お産をするなら必ず揃えたい入院中に役立つ便利グッズランキング

お産に関するまとめサイトやマタニティー本などを参考に便利グッズを買い揃えてみたものの、役立つものもあればそうでないものもありました。

世の中何でもそうで、実体験のない情報を頼りすると、思い通りにいかないことの方が多いようです。

例えば、出産時のおすすめアイテムとして紹介されていた長袖の入院着ですが、陣痛促進剤などの点滴を使用する場合は、腕に刺した針が袖を通らなくてかなり痛い思いをします。

他にも購入したものの新生児には早すぎるなど、お産の時にあると便利と紹介されていたものを一度も使用することなく持ち帰るケースもありました。

そこで今回は、実際のお産生活で便利と感じたグッズをランキング形式でいくつか紹介します。

LDR生活であると便利な物

LDRでは、陣痛を促進させるために、リラックスした音楽を聴いたり、バランスボールに座りながら運動したり、足の痛みを解消するのに足湯をするなど、とても多くのことをこなさなければなりません。

ただし、それは普通に陣痛が来ている時の話で、点滴で陣痛促進剤を投与する時は、基本的に分娩用ベッドの上で生活することになります。

LDRでの過ごし方は状態により異なりますが、ある日突然緊急入院ということは誰でも起きることなので事前の準備が大切です。

そこで、LDRに1週間過ごした時に便利と感じたグッズをランキング形式で発表します。

5位足のむくみ解消グッズ

出産する前から足がむくみますが、陣痛が進むと足の痛みが強くなる場合があるので、足をマッサージするグッズや温めるレッグウォーマーは必須です。

分娩用ベッドに寝ている時はレッグウォーマーか圧着ソックスを利用するのがおすすめですが、それでも痛みが取れない場合は足湯がおすすめです。

出産後のむくみに比べると腫れは大きくありませんが、出産前からむくみを少しでも解消することが重要です。

出産までに至らず病室で寝るときは足を少し高くして寝たり、足を温めたりするなどのケアが必要です。

むくみの解消グッズをフル活用しても、産後の足は1.3倍近く腫れあがるので、最終的には普段よりも大きなサイズの靴があると便利ですが、足のケア商品は絶対に忘れてはいけません。

おすすめは昼と夜で履き替えなくても良いホットキュットの夜用がおすすめです。

4位サーキュレーター

LDRでの生活とは若干無関係ですが、聖路加国際病院には院内感染を予防するためかランドリーがないので、洗濯物を自宅で洗わなければなりません。

就寝前に洗濯物を干しても自然乾燥で翌朝までには乾きませんので、サーキュレーターを使用しました。

熱風で衣類を乾燥させる浴室乾燥もありますが洗濯物が縮む恐れもありますし、電気代の安いサーキュレーターでも十分乾きます。

使用したサーキュレーターはバルミューダーのGreenFan Cirqで、ファンの向きを垂直にすることができるので、洗濯物の真下から風を送ることができます。

洗濯物は下の方が乾きにくいので、真下から風を送ることで全体を乾かすことができます。

GreenFan Cirq垂直

3位袖の広い服

陣痛促進剤を使用しないのであれば不要ですが、誰しもが順調に出産できるとは限らないので、どの様な時でも対応できるように、袖の広い部屋着を用意してください。

授乳がしやすい部屋着を用意するのは構わないのですが、陣痛促進剤を使用しても必ずその日に赤ちゃんが生まれるとは限らず、5日間投与を続けても出産に至らない場合もあります。

陣痛促進剤を使用しても生まれない場合は、夜は中断して翌朝から再スタートとなりますが、点滴の針はついたままなので着替えの袖が狭いと困ることになります。

2位ペットボトルストローキャップ

陣痛の時は横になりながら過ごすことが多いので、ペットボトルに装着できるストローキャップは必須のアイテムです。

特に陣痛促進剤を使用する時は動きが制限されるので、ペットボトルストローキャップはなくてはならない存在です。

ペットボトルストローは情報誌や情報サイトなどでも紹介されているメジャーなアイテムですが、全てのペットボトルに対応している訳ではありません。

ペットボトルストロー

聖路加国際病院の売店で売られている聖路加水では使用できましたが、地下1階の自販機で売られているミネラルウォーターでは使用できませんでした。

ミネラルウォーターを何本もストックする前に、ペットボトルストローキャップが使えるか確認することをおすすめします。

1位ポータブルAiR

LDRのベッドは出産に特化したものなので固いのですが、体の重みで次第に脚が痛くなるので頻繁に体の向きをかえなければなりません。

ただ、お腹が大きいとベッドの上で向きをかえるのも大変ですし、体の向きによっては陣痛促進剤を使用する時のチューブが邪魔になります。

そこで大活躍したのが東京西川のポータブルAiRで、このクッションがない時は20分に一度は体の向きをかえていましたが、ポータブルAiRがあると大分楽になるようで、長い時間同じ体制でも耐えることができました。

