デザインだけで選んではいけないホットプレートの選び方

ホットプレートと言えば昔から象印やタイガーなどの日本製が有名ですが、今では雑貨屋やインテリアショップなどで売られている、オリジナルブランドや海外製品が注目されています。

デザイン性の優れた製品が増えるということは素晴らしいことですが、調理家電を選ぶ上で重要なのは製品の仕様や使い勝手なども確認することです。

家電製品を選ぶ上でデザインは重要なポイントでもありますが、特に調理家電は使い勝手やお手入れ、安全性などをおざなりにしてはいけません。

そこで今回は人気で売れているホットプレートのなかから、おすすめ商品の仕様や感想などを紹介していきます。

デザインが人気のホットプレート

多くのレビューサイトで高く評価されているホットプレートに、オランダ製のPRINCESS(プリンセス)と、BRUNOのコンパクトホットプレートがあります。

どちらも今までの日本製ホットプレートにはないデザインで、注目度の高い製品に間違いありませんが、使い勝手も含めて製品を選ばなくてはいけません。

プリンセス

まずはオランダ製のプリンセスですが、ホットプレートと言えば使用後は箱の中に入れて収納するものですが、そのデザイン性の高さから常時テーブルの上に置いて、毎日利用する人もいるくらいです。

普通のホットプレートは家族団らんという感じですが、プリンセスはお店で食べる鉄板焼きの雰囲気を楽しめる製品です。

プリンセスの中央には余分な脂を落とす穴が空いているので、韓国料理のサムギョプサルなども楽しめます。

ただ、難点を挙げるならば、中央に油を落とす穴が空いているために、もんじゃ焼きや焼きそば、お好み焼きをする時に気を付けなければならない点があります。

また、油を受け取る皿が意外と小さいので、油が多く出る料理は気を付けなければなりませんし、縁がありませんのではみ出た食材から油や調味料がプレート外に落ちることもまります。

このプリンセスは、外国産メーカーということで大雑把なところもあるので、品質にこだわる人には向いていませんが、外国製のお洒落なデザインが好きな人におすすめです。

BRUNOコンパクトホットプレート

人気の雑貨屋で売られているBRUNOのコンパクトホットプレートは、累計販売台数が40万台を超える売れ筋のホットプレートです。

BRUNOのコンパクトホットプレートは、可愛らしいデザインとオプションのプレートが豊富で、得に女性から高い人気があります。

コンパクトホットプレートは、標準で平面プレートとタコ焼きプレートが付属していますが、別売りのプレートを使用すれば、ライスバーガーやパンケーキなども簡単に作ることができます。

難点を挙げれば、デザインの良さとは裏腹に作りがチープで、有名家電メーカーのホットプレートの様な安心感はありません。

また、名前からわかるようにコンパクトなホットプレートなので、お好み焼きや焼きそばも2人前が限界で、1人で楽しむなら十分な大きさと言えます。

多人数でホットプレートを楽しむなら、グランデサイズをお選びくださいと言いたいところですが、大きさの割に寂しいヒーターの配置を考えると、コンパクトなホットプレートの方が利用価値がありそうです。

BRUNOのホットプレートは女子に人気なだけに、BRUNOを使用した調理本が出版されていますので、合わせて購入されると良いでしょう。

定番のホットプレート

ホットプレートの定番メーカーと言えばタイガーや象印で、デザイン性抜きに取りあえず安心して製品を長く使いたいのであれば、両社の製品を選んでください。

焼き肉をする時に使用するプレートが、タイガーは全面なのに対し、象印はハーフプレートという違いがありますが、どちらも安心して使える製品です。

あえて難点を上げるなら、一般的なホットプレートはタコ焼きプレートなどの交換が可能なため、本体とプレートの間に隙間あり汚れが入り込んでしまいます。

また、蓋がガラス蓋ではないのが残念ですが、プレートが多いだけに重量もかなりあるので、掃除や取り出しのことを考えると仕方ないことでもあります。

これは好みの問題ですが、みんなで箸をつつきながらホットプレートを楽しみたいなら全面プレートのタイガーがおすすめで、二人それぞれ領域を分けて食べたいと思うなら象印がおすすめです。

IH調理器も使えるホットトプレート

ホットプレートの利用頻度や収納場所を考えると、少し手を出しにくいと思う人には、普段は卓上IH調理器として使えるパナソニックのIHホットプレートがおすすめです。

Panasonic KZ-HP1100

パナソニックのIHホットプレートを使う一番のメリットは、熱効率が良くて高出力のIHを使用している点にあります。

一般的なホットプレートは、ヒーターを加熱してプレートを温めるのですが、ヒーターが均一に配置されていても温度差が発生します。

その点、IHホットプレートはプレートそのものを加熱するので、プレート全体を素早く加熱するとても熱効率の良い調理器具です。

IHホットプレートを使う第2のメリットは、フラットなガラストップでお手入れが簡単な点にあります。

一般的なホットプレートは、交換可能なプレートが充実していますが、調理中の油や食材が隙間に入り込むので、お手入れが意外と大変です。

その点、IHホットプレートは、IH調理器ならではのお手入れのしやすさと組み立てやすさがあるので、一般的なホットプレートを使うよりもお手入れが簡単です。

ホットプレートの交換プレートが多い製品は、収納場所や持ち運びが大変で、毎回取り出すのが面倒に感じてしまいますが、逆に専用プレートが付属していない製品は、できる事が少なくなります。

パナソニックのIHホットプレートは、付属しているプレートの数は多くありませんが、専用のプレートがなくても一般的な鉄やステンレスのプレートがあれば、たこ焼きや天ぷらも可能になります。

これらのオプションプレートは必要に応じて購入できますし、重ねて一緒に保管する必要もないので、収納や持ち運びに困ることはありません。

毎日多人数でタコ焼きパーティーをするのであれば、タコ焼きプレート付きの一般的なホットプレートがおすすめですが、ホットプレート本来の使い方を考えると、大きなタコ焼きプレートは必須ではありません

それよりも、冬は暖かい鍋料理にも使える、パナソニックのIHホットプレートを購入した方が断然便利でお得です。

パナソニックのホットプレートにもなる卓上IH調理器はAmazonから購入できます。

因みに、パナソニックIHホットプレートKZ-HP1100とKZ-HP2100の違いは、IHで使える鍋が付属しているかしないかの違いで、KZ-HP1100には鍋が付属していない分、安く購入できます。

知らないと失敗する卓上IHクッキングヒーターの選び方

2015.09.29

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*