手を濡らさずにお米を優しく研ぐ対流式の速洗力

速洗力パッケージ

お米をとぐ時は、手に付着している雑菌がお米に混じらないように、手洗いの徹底を心がけていますが、菌は目に見えないので家族のことを考えると心配です。

また、冬場の冷たいお水でお米をとぐと手が痛くなるので、毎日の炊事を少しでも楽にしようと、対流式米とぎ器「速洗力」を購入しました。

この対流式米とぎ器は、水道水を注ぎ口へ流し続けることで、水の流れる力を利用してお米をとぐことができる便利なアイテムです。

使い方は簡単

対流式米とぎ器「速洗力」の使い方は簡単で、容器のメモリに合わせてお米を入れて蓋をして水を注いで洗うだけです。

速洗力本体

お米をといだ後は、速洗力本体の目盛りに合わせてお水を入れて、炊飯器に入れるだけです。

お米は、本体の目盛り合わせて入れても良いのですが、カップでお米を図りながら入れてた方が楽です。

米とお水の目盛り

1回20秒~30秒の水道水を流し込んだ後に全ての水を捨てて、再度20秒~30秒水道水を流し込んでお米をとぎます。

水の再利用を考える

実際にマニュアルに記載されている手順に従い、2合のお米をといでみました。

我が家の水道の勢いが弱いのか、あまりお米を研いでいるという感じがありません。

水の流れでお米を洗う

仕方なく水を半分入れた状態で左右に振りながら、強制的に米全体をかき混ぜましたが、他にも気になる点があります。

それは、貧乏性の私には水道水を出したままにすることに抵抗を感じることで、速洗力を使う時は流れ出るお米のとぎ汁を利用して、再利用する方法を考える必要がありそうです。

調べてみると、お米のとぎ汁を鍋に入れてアクの出やすい野菜の下茹でに使用したり、タライに溜めて食器のつけ置きや料理中の手洗いに使用することができるそうです。

お米を研ぎすぎない

ご飯を炊く時は、炊飯器の水が透明になるまでお米を研いでしまいますが、お米の研ぎすぎは良くないと言われています。

昔はお米をザルに入れて握るように研いだりしましたが、ザルでお米を研ぐと割れたり旨みや腰が失われるそうです。

同じ銘柄のお米なのに、いつもと味が違うと感じるなら、水の量による違いよりもお米の研ぎ方による違いが原因かもしれません。

速洗力は、水の対流でお米を優しく研ぐので、お米を傷つけることがなく、研ぎすぎることもありません。

試しに速洗力でお米を研いだ後に、釜に入れて再度研いでみると、白い水が結構でます。

お米が透明になるまで研いだ方が安心という人にはおすすめできませんが、手で研いだ時と速洗力で研いだお米の味が、どの程度違うのか興味がある人は、是非お試しください。

こんな人におすすめ

速洗力は、生活に必須というアイテムではありませんが、生活を少し便利にするアイテムです。

冷たい水でお米を研ぐのが辛いと感じたり、マニキュアやネイルをしたままお米を研ぎたいと考える人にはおすすめです。

そんな便利なアイテムも常に清潔に保つのが重要で、使用後は必ず洗うようにしてください。

炊飯時の温度は100℃に達するので、多くの菌は死滅しますが、菌のなかには摂氏100度の温度で4時間熱しても死滅しない菌がいるそうです。

アイデア商品が多い

速洗力を発売しているメーカーは、他にもオムレツメーカーなど、キッチンで活躍する便利グッズを販売しています。

値段が安いので使い捨て感があるのは否めませんが、少しでも炊事で手を抜きたいと思う人が重宝するアイデアグッズです。

レンジで作る油を使わないポップコーンメーカーを試してみた

2015.11.12

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*