やっぱり美味しい!本場博多の牛もつ鍋をお取り寄せしてみた

寒い冬はもちろん暑い夏にも楽しめる人気の鍋料理、本場博多の牛もつ鍋をお取り寄せしてしてみました。

今回お取り寄せした牛もつ鍋は、福岡県のおどりきっちんAmazon店から購入したもので、冷凍された食材がクール便で到着します。

博多モツ鍋セット

商品の中身を確認してみると、300グラムの牛もつと鍋用濃縮スープ、ちゃんぽん麺、にんにくと鷹の爪が同梱されています。

モツとタレ

もつ鍋といえばキャベツやニラが必須ですが、これらの食材が悪いと台無しなので、スーパーで新鮮なものを選んで購入してください。

一人で食べるならキャベツは半玉あれば十分ですが、二人で食べるならキャベツ丸ごとがおすすめです。

今回は材料を入れ忘れましたが、ゴボウや豆腐を入れるとボリューム感がアップするのでおすすめです。

もつ鍋は調理が簡単

今回購入した牛もつは冷凍されているものなので、冷蔵庫に入れて24時間かけて解凍する必要がありますが、24時間も待ってられないという人は氷水をボウルに入れて30分袋のまま入れてください。

30分も待てないという方は流水で解凍をすれば15分で済みますが、お水がもったいないので氷水での解凍をおすすめします。

流水でモツを解凍

鍋に水と濃縮スープを入れて軽く煮立たせるのですが、生のゴボウを入れる時はこのタイミングで鍋に入れましょう。

ゴボウは生の状態で鍋に入れても良いのですが、一度油で素揚げすると香ばしくなります。

後は、牛もつ、カットしたキャベツとニラ、にんにく、鷹の爪を入れるだけの簡単料理です。

博多モツ鍋調理例

もつは加熱する段階で縮まるので二人で300gでは物足りなさを感じるかもしれませんが、そこは大量のキャベツとニラがあれば付属のスープが美味しいので満足できます。

ちゃんぽん麺

具材が底を尽きたら鍋にちゃんぽん麺を入れてください。

鍋料理全般にいえることですが、もつ鍋は特に調理が簡単なので、独身男性の方にもおすすめです。

今回、購入した豆腐を入れ忘れてしまいましたが、流石本場博多の牛もつ鍋という感じで満足できました。

欲を言えば、牛もつの量に物足りなさを感じたので、値段がもう少し高くても構わないので、量を400gまで増やしてくれればいいなと思いました。

それでも付属の濃縮ダレがもつの油と混ざり、キャベツやニラをとても美味しく食べられたので、全体的には満足できる内容でした。

牛もつ鍋セットは生物なので冷凍されていますが、きちんと解凍して調理すれば十分に美味しいので、寒い冬はもちろんスタミナが不足する夏にもおすすめです。

今回お取り寄せした本場博多の牛もつ鍋セットは、Amazonから購入可能です。

卓上IH調理器が便利で安全

牛もつ鍋のお店ではステンレス製の鍋がよく使われるので、今回はステンレス製の鍋で調理してみましたが、ステンレスと言えば卓上IH調理器が便利でおすすめです。

鍋は食卓で食べる料理ですが、1,400ワットが使える卓上IH調理器はガスコンロよりも熱効率が良く、火力が強いので素早く調理が可能です。

また、卓上IH調理器はガス漏れや火が袖に引火するなどの事故が発生しないので、食卓で鍋料理を楽しむなら卓上IH調理器は必須と言えます。

もつ鍋は、あまり煮立たせないので1,400ワットの火力は必要ありませんが、他の鍋料理をする時に必ず役に立つので、卓上IH調理器を購入するなら1,400ワットのものを選んでください。

知らないと失敗する卓上IHクッキングヒーターの選び方

2015.09.29

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*