アイリスのメタルラックでデッドスペースを無駄なく活用する

アイリスオーヤマメタルラック

我が家のキッチンは、壁に備え付けの収納棚が原因で、高さのあるカップボードを設置することができません。

また、奥行のあるカップボードを冷蔵庫の近くに置くと、カップボードが接触して冷蔵庫の扉が十分に開かないので、設置できるカップボードの奥行にも制限があります。

高さだけでなく、奥行や横幅に制限がある我が家のキッチンに合うカップボードを探すのは困難で、今まではデッドスペースにゴミ箱を置くことしかできませんでしたが、そんな我が家の問題をアイリスオーヤマのメタルラックが華麗に解決してくれました。

メタルラックに何を置くかを考える

まずは、デッドスペースのサイズをメジャーで測り、設置可能なメタルラックの大きさを考えます。

次に、棚の数や必要なオプション部品の選定をしなければならないのですが、ここで重要なのはメタルラックに何を置くかを明確にすることです。

我が家は、調理家電がキッチンの作業スペースを占領していたので、元々置いてあるゴミ箱と一緒に調理家電をメタルラックに収納しました。

アイリスオーヤマメタルラック使用例

正面からみるとわかりにくいのですが、右のカップボードよりも左のメタルラックの方が奥行がなく、冷蔵庫の扉が十分に開くようにしています。

また、ゴミ箱の蓋が開く高さに合わせてメタルラックの棚を設置しているのがポイントです。

組立はとても簡単

メタルラックは、部品をセットで販売されている物を選ぶか、好みの部品を自分で選んで購入して組み立てるだけです。

アイリスオーヤマメタルラック

メタルラックのオプションパーツは実に豊富で、パーツを組合せて理想の収納を考える楽しさがあります。

今回は、19mmのパイプを購入したので、19mm用の部品を選びます。

メタルラックオプション

ジャガイモや玉ねぎなどの冷蔵障害を起こしやすい食材は、袋に入れてからS字フックでメタルラックにぶら下げると便利です。

メタルラックS字フック

棚を設置する高さに付属の器具を取り付けて、パイプの上から棚を通せば固定できるのですが、一番下の段の棚から設置するのが重要です。

メタルラックの組み立ては簡単

組み立てたメタルラックをキッチンのデッドスペースに設置して完了です。こちらの角度からみるとカップボードとメタルラックの奥行が違うのがわかります。

メタルラック設置例

棚の上にはオプションの板を敷くと調理家電やビンなどを安定して置くことができます。

電子レンジを置ける奥行のあるカップボードを冷蔵庫の前に置くと扉が開きませんが、部分的にサイズの違うメタルラックにすることで問題を解決することができます。

アイリスオーヤマメタルラック使用例

アイリスオーヤマのメタルラックはサイズが豊富なので、今まで十分に活用できていない残念スペースを収納場所として、見事復活させることができまました。

我が家では、一番下にゴミ箱を置き、中断には重量のあるホームベーカリー、上段には比較的軽いコーヒーメーカーなどを置いていますが、高い場所には軽量なプラスチック製品を置いた方が良いと思います。

地震で調理家電などの転倒が心配な方は、コの字型のオプションパーツを追加するか、パイプや棚にゴムを通すなどの工夫をすることで対応することができます。

そんなアイリスオーヤマのメタルラックは、Amazonから購入可能です。

アイデア次第で無限の可能性が生まれるメタルラックは、サイズの問題でデッドスペース化している家の問題を解決したいと思う人におすすめなアイテムのひとつだと思います。

おすすめの本

これからメタルラックを購入したり、今あるメタルラックを上手に活用したいと思う人におすすめするのが、「スチールラックのすごい収納」という本です。

この本の内容は、【書籍】スチールラックのすごい収納購入しましたで紹介していますので、こちらの記事も合わせてお読みください。

失敗しないカップボードの選び方と失敗した時の対処法

2015.06.11

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*