家事にストレスを感じるなら完璧を目指してはいけない

プレートでご飯

ここ最近、ツレが寝込むくらい体調が悪いので、仕事をしながら炊事・洗濯・掃除をしなければならない状況が続いています。

前から肉野菜炒めや鶏肉のトマト煮など、フライパン一つで簡単にできる料理を作り食べていましたが、人様に食べてもらうレベルではありません。

料理のバリエーションが少ないので、栄養バランスを考えるともう少し料理を覚えたいのですが、ここ2週間で覚えた料理といえば、きんぴらごぼうと魚の煮つけくらいです。

一度は、任天堂DSお料理ナビの助けを借りて、肉じゃがを作りましたが、その時の記憶は既にありません。

そんな家事スキルの低い人間が、完璧を目指すとキャパを簡単にオーバーするので、少ない手数で家事をこなせるようになりたいものです。

今の自分にできることは少ないのですが、できるだけ気持ちに余裕を持ちながら家事をしないと共倒れになります。

そんな訳で、自慢するほどではありませんが、家事を少しで楽にするための工夫しを簡単に紹介したいと思います。

洗い物

嫌な洗い物を少しでも楽にするために、自分なりのルール作りをしました。

考えたルールは簡単で、食器などの洗い物は都度洗うことにし、絶対にためないようにすることです。

また、食器や調理器具は全て拭いて収納することで、キッチンのスペースを広くして作業をやりやすくしました。

他にも、使用するコップは一人1個に決めたのと、食器はプレートにして洗い物を極力少なくするようにしました。

アイキャッチの画像は、私が実際に用意した朝食ですが、プレートに並べただけでそれなりに見えますし、プレートを一枚洗うだけなので楽です。

買い物

料理スキルの低い人間が、1週間の献立を考えて計画通りに食材を使いきるのは困難なので、ツレが頼んでいたネットスーパーなどの宅配サービスを一時的に中止しました。

毎日買い物をするのは大変ですが、冷蔵庫の中にある材料を気にするより、その都度自分が調理できる範囲の材料をスーパーで購入した方が気持ち的に楽です。

料理スキルが低い自分が原因で、大量の食材をダメにしてしまうと苛立ちが増すので、多少辛くても余計なことを考えないようにしたいものです。

そんな訳で、帰宅時の買い物が楽になるように、重い革のカバンを卒業し、軽いカバンへの買い替えを検討しています。

料理スキルが上達したら、再度宅配サービスを利用したいと思います。

料理

バランス良い食生活のことを考えて、レタス、アボカド、豆、トマトを混ぜたサラダを作るようにしていますが、毎日つくるとなると大変です。

そこで、週に3回くらいはお店でサラダを購入し、毎日時間をかけて料理しなくても済むようにしています。

また、料理下手な自分ができることは限られるので、十穀米を炊くようにして、栄養不足にならないようにしています。

理想は、長期保存可能な料理を大量に作り置きすることですが、まだまだ時間がかかりそうです。

まだまだ改善の余地はありそうですが、料理下手を理由に料理をしなくならないように気を付けたいと思います。

完璧な家事を求めている旦那さんは、考えを改めた方が良いと思う今日この頃です。

自分流を見つける

家事のプロがおすすめする効率的な家事のやり方の全てが、自分に合うやり方とは限りません。

ジャガイモの皮むきをする時に、切込みを入れて茹でる方法が便利だと言われていても、そのやり方が合わない人もいるのです。

人それぞれ向き不向きのやり方がありますし、家事にストレスを感じる人がカリスマ主婦や、料理の達人と同じレベルを目指す必要はありません。

自分のやりやすいスタイルを探しつつ、慣れてきたら専門家のやり方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

家事が上手な人は長い時間をかけて努力してきたので、経験の浅い人や苦手意識のある人がプロと同じレベルでできる訳がありません。

あまり方法にこだわらず目的にこだわりながら、苦手な部分をお金や他の方法で解決できないか模索してみてください。

ただし、全てをお金で解決しようとすると後々困ることが起きるので、自分や家族のなかで重要なことは何かを良く考えて、バランス良く悩みを解決しましょう。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*