高層マンション上層階の固定資産税がアップするというニュース

朝の情報番組モーニングチャージで20階建て以上のマンションで、高層階は固定資産税がアップするというニュースが流れました。

マンションは上の階なるほど販売価格が高くなるので、固定資産税も上がるというのは仕方ないのかもしれませんが、下の階と上の階で固定資産税が同じだと不公平だから増税するという言い方が気になりました。

上の階になるほど多くの消費税がかかりますし、それだけ住宅ローンを金利を支払うので、不公平という言葉は少しどうなのかなと思いました。

高層タワーマンションは投機目的や相続対策で買われることもあり、一般的なマンションでは起きない問題が起きることもあります。

それらを解消するための増税であれば仕方ないと思いますが、単純に不公平だからと税金を上げるのは少し違うと思います。

不公平と言えば、ガスを使わないオール電化住宅は料金の安い時間帯の電気を利用するのでお得なのですが、それを不公平だと安い時間帯の電気料金を値上げすることもありました。

更に扶養控除は専業主婦優遇で不公平だからと廃止するべきだと言う人もいますが、共働きで働けない分世帯収入が低い人や、働きたくても働けない不公平があることを知りません。

オール電化住宅が不公平だと思うのならオール電化住宅に住む努力をすれば言い訳ですし、高層階のマンションの住人が不公平だと思うのなら、高層階に住む努力をすればいいだけだと個人的に思います。

確かに何の努力もなしに血統だけで優遇される地位にある人もいますが、他人を妬んだところで自分の地位が向上する訳でもないので、努力で自分の地位を高めることを考えた方が健全だと思います。

私自身の社会的地位も決して高くありませんが、上を目指してもがいた方が人生楽しいと思います。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*