目的別に選ぶ伊豆のおすすめ海水浴場と宿泊施設まとめ

白浜大浜海水浴場

伊豆の海水浴場と言えば電車でもいける伊豆急下田駅周辺が人気ですが、これらの海水浴場はそれぞれ波や水質、ビーチの規模や周辺施設に違いがあります。

伊豆の海水浴場は、どこも水が澄んでいてビーチもキレイに整備されていますが、夏の思い出をより楽しいものにするためには、目的に沿う海水浴場と宿泊施設選びが重要です。

今回は、電車や車で何度も訪れたことのなる伊豆のおすすめ海水浴場と、おすすめの宿泊施設について紹介します。

旅行の楽しさは宿泊先の質で半減したり割り増しするもので、目的にあう海水浴場と宿泊施設をしっかり選んでください。

伊豆の海水浴場の魅力

まずは簡単に伊豆の海水浴場の魅力について紹介します。

伊豆の海水浴場魅力は、東京から電車や車で日帰りで帰ることができるという距離にありながら、どの海水浴場も水がきれいな点です。

また、地元の方やライフセーバー、サーファーなどのマリンスポーツを楽しむ方が、常にビーチをクリーンな状態に保つような活動をしているので、砂浜もキレイで清潔感があります。

また、ライフセーバーが海水浴場で事故が起きないように監視しているので、小さなこどもでも安心して海水浴を楽しむことができます。

キレイな海と清潔に保たれた砂浜、そしてトレーニングされたライフセーバーの三拍子が揃う伊豆は、バランスの取れた最高の海水浴場が多くあります。

海水浴場の紹介

ここからは、下田周辺と南伊豆周辺にある海水浴場と、おすすめの宿泊施設を紹介します。

※この記事に掲載している宿泊施設の画像は、全てオーナー様に掲載の許可を頂いたものです。著作権のある画像ですので無断で使用しないでください。

白浜大浜海水浴場

白浜海水浴場は、白濱神社を境に白浜中央海水浴場と白浜大浜海水浴場に分かれています。

白浜大浜海水浴場は浜の長さ770m、白浜中央海水浴場は浜の長さが720mと、二つの海水浴場を合わせると、1,490mにもなる広大な海水浴場です。

まずは、白浜大浜海水浴場のデータを紹介します。

  • 浜の長さ:770m
  • 奥行き:90m
  • 監視員:8時~17時
  • 売店:なし
  • 荷物預かり:コインロッカー
  • 食事処:近くに民営の売店等あり
  • マリングッズレンタル:あり
  • 駐車場:280台
  • シャワー:更衣室兼用12室
  • トイレ :男女各3室
  • アクセス:伊豆急下田駅よりバス(9番乗り場白浜行)で15分。レスポ白浜バス停下車ですぐ。

※(駐車場には荷物預かり、更衣室、温水シャワーのあるお店あり)

下田駅方面からバスや車で白浜海水浴場を目指すと、白浜大浜海水浴場に到着します。

白浜大浜海水浴場

白浜大浜海水浴場の方がビーチ周辺の宿泊施設が充実しているので、白浜大浜海水浴場の方が若干人気がありますが、どちらも人気の海水浴場です。

白浜大浜海水浴場には海の家がありませんが、海水浴場周辺に売店などが充実しているので、バーベキューをしないのであれば白浜大浜海水浴場が利便性が良くておすすめです。

白浜大浜海水浴場でサーフィンの大会が開催されることもあるくらい波が出る時もあるので若い人達に人気ですが、小さな子供でも十分に楽しめる小川のようなものもあるので、小さなお子さんでも安心して遊べます。

白浜大浜海水浴場小川

続いては、白浜大浜海水浴場の周辺にある宿泊施設をいくつか紹介します。

比較的近い距離に海水浴場があるホテルシーシェルがおすすめで、とても個性豊かなゲストルームは他にはない特徴があります。

seashell sicily

ゲストルームにはいくつかテーマがあり、イタリアのシチリア島をモチーフとした滞在型の特別室、ギリシャのサントリーニ島をモチーフとした特別室、船の中をイメージとした落ち着いた雰囲気の露天風呂付きツインルームなど、外国のリゾート気分を味わえるゲストルームが特徴です。

