20年以上続いた眉毛のかゆみが奇跡的に完治した出来事

20歳の頃から急に眉毛の上がかゆくなり、気が付けば40歳を過ぎるまでかゆみが続き悩んでいました。

寝ている時以外は眉毛の上をかいてしまうので皮膚がただれてしまい、このまま一生治らないのではと心配しましたが、ある奇跡的な出来事により完治しました。

そこで今回は、眉毛の上のかゆみに悩まされている方のために、今までかゆみを治すために試みた方法と、完治に至るまでの経緯について紹介します。

20年間で試したこと

眉毛の上のかゆみが完治するまでに何もしていないという訳ではなく、病院に通うなり軟膏を塗るなど最低限考えられることはしてみました。

アロエで悪化

肌がただれているのをみてアロエを勧められることが何度かありましたが、アロエには目に見えない小さなトゲがあるので、傷口にアロエを塗らないでください。

アロエ万能伝説を信じていた頃に試したことがありますが、少し効果があるように思えた時もありましたが、恐らく気持ち的な問題だと思います。

それよりも、アロエが大きく育ちすぎて消費が追い付かなくなり知り合いに譲渡することになりましたので、下手にアロエは育てない方が良いと思いでしょう。

絆創膏を貼る

かゆみが治まらないのなら、一層の事眉毛の上をかいてしまう前提で、絆創膏を常に貼るようにしていましたが、何度も怪我をしたのか聞かれてウンザリです。

キズパワーパッドを貼ると少しだけかかなくなりましたが、根本的なかゆみの解消にはなりませんので、あまりおすすめはできません。

海水浴が好感触

根本的に眉毛の上のかゆみがなくなることはありませんでしたが、海の豊富なミネラルが傷口を治しかゆみを抑えてくれたので、眉毛の上がただれた方には海水浴がおすすめです。

白浜大浜海水浴場小川

肌がただれた状態で海に入ると痛みを感じますが、それは一時的なもので1日海水浴を楽しめば、自然と痛みがなくなります。

おすすめの海水浴場は海がきれいな伊豆で、東京近辺の汚い海はおすすめできません。

サーファーでないかぎり年中海に入るのことはできないので、小笠原の島塩を水に溶かして眉の上を濡らしていた時期もあります。

因みに、小笠原の島塩はとても美味しくて、島塩でつくる塩ラーメンは絶品です。

ニベアで乾燥対策

眉毛の上がかゆいのはきっと乾燥が原因だろうと、ニベアを1カ月続けて塗り続けましたが、全く効果がありませんでした。

眉毛の上のかゆみは、乾燥によるものではないと判明しただけでも良しとし、前向きに考えることにしました。

因みに、ニベアで妊娠線を予防できると教えられていたので試したところ、妻のお腹の一部に妊娠線が出てしまいました。

ニベアは乾燥肌に塗るという本来の使い方がおすすめのようです。

水虫にも効くオロナイン

眉毛のかゆい部分に生息するダニが悪さをしていると思い、水虫にも効果があると言われているオロナインを塗り続けましたが、こちらも残念ながら効果がありませんでした。

オロナインは水洗いでカサカサな手をケアすることに使用した方が良さそうです。

天然成分由来の馬油

きっとオロナインやニベアに含まれている化学成分が肌に合わないと思い、天然成分由来の馬油を塗り続けてみましたが、こちらもかゆみ止めには効果がありませんでした。

ただ、馬油を塗り続けると、肌のシミが若干薄くなり黒くてカサカサした部分が改善したという思わぬ効果を得られました。

馬油を使う上で注意する点は、肌に水分を含ませて後から馬油を塗ることで、製品によっては馬油だけ塗ると余計にカサカサするものもあります。

帯状疱疹の誤診で完治

ここからが本題ですが、20年以上続いた眉毛の上のかゆみを完治させたのは、顔にできた帯状疱疹をバイ菌と勘違いされて処方された薬のおかげです。

今までも皮膚科で診察してもらい他の塗り薬を使用したことはありますが、一時的にかゆみが治まるだけで完治まで至りませんでした。

今回の塗り薬は完璧にかゆみが治まりましたので、試しに逆の眉毛の上をかいてみたら同じようなかゆみが続いたので、2週間欠かさず塗り薬を使い続けたら見事完治しました。

それからは、絶対に顔をかかないようにしているので全くかゆみがなく、20年以上続いた悩みを無事解決することができました。

因みに処方された薬はクロマイP軟膏で、細菌を殺菌したり炎症とかゆみを抑える効果がありますが、長期で使用するとステロイドと同じ副作用がでますので注意してください。

クロマイP軟膏はAmazonから購入可能ですが、素人診断は良くないので可能なら診察を受けて処方してもらいましょう。

皆さんのかゆみが完治するとは言い切れませんが、同じ悩みに苦しむ人の参考になればとおもいます。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*