センスが問われる人気で喜ばれるカタログギフトの選び方

プレミアムカタログギフト

社会人になると、なにかとギフト商品を贈らなければならない機会がありますが、みなさんはガッカリされるようなものを選んでいませんか?

記憶に残らないならまだしも、贈られてガッカリされる物を選んでいては、ギフトを贈る側の気持ちやお金が台無しです。

今回は、カタログギフトの選び方や、デパートなどで売られている王道のカタログギフトとは違う、若い人や女性に喜ばれるカタログギフトを紹介します。

ギフトを贈るケース

ギフトを贈るケースは大きく分けて三通りあり、ひとつはお盆や年末などの毎年贈るお中元やお歳暮、もうひとつは結婚や葬儀などの儀式が行われる冠婚葬祭時に贈るギフト、そして新築祝いや出産祝いなどの個人的なおめでたいイベントがある時に贈るものがあります。

お歳暮とは、年末(歳暮)に贈るもので、お中元は御魂祭り、盂蘭盆会、中国の中元が重なる7月15日までに、日頃お世話になった方に感謝の気持ちを込め贈り物をする習慣です。

冠婚葬祭を簡単に説明すると、冠は成人の儀礼、婚は婚礼、葬は葬儀、祭は先祖祭祀で、相手や儀式により贈る物が変わるのがギフト商品です。

会社などに贈るお歳暮やお中元は、形式的なものでも構いませんが、個人的な儀式(特に結婚)や出産祝いなどには、センスのある喜ばれるギフトを贈りたいものです。

葬儀の際の香典返しは喜んでもらう必要は特にないので、今回はお祝い事のギフト商品を中心に情報をまとめました。

ギフトの値段

結婚式の引き出物を個別に用意するのは大変なので、結婚式の引き出物は一律で同じ物を用意し、ご祝儀を沢山いただいた方には、後日お礼となるギフトを贈ると良いでしょう。

贈るギフトの価格は、頂戴した額から一人当たりの費用を差し引いた額に対し、1/3~半分返しというルールを決めると楽です。

例えば、ご祝儀30,000円に対し料理が15,000円なら、残金15,000円の1/3にあたるで5,000円分の引き出物を用意するなら、別途ギフトを贈る必要はありません。

それでもご祝儀のお返しとして何かを贈りたい場合は、頂戴した額以上にならないようにしましょう。

頂いたご祝儀が50,000円や100,000円となる場合は、別途ギフトを贈ることを考えた方が良いでしょう。

便利なカタログギフトの選び方

ギフトを贈る時に無難なのが、商品を受け取る側が選べるカタログギフトですが、年齢や性別、家族構成により喜んでもらえるものが違うので、カタログ選びは重要です。

贈る側からすると楽なカタログギフトですが、一般的なカタログギフトの3,000円~5,000円クラスは魅力ある商品が少なく、結果的にガッカリされることになるかもしれません。

今まで何度か3,000円~5,000円クラスのカタログギフトを頂きましたが、一般的なカタログギフトでは消去法で商品を選んだ記憶しかありません。

この金額の一般的な雑貨カタログに掲載されている商品は、どこでも買えるものばかりで特別感がありませんし、20代男性にグルメ系のカタログを贈るのも不安です。

最近は若い人にも喜んでもらえるBEAMSやUNITED ARROWSのカタログギフトもありますし、女性に人気のAfternoon TeaやILLUMUSなどの雑貨を選べるカタログギフトもあります。

カタログギフト選びで迷うなら

とにかく、どのカタログギフトを選べばわからない場合は、出産祝い、結婚祝い、新築祝い、快気祝い、法要、還暦祝いなど、様々なシーンに対応できるカタログギフトを揃えたソムリエ@ギフトがおすすめです。

プレミアムカタログギフト

ソムリエ@ギフトは、2年連続ショップ・オプ・ザ・イヤーを受賞したギフトセレクトショップで、ブランド物雑貨や銘店グルメだけでなく体験型カタログギフトなど、様々なジャンルを網羅しています。

特に人気なのがプレミアムカタログですが、私も何度か利用したことのあるILLUMUSなどのカタログを見ているだけでも楽しくなります。

ソムリエ@ギフトは、カタログギフトだけでなく、個別に商品を選んで贈ることもできるので、相手のイメージに合うギフトを自分で選んで贈ることもできます。

カタログギフトを贈るなら、ソムリエ@ギフトがおすすめです。


この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*