本当に必要なのか不動産一括査定の使いどころについて考える

多摩川土手

今回の実家売却は、不動産会社からの売却案内が多数届いたので一括査定をしておりませんが、今後の状況次第では一括査定をしなければならない状況になるかもしれません。

そんな訳で今回は、不動産売却の一括査定に関する使いどころについて、考えてみることにしました。

負債を相続する前に確認したい土壌汚染の問題

2015.11.05

不動産の一括査定とは

インターネットで不動産の売却を調べていると、必ず目にするのが不動産の一括査定です。

不動産の一括査定とは、ウェブ上のフォームに売却物件の情報を入力することで、簡単に複数の不動産会社から査定をしてもらえるサービスです。

不動産一括査定では、匿名で査定をお願いできると謳うサイトもありますが、実際は土地所有者の氏名や居住先の住所などは簡単に調べることができるので、一括査定をするならある不動産会社からコンタクトがあるのを覚悟する必要はあります。

それでは、どの様な時に不動産一括査定をするべきでしょうか。

売却が困難な不動産こそ利用すべし

不動産の一括査定をするかしないかは、自分が所有する不動産の価値を客観的に認識することが大切だと思います。

人気が高くて売れる可能性の高い不動産の一括査定をすると、問い合わせが殺到する可能性がありますが、知名度の低い物件を売却するなら一括査定を申し込んだ方が良いのではなかと思います。

一括査定では、インターネットで必要な情報を入力して送信するだけで、多数の不動産会社へ物件の情報を送ることができるので、注目度が低い物件をお持ちの方は、自分から積極的に不動産会社と接触するよりも効率的です。

因みに、今回の売却する実家は全く売れない物件とは思えないので、一括査定をする予定はありませんでしたが、他の相続人が勝手に査定を申し込んだという事件がありました。

一括査定であろうが匿名査定だろうが、不動産のある地域を教えただけで問い合わせ主を推測できるので、匿名での査定はあまり意味がないと思います。

査定はあくまでも目安

不動産の査定価格というのは単なる目安なだけで、査定額=売却額になるとは限りませんので、査定結果が良いというだけで飛びつくのは危険です。

査定内容にそれなりの根拠があれば問題ありませんが、顧客を確保する為に非現実的な査定価格を提示して、専属の媒介契約を交わした後に売却価格の値下げを指示する不動産会社もあります。

かと言って、他の不動産会社よりも査定額が低すぎる場合は、不動産会社が短期での売買成立を目指しているか、不動産売買の経験が浅い可能性があるので避けた方が無難です。

良心的な不動産というものが事前にわかれば複数の会社に査定を依頼する必要はありませんが、不動産会社の良し悪しは査定を頼んでみなければわかりません。

なので、一括査定は不動産価格の目安を知ると同時に、非常識な査定をしてくる不動産をフィルタにかける有効な手段でもあります。

あまり物件の注目度が高くない場合や、物件の一般的な売却価格の目安を知りたいと思う方は、積極的に一括査定を活用するのもありだと思います。

ですが、査定はあくまでも目安だということも忘れずに、不動産会社の担当者と直接会うことが重要だということを忘れないでください。

大切な家の売却を友人の不動産会社に頼んではいけない

2015.12.04

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*