seashell 2fe

海を楽しんだ後に、おいしい食事を食べながら大切な人とノンビリ過ごせるのがシーシェルです。

シーシェルディナー

伊豆に来たら一度は宿泊してみたいホテルのひとつではないでしょうか。

シーシェルには他にも素敵な部屋が沢山ありますので、旅行サイトで一番画像が掲載されている楽天トラベルで詳細を確認してみてください。

次は、白浜大浜海水浴場の目の前にあるホテル伊豆急です。

ホテル伊豆急には、龍神の湯と蓮台寺という2種類の温泉があり、大規模なホテルならではの立派な大浴場や露天風呂で、のんびり温泉を楽しむことができます。

客室は昭和の香りがしますが、ホテルには大きなプールもあるので、波が荒れる時でも小さなお子さんが安心して遊べるのは大きなメリットです。

疲れた時には、ホテルのラウンジやロビーでのんびり過ごせるのも、ホテルだからこそできることです。

白浜中央海水浴場

続いて、白浜中央海水浴場のデータを紹介します。

  • 浜の長さ:720m
  • 奥行き:50m
  • 監視員:8時~16時30分
  • 売店:あり
  • 荷物預かり:なし
  • 食事処:なし
  • マリングッズレンタル:あり
  • 駐車場:73台
  • シャワー4室
  • 更衣室2室
  • 無料
  • トイレ :男女各2カ所
  • サーフィンエリア:有り
  • バーベキュー施設:有り

白浜中央海水浴場には、荷物の預かり所や食事処はありませんが、海の家や白浜で唯一バーベキューができる施設があるので、白浜大浜海水浴場とは一味違う楽しみ方ができます。

白浜中央海水浴場は岩が多いので、海で泳ぐというよいろ磯遊びをするのにおすすめです。

波が少し高い時には堤防のように囲まれたエリアで遊べば比較的波が穏やかなので、子供連れの家族にもおすすめです。

宿泊施設は海が目の前にある下田プリンスホテルがおすすめです。

他に選択肢があまりないというのもありますが、建物が古い割に頑張っていますし、日の出の景色が抜群に良いホテルです。

多々戸浜

続いて、多々戸浜のデータを紹介します。

  • 浜の長さ:450m
  • 奥行き:70m
  • 監視員 8時~17時
  • 売店 :あり
  • 荷物預かり:なし
  • 食事処:あり
  • マリングッズレンタル:あり
  • 駐車場:129台
  • シャワー 6室
  • 更衣室:シャワーと兼用
  • トイレ :男性3室、女性4室
  • サーフィンエリア:有り

多々戸浜は、個人的に最も利用する海水浴場で、ボディーボードをするなら多々戸浜と決めています。

白浜海水浴場と比べると広くありませんが、弓ヶ浜よりも海水が澄んでいて丁度良い波がくる人気の海水浴場です。

多々戸浜の水質

一番波のある右側のエリアはサーフィンエリアで、ボードや足ひれがないと遊ぶ事ができませんが、左側のエリアでも他の海水浴場と比べると波がある方なので楽しさがあります。

多々戸浜の波

ビーチ近くに海の家や売店がいくつかあり、駐車場スペースもそこそこあり、宿泊施設も豊富なバランスのとれた海水浴場です。

おすすめの宿泊施設は、多々戸浜の目の前にある下田大和館で、このホテルは海を高い位置から眺めながら露天風呂に入る事ができます。

下田大和館が人気のホテルといっても、値段が高く予約が取りにくいので、多々戸に泊まるなら少しだけ海水浴場から離れたプチホテル・ベッセルが断然おすすめです。

プチホテルベッセル

プチホテルベッセルには何度も遊びに行きましたが、客室は常に清潔ですし接客も親切で安心できる宿泊施設です。

食事は雰囲気の良いダイニングで洋食のコース料理を食べることになります。

プチホテルベッセルダイニング

料理の出てくる間隔が長くならないような配慮があり、スムーズに食事を楽しむことができます。

料理はどれも美味しいですし、焼きたての美味しいパンをつい食べ過ぎてしまいます。

プチホテルベッセルディナー

プチホテルベッセルから、多々戸の海水浴場まで歩いて5分もかかりませんし、弓ヶ浜やヒリゾ浜方面へ行くバスの停留所が近くにあるので、とても便利な宿です。

プチホテルという名に相応しい美味しい食事を楽しみながら、贅沢な休暇をベッセルで過ごしてみてはいかがでしょうか。

弓ヶ浜

続いては、南伊豆の弓ヶ浜のデータを紹介します。

  • 浜の長さ:1,200m
  • 奥行き:80m~100m
  • 監視員 8時~17時
  • 売店 :あり
  • 荷物預かり:コインロッカー
  • 食事処:あり
  • マリングッズレンタル:あり
  • 駐車場:6カ所
  • シャワー :海の家やプールのシャワーを利用
  • 更衣室:海の家やプールの更衣室を利用
  • トイレ :3カ所
  • サーフィンエリア:なし

