれば、他のネジを外してください。

今回は、そこらへんに転がっていた動作確認が取れているか不明な低電圧の4GBメモリを2枚増設します。

今回取り付けたメモリでも問題なく使えていますが、心配なら公式サイトにて動作確認済みの製品を用意してください。

TS-251で使えるメモリ

Amazonで調べてみると8GBのメモリでも1万円もしないので、最初からメモリをフルに搭載しているモデルを購入するよりも安く済みます。8MBを5万円で購入していた頃と比べるといい時代になりました。

メモリを挿入して完了

異なるサイズのメモリを組み合わせて使えないようなので、最初から搭載されていたメモリを外し、4GB2本のメモリを差し込んだら、部品を元通りに取り付けて完了です。

TS-251のメモリの増設方法は以上となりますが、パソコンを自作したことのあるなら5分もあればできる作業です。

メモリの増設を自分で行うと保証の対象外になるかもしれませんので、作業を行う場合は静電気に十分注意し自己責任でお願いします。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*