引越し繁忙期の高額請求や最安値を求めたトラブルに注意

マンションイメージ

3月、4月は引越し業界の繁忙期で、通常の料金よりも割り増しとなるのは仕方がないことですが、人の足元をみるような見積もりや強引な売り込みには注意したいものです。

今の時代はインターネットで申し込むだけで見積を出せるので、できるだけ費用を抑えようと一括見積をしたものの、通常の対面式見積ではありえないトラブルに遭遇することがあります。

今回は、国民生活センターに寄せられた引越しの契約に関するトラブルや、マンションデベロッパー担当者に聞いた様々なトラブルを紹介しながら、できるだけトラブルのないような対応について考えててみたいと思います。

最安値を求めた結果のトラブル

引越しの多い時期は通常よりも料金がかなり高いので、複数の業者に見積をとりながら費用を安く済ませたと思うのが人情ですが、最安値を求めた結果が大きなトラブルを招くことになることもあります。

引越しの繁忙期は日雇いで働く人が増えるので、高い料金を出してもトラブルになるものですが、コストを極限まで抑えたりすると悪い業者にあたる可能性が高くなるだけでなく、引越し自体を引き受けてくれる業者がいなくなる可能性もあります。

あまりにも費用が高額な場合は断るべきですが、安さだけを追求した引っ越し業者選びも気を付けなければなりません。

引越しの費用を抑える方法として、インターネットでの一括見積が人気ですが、荷物の量、種類、価格、住んでいる建物の構造などが正確に伝わらないことでトラブルになることが多くあります。

例えば、引越しの当日に冷蔵庫がエレベーターに乗らない、ピアノが入れられない、車が横付けできなくて運搬費用を追加で請求されるなど、引越し業者が現場をみながら見積を出す時ではあまり起きないトラブルが、インターネットや電話での見積では頻繁に起きます。

これは、情報を正確に伝えなければならない依頼者側に問題があることが多いので、この様なトラブルにならないように現場をみてから見積をしてもらうのが何よりも大切です。

引越しは人間がするもの

引越しをする上で最も重要なのは、引越しの作業をするのは人間という点を理解することです。

どんなに費用を値切ろうが、対価を支払う以上はきちんと仕事をしてもらうのが当たり前と思う人ほど、この点を理解できなくて失敗するそうです。

引越し繁忙期になると、朝の7時から日付が変わる時間まで働くことも珍しくなく、遅い時間の引越しになればなるほどスタッフが疲労します。

当然のことながらスタッフも人間なので、疲れがピークに達すると作業が雑になり、荷物を落として破損させることもあります。

スタッフの疲労のことを考えると、できるだけ早い時間に引越しを済ませた方が、夜間の作業よりもミスは少なくなります。

そして何よりも重要なのが、スタッフのモチベーションを下げるような横柄な態度をとるのはNGで、現場で働くスタッフには礼儀正しく接することが大切です。

必要があれば、昼食代としてひとり当たり2千円をポチ袋に入れて渡すのも効果的で、細心の注意を払いながら作業をしてくれました。

作業後では昼食代を渡すのは本来の意味がなくなるので作業前に渡すのが鉄則です。

また、引越しスタッフの責任者にまとめて渡すと、他のスタッフに行きわたらない可能性があるので、個々のスタッフに直接渡すのが大切です。

昼食代を用意する義務は全くありませんが、気持ちよく作業をしてもらえると作業の質が上がることもあります。

分譲マンション特有のトラブル

新築の分譲マンションは、引越しの日時が重ならないようにデベロッパーと相談しながら、引っ越しスケジュールを決めることになります。

デベロッパーにもよりますが、入居するマンション全体の引越を行う業者が決められていることがあるので、好きな業者を選んで値段交渉をすることができない時もあります。

その様な時に起きる問題が、足元を見られた引越し費用の請求で、いくら繁忙期とはいえ近距離をトラック1台の引越しで20万~30万円請求されるのは高すぎです。

今住んでいるマンションは、全戸の引越しを担当する代わりに、繁忙期でも費用を抑えてくれるということで、通常の時期と変わらない費用で引越しができました。

決められた引越し業者の値段が変だと感じた場合は、まずはマンションのデベロッパーに相談してみてください。

もしデベロッパーと引越し業者が結託しているようであれば厳しいですが、他の業者の利用を許可するように交渉してみる価値はあります。

安い家具は補償が効かない

頑丈な造りではない値段の安い家具は、一度ばらしてしまうと元に戻すのが困難です。

エアダンパーを搭載した車でない限り、車の走行中は家財に振動伝わりますし、持ち運ぶ際に歪んだりします。

特に気を付けるのが軽量化と低コスト化を目的として作られたハニカム構造の家具で、耐震用に敷いたジェルが剥がせなくなり、棚を持ち運ぶことができないことがあります。

本棚を強引に傾けて剥がそうとすると、本棚もしくは床の表面が剥がれて取り返しのつかないことになります。

耐震シートは水で濡らすと取りやすくなるので、引越しの前日までに剥がすようにしてください。

今回の内容は以上となりますが、参考になられたと思う方は記事のシェアをお願いします。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*