簡単美味しいIH調理器で初めてのたこ焼き作りに挑戦

プレートを温める

今回は、IH調理器兼用たこ焼きプレートを使い、人生はじめてのたこ焼き作りに挑戦した時のレポートです。

はじめてのたこ焼き作りで使用する器具は、私が一番おすすめしているパナソニックのIH調理器KZ-PH33-Kと、パナソニックおすすめのIH兼用たこ焼きプレートKZ-TK1となります。

知らないと失敗する卓上IHクッキングヒーターの選び方

2015.09.29

使用する具材

タコがなければたこ焼きとは言えないので、まずはスタンダードなタコを用意しました。

たこ焼き用たこ

このタコは、普通のスーパーで売られている生食用の湯タコで、たこ焼き用のサイズに切るだけなので便利です。

牡蠣もそうですが、加熱調理用よりも生食用の方が美味しいのは、鮮度の問題なのでしょうか。

そして、たこ以外に入れる具材として用意したベビースターラーメンです。

たこ焼き用ベビースター

ベビースターラーメンは、もんじゃ焼きに入れるのが定番とされている材料なので、たこ焼きにも入れてみることにしました。

そして、次は人気が高いチーズを用意しました。

ベルキューブ中身

入れるチーズは何でも良いのですが、ベルキューブのチーズは食べてもお腹が痛くならないので選びました。

また、たこ焼き用にカットしているのではないかと思うくらい、たこ焼きに丁度良いサイズです。

卓上IH調理器でたこ焼きを作る

このプレートで一度に作れるたこ焼きの数14個を作るには、小麦粉100g、卵1個、水300mlが必要です。

つくり方はとても簡単で、材料を混ぜて具材を入れて熱するだけです。

まずは、たこ焼きプレートにサラダ油を塗り、IH調理器の電源を入れて温まるまで熱します。

初回は油をなじませるために5分程加熱してください。

プレートを温める

火の加減は、KZ-PH33-Kの電源を入れた時の火力で問題ありません。

プレートが十分に加熱されたのを確認したら、材料を流し込みます。

タコを入れた時にソースと青のりを買うのを忘れたので、代わりにベビースターラーメンを入れた時の写真を載せます。

ベビースターたこ焼き

多少の斑はあるものの、ベビースターラーメンは、他の食材と違い予め小麦粉と混ぜても大丈夫です。

私のような素人だと、プレートからあふれるくらい材料入れてしまうと失敗するので、用意した材料を少し残すくらいの気持ちが必要です。

たこ焼き中

たこ焼きの作り方は情報が沢山あるので割愛しますが、焼けてきたら180度回転させずに90度回転させることが重要です。

焼けたたこ焼きをお皿に乗せて、おたふくソースとマヨネーズ、青のりかけたら完成です。

IHでつくるたこ焼き

タコ入りバージョンは、ソースと青のりを忘れるという大失態を犯したので、見た目がたこ焼きらしくありませんでしたが、今回はいい感じになりました。

味は最高

はじめてのたこ焼き作りでしたが、意外と上手く作れたのではないかと思います。

ベビースターラーメンは、もんじゃに入れるのが一番で、あえてたこ焼きに入れる意味はなさそうです。

チーズ入りたこ焼きは、たこ焼きとは別の食べ物の様な気がしますが、チーズの濃厚な味が口のなかで広がるので、自家製たこ焼きのなかで人気があるのがわかります。

最終的には、たこ焼きはタコが入っているのが一番というのを認識しました。

卓上IH調理器とたこ焼きプレートがあれば、専用の機械がなくても手軽にたこ焼きパーティーができるので、皆さんも一度は試してみてはいかがでしょうか。

IH調理器兼用たこ焼きプレートはこちらから購入できます。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*