弓ヶ浜は、湾になっているからか多々戸や白浜と比べて海水に少し透明感がありませんが、波がとても穏やかで清潔感のある広いビーチが特徴です。

弓ヶ浜の海

こちらも、子供連れの家族に大人気のある海水浴場で、伊豆の海水浴場にくるなら一度は訪れるべき名所です。

ビーチ近くにある青木サザエ店は各メディアで紹介されるくらい有名なので、一度は食事をしていただきたいお店です。

個人的には伊勢海老ラーメンよりも、サザエ、アワビ、ハマグリなどの磯焼きをおすすめします。

宿泊先は、壷中の天 宿○(まる)文がおすすめで、館内がとても良い雰囲気なのに加えて、大浴場や露天風呂、全室にあるオーシャンビューの露天風呂から弓ヶ浜の景色を眺めることができます。

また、壷中の天 宿○(まる)文を弓ヶ浜の海水浴場とは逆の方向に進むと、5分くらいで逢ヶ浜に出ることができるのですが、そこはとても静かで眺める空はきれいな穴場スポットです。

逢ヶ浜の空

弓ヶ浜から離れていますが、車があるなら下加茂温泉の旅館「かぎや」もおすすめです。

がぎやは純和風の旅館で、客室は全室和室、お湯を循環させることのない豊富な量の温泉、伊豆ならではの海鮮や和食を楽しめるので、旅館好きにはおすすめの宿です。

大きな大浴場に併設された露天風呂、家族風呂、混浴風呂もあるので、温泉好きの方にもおすすめな宿となります。

かぎやの公式のホームページは力を入れていないのか、旅館の良さが伝わりにくいので、楽天トラベルで宿の情報を確認してください。

ヒリゾ浜

続いては、ヒリゾ浜のデータを紹介します。

  • 監視員:8時30分~16時30分
  • 売店:なし(船に乗る前の受付近くにあり)
  • 荷物預かり:不明
  • 食事処:なし(船に乗る前の受付近くにあり)
  • マリングッズレンタル:なし(船に乗る前の受付近くにあり)
  • 駐車場:120台(船に乗る前の受付近くにあり)
  • シャワー :なし(船に乗る前の受付近くにあり)
  • 更衣室:なし(船に乗る前の受付近くにあり)
  • トイレ :なし(船に乗る前の受付近くにあり)
  • サーフィンエリア:なし

ヒリゾ浜は海水浴場というよりも岩だらけのシュノーケルの名所ですが、とても海が澄んでいて伊豆の海を語るには外せないポイントです。

ヒリゾ浜の海は伊豆の中でダントツの透明度を誇り、近年人気がありすぎて混雑しています。

伊豆ヒリゾ浜

ヒリゾ浜には砂浜はなく、川のような岩場にテントを張るなどして、休憩スペースを確保する必要があります。

海の中は抜群に透明で、フグが集団でカニを捕食するシーンなども間近でみることができます。

ヒリゾ浜の海はとても深いので、初めてのシュノーケリングにはおすすめしませんが、経験者なら絶対にシュノーケル道具をレンタルすることをおすすめします。

ヒロゾ浜へ行き方などは、こちらの記事で詳しく説明しています。

人気の海水浴場伊豆は中木のヒリゾ浜へバスで行ってみた

2015.08.02

今回の内容は以上となりますが、伊豆には他にもおすすめな海水浴場が沢山あります。

これからも伊豆に行く機会がありましたら、追記で他のビーチも紹介しますが、皆様もおすすめな情報がありましたらコメントで教えてください。

海水浴目的でビーチを訪れる方は、地元の方やサーファーの皆さんがビーチをキレイにしていることを忘れずに、ゴミ捨てなどのルールを守りながら気持ち良く楽しんでください。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*