赤ちゃんと一緒にお勉強!おすすめの0歳児絵本と育児本

お腹のなかにいる赤ちゃんは耳を頼りにして、パパとのつながりを感じることができるので、読み聞かせられる台詞のある絵本がおすすめですが、それも赤ちゃんが生まれるまでの話です。

生まれたばかりの赤ちゃんは視力が弱くぼんやりとしか見えませんが、ママやパパの顔がわかるようになるまでそう長い時間はかかりません。

そこで今回は、実際に購入して良かった0歳児向けの絵本と、新米パパになるための準備として読むことをおすすめする書籍について紹介します。

大きくて単純な絵がおすすめ

生後3ヶ月もすれば色を少し認識できますが視力はまだ弱いので、生後間もない頃は「しろとくろ」という絵本のような、コントラストが鮮明な絵本がおすすめです。

しろとくろ

個人差もありますが、特に男の子は女の子よりも色を認識するまでに時間がかかるので、カラーの絵本を買うなら絵が大きくて単純なキャラクターのものがおすすめです。

月齢3ヶ月が過ぎれば色を少しずつ認識できるようになるので、絵本作家である新井洋行さんの作品「カラフル」や「いろいろばあな」どの、単純でありながらカラフルで楽しい絵本もおすすめです。

カラフル

 

絵本を選ぶ時に注意したいのが、絵本の紙やカバーが薄いと赤ちゃんがくわえた時に口を切ることがあります。

紙が薄いと危険

カラフルのように、最近の絵本はどれも紙が分厚いものばかりですが、古い絵本や表紙カバーは薄いので取り除いてください。

次は、「0さいまるごとひゃっか」ですが、百科とは色々な科目という意味で、赤ちゃん向けのわかりやすい絵と動物、短い物語と歌が納められたマルチな絵本です。

0さいまるごとひゃっか

この絵本も紙が厚いので読み切るまでの時間は短いですが、優しい声で歌うと赤ちゃんもきっと喜んでくます。

とんとんだあれ

とんとんだあれは、めくると何かが現れる仕組みが面白い絵本で、おすすめのひとつです。

とんとんだあれ

いないいないばあっ!と同じ感じ遊べる絵本で、月齢6ヶ月後くらいから見せてあげると反応してくれるかもしれません。

注意する点は、めくるための紙が他の絵本より薄いので、子供が手や口を切らないように気を付けあげてください。

今回の絵本の紹介は以上となりますが、0歳向けの絵本が沢山ありますので、良いものがあれば随時追記して紹介します。

新米パパにおすすめの本

はじめて親になる時は誰もが子供に関しては無知で、どんなに頭の良い人でも子育てに関しては全くの素人で、スタートは皆同じです。

ここからは、新米パパに読んでもらいたい本を紹介しますので、どれでも良いので1冊でも手に取り読んでみてください。

生まれたばかりの赤ちゃんは、大人に世話をしてもらいながら様々なことを吸収して成長するので、最も身近な親が無知や無関心ではいけません。

親になる人が子育てに興味があるかないかで、子供の将来が大きく変わるかもしれません。

赤ちゃんの可能性を伸ばすために10冊近く本を読みましたが、そのなかでも特に読んでいただきたい本を何冊か紹介します。

本を読んだからと立派な子育てができるとは限りませんが、仮にうまく育児ができなくても最大限努力したと思える書籍です。

女の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方

我が家は女の子を授かりましたので、女の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方という本を最初に読みました。

女の子の一生を決める0歳から6歳までの育て方

この書籍は、20年にわたり子供の心理、教育、育成について研究をしてきた、日本キッズコーチング協会理事長を務める竹内エリカさんの著書です。

この本は、0歳から6歳までどの様に育てるべきか、12,000人の乳児から大学生を指導してきた経験をもとに、7つのステップに分けてわかりやすく解説しています。

所々に絵があるのも良いのですが、何よりも文全体がとても読みやすいので、すらすら読めてしまいます。

大人目線になりがちな子育ではなく、子供のことを考えた育児脳に切り替えることができる素晴らしい本でした。

0歳から育てる脳と心

脳科学的な見地から論理的な子育てを知りたい方におすすめなのが、創元社発行の「0歳から育てる脳と心」という本です。

0歳から育てる脳と心

この本は、女の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方とは真逆の小難しい内容ですが、長年積み重ねた研究と経験談を論理的にまとめた実に素晴らしい内容の本です。

著作権上の理由から詳しくは書けませんが、あるものの特性が脳に与える影響など、子育てだけでなくパパの本業である仕事にも役立つ情報が盛りだくさんです。

久々に知識欲を刺激された書籍で、論理的な思考が得意な方におすすめの本です。

月齢ごとに「見てわかる!」育児新百科

次は、ひよこクラブ特別編集の月齢ごとに「見てわかる!」育児新百科です。

育児新百科

この書籍っは、名前の通り辞典のようなつくりで、育児に関するあらゆることが月齢ごとに細かく書かれています。

おむつのかえ方や授乳方法だけでなく、アレルギーの問題や遊び方など、赤ちゃんに関することを写真付きで分かりやすく解説しています。

育児のことをインターネットで調べるのも悪いことではありませんが、この様な本が1冊家にあるだけで大分気持ちが楽になりますので、是非購入してみてください。

今回紹介する内容は以上となりますが、血統による地位や財産の相続は簡単ですが、子供の才能を開花させたり正しい人間に育てるのは簡単なことではありません。

子供に愛情を注ぐという行為は、お金があるなしに関係なくできることなので、赤ちゃんのためにできる事はできるだけしてあげましょう。

これからパパになる人に読んでもらいたい新しい絵本の世界

2016.06.23

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*