元々妊娠中に尾てい骨が痛くなるのを緩和させるために購入したものですが、まさか分娩室で役に立つとは思いもしませんでした。

LDRランキング1

出産後も座りながらの授乳に敷くと楽なので、妊娠中に用意しておけば長く使えて便利です。

因みに、緊急で購入した安物のクッションは全く効果がなく捨ててしまいました。

産後の入院であると便利な物

LDRでの生活では動きが取れない状態の体をサポートするグッズがあると便利ですが、産後の入院では母体のケアと赤ちゃん授乳をサポートするアイテムがあると便利です。

5位ガラガラ

初めてのおむつ替えはただでさえ慣れないのに、元気な赤ちゃんは足をバタバタさせて、なかなかおむつをかえさせてくれません。

そこで役立ったのが、白と黒のコントラストがはっきりした音がなるガラガラで、視力の弱い赤ちゃんでも注目して大人しくしてくれます。

全ての赤ちゃんに効果があるとは断言できませんが、誰かがガラガラで注意を引き付けている間におむつを交換すると楽になります。

4位ペットボトルストローキャップ

LDRで重宝したペットボトルストローキャップですが、慣れない授乳が始まるとペットボトルのキャップを開け閉めする余裕すらないので、ペットボトルストローキャップがあると便利です。

帝王切開後は、エコノミークラス症候群を予防するためにベッドの上で足のマッサージを受けるのですが、身動きが取れない状態で寝るので楽に水分補給ができるペットボトルストローキャップは必須です。

ペットボトルストローキャップは数百円で購入できるのですが、それ以上の価値が十分になる便利なグッズです。

3位フットケア商品

出産前に足のマッサージをしても、残念ながら産後の足は1.5倍近く腫れあがるので、大きめの靴があると便利です。

退院までに足のむくみを解消すべく足を高くして寝ましたが、足の甲が腫れて靴が全く履けないのでサイズの大きい靴が必要になりました。

足のむくみは2週間もすれば解消されるので安物の靴で構いませんが、退院後はしっかりケアをした方が良いので足のマッサージ機も用意しました。

トラブルを避けるためにも入院中に電動器具を使用する場合は、必ずドクターや看護師に相談してから使用するようにしてください。

2位肩こり解消グッズ

授乳に慣れていないと肩や背中に力が入り過ぎて肩こりになりますので、肩や背中を温めたり揉んでほぐすアイテムがあると便利です。

院内に電動器具を持ち込むのが難しい場合は、旦那さんにマッサージしてもらうことにして、自宅ではマッサージ機を利用するとお互いが楽になります。

以前母親にプレゼントした携帯可能なマッサージ機ドクターAIRを使用していますが、予算に余裕がある方は背中全体をマッサージできるタイプが断然おすすめです。

ドクターAIR

マッサージ後は必ず水分補給することを忘れないでください。

1位ポータブルAiR

出産は母体に計り知れないダメージを与えますので、座るときの痛みを軽減するポータブルAiRがあると便利です。

LDRのベッドと比べて入院用のベッドは柔らかくて寝心地は良い方ですが、座りながらの授乳をする時にポータブルAiRがあると楽でした。

電動のマッサージ機やフットケア商品はなくても構わないですが、ポータブルAiRだけは万が一の時を考えて用意することをおすすめします。

不要なもの

不要なものと言うのは語弊がありますが、授乳が楽になると言われて購入したクッションは、入院中一度も使用することなく持ち帰りました。

NURSING PILLOW

その理由は、授乳に慣れていない母親と新生児には柔軟性のある枕やクッションがおすすめで、固い感じのする授乳用枕だと赤ちゃんが泣いてしまいました。

母子ともに授乳に慣れてくれば便利なアイテムだと思いますが、生まれたての新生児に無理して使う必要はなさそうです。

どうしても授乳クッションを使用したい場合は、最初は手軽な薄いクッションを使用した方が使い勝手が良くておすすめです。

今回の内容は以上となりますが、紹介した商品に一部写真がないものがありますので、後日追加で掲載する予定です。

今回、LDRでの生活が7日間、産後の入院生活が7日間と、長期入院となり疲れ果てました。

これから出産を予定している方は、事前に準備できるものがあれば余裕のあるうちに用意することをおすすめします。

この記事をシェアしてみませんか?

1 個のコメント

  • コメントを残す


    *