選挙権を得たら銀河英雄伝説で社会の仕組みを学ぼう

秋の空とお台場ガンダム

18歳以上から投票が可能となる初の選挙が大きな話題となりそうですが、その18歳選挙も数回行われると平常運転になるのではないかと思います。

この記事がシェアされるとは思いもしていないので、アイキャッチの画像を自分で撮影したガンダムの画像にしてしまいましたが、アクセス数の伸び具合をみると、やはり18歳選挙の注目度の高さがわります。

投票権を18歳に引き下げたところで、若者の投票数が劇的に増える訳でもありませんし、今までの選挙で安定して当選していた政党や政治家の票が、これを機に他に流れだすとは思えません。

若い人が選挙に行かないのは、権利だけ与えて誰に投票すればよいのか判断できるような材料を与えないからであり、18歳だから駄目だとか仕方ないという訳ではないと思います。

政治に興味がなくても投票に行くべきという声もありますが、少しでも政治に興味を持ちながら投票しないと意味がありません。

ですが、仕事をするようになると税金を納めたり、年齢を重ねると守るべきものが増えて、少しでも自分のプラスになるように投票しますが、人生経験の浅い若い人が政治に興味がないのは仕方ないことでもあります。

ただ、仕方ないからと物事を簡単に諦めるのではなく、自分の将来にプラスになりそうな人は誰なのか考えて投票し、更に次の選挙までにどの様な活動をしてくれたのか調べると、少しずつ政治に興味がでてくるのではないと思います。

選挙権を得られる18歳の方にお伝えしたのは、我々中高年ですら全ての人が適切な判断で投票しているのかというとそうでもないということです。

なので、誰に投票しようと非難される筋合いはないので堂々と自分が良いと思う人に投票して欲しいのですが、折角若い人が得られた権利なのでもう少しだけ有効に活用できる方法がないか考えてみてください。

固い話はこれまでにして、これからは人生経験の浅い若い人が世の中の仕組みを簡単に楽しく知る事ができるアニメ、銀河英雄伝説について簡単に紹介します。

アニメ銀河英雄伝説で社会の仕組みを理解する

投票というものは自分の意志で行うものなので、学校の先生に指示されたり友達と同じでは意味がありません。

もちろん学校や教科書では、投票のやり方や公職選挙法などのルールを教えてくれますが、誰に投票すれば良いのかまでは教えてくれません。

人生経験の少ない若者が世の中の仕組みを理解し、社会の裏で描かれているストーリーや物事の本質や見抜くのは、非常に難しいことです。

そこで、1988年から2000年にかけて放映されたアニメ「銀河英雄伝説」の視聴をおすすめします。

善と悪が決められていない

この銀河英雄伝説は、第一期~第四期の110話の他に、外伝1期24話と外伝2期28話を合わせると162話にもなる長編の傑作アニメです。

銀河英雄伝説は、銀河帝国と自由惑星同盟という勢力が宇宙を舞台にして争う物語なのですが、他のアニメや映画の様な善が悪に打ち勝つという単純な世界のストーリーではありません。

普通、独裁国家の銀河帝国と言えば悪というイメージですが、その帝国のなかにも善と悪があり、正義側のようにも見える共和制の自由惑星同盟にも善と悪があり、それぞれの立場や世の中の仕組みを上手く描写しています。

アニメは子供が観るものと思う人もいますが、責任ある選挙の投票をしなければならない大人こそ視聴するべきアニメだと私は思います。

全ての大人が立派ではない

何故、この銀河英雄伝説のアニメを視聴するのが良いのかというと、18歳の若者が思う以上に我々大人や政治家は立派なものではないということが良く分かるからです。

アニメの世界の話と言われればそれまでかもしれませんが、そんなアニメが現実の世界をとてもリアルに表現しています。

言葉が悪いのですが、これまでかと言わんばかりに能力の欠けた幹部や政治家による無駄な犠牲など、社会の縮図を上手く表現しているアニメです。

選挙絡みで言うと、人気投票で選ばれた政治家だけが悪いのではなく、その政治家を選んだ民衆にも責任があるなど、アニメながら考えさせられる話が盛りだくさんで、人生経験の少ない若い人こそ選挙の前に視聴して欲しいアニメだと私は思います。

そんな私がおすすめする銀河英雄伝説は、お得なdocomoの動画配信サービスdTVで全話視聴可能です。※2016年1月11日現在。

※2016年7月現在、dTVの銀河英雄伝説は配信が停止されておりますので、銀河英雄伝説の世界に興味のある方は、AmazonのKindleで小説版を銀英伝をお楽しみいただけます。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*