アフィリエイトで商品を売るのに役立つ本とそうでない本

SEOに強くなる本

仕事をしながら楽に小遣い稼ぎをしようと「ブログ」をはじめる方が多いようですが、現実はとても厳しく商品1個売るのも結構大変です。

書店に行くと、「素人でも稼げる」、「本当に稼げるバカ売れキーワード」、「○ヶ月で○円稼ぐ」、「○○でも月○万円稼げる」など、誰でも簡単に稼げると思わせる本をみかけますが、本当に役立つ本というのはそう多くありません。

アフィリエイトで年3000万稼ぐ人の検索キーワードの法則

どの本も内容に嘘はありませんが、本当に誰でも簡単に稼げるなら、今頃豪邸に住んだり好きな車のMiniを購入しています。

そんな訳で、今回はアフィリエイトで稼ぐことを目的に購入した本で、役に立つ本とそうでない本について紹介します。

最初に直面する問題

アフィリエイトに限らず、ブログをはじめて最初に直面する問題は、記事をいくら書いても簡単にはアクセスしてもらえないという点です。

SEOを強化し検索上位に食い込めればアクセス数が増えますが、検索上位の座は常に猛者に狙われているので、ブログ初心者はある程度ボリュームを増やして対抗するしかありません。

ですが、記事数を50個、100個と増やしても、お金を稼ぐどころかアクセス数を稼げなくて、ほとんどの人が挫折していまいます。

アフィリエイトの本で説明されている通りにすべて実行できれば、ブログ初心者でもアクセス数やお金を稼ぐことができるかもしれませんが、本の内容通りに実行できる初心者は決して多くありません。

ですが、稼げるかどうかは関係ないにしても、ブログで稼ぐためのセオリーを知らないと、スタートラインにも立てないので、1冊くらいは購入して手元に置きましょう。

WEBサイトしくみ・構築・運営がしっかりわかる本

この本を読むことで急激にアクセス数が増えたり、売上が伸びたりすることはありませんが、企業が公開するウェブサイトの運営方法までの流れを説明しています。

ブログを本業レベルでするならもちろん、小遣い稼ぎ程度に考えている人も、仕事となると最低限の知識は必要なので、興味のある方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

正直、この本はビジネス書らしさが全面にでていて面白くないので、いきなり夢のある話から入りたいという方は、こちらの本をおすすめします。

何が真実かわからない

本やインターネットでSEOのことを調べると、被リンクが重要だとか記事の内容が重要だとか、文字数は○文字以上必要だとか、読まれない記事は削除した方が良いだとか、様々な情報が飛び交う状況です。

SEOのことを調べれば調べるほど、真実はどこにあるのかわからなくなりますが、質の良い記事を書いた方が良いというのが共通認識です。

質の良い記事という言葉が抽象的で良くわかりませんが、100文字程度の記事は良い記事とは言えず、1,000文字程度は必要です。

ですが、5,000文字の記事を書いたとしても、全く読まれない記事もあるので、単純に文字数が多ければ良いという問題でもありません。

良い記事という曖昧な表現に惑わされるあまり、自分と他人の記事と比較して質の低い記事と勝手に思い込んで、私の様にむやみに削除してはいけません。

過去の記事を読んで恥ずかしいと思うのは成長を意味するので、余程足かせになるような記事でなければ残しておきましょう。

記事を上手くかけるようになったとしても、それだけではアクセス数を集められるとは限りません。

そこで必要になってくるのが、技術的な方法で検索順位を上げる方法です。

検索上位サイトの法則52

記事内のタグの使い方や、サイト内リンク、ディスクリプションなど、文章力とは違う技術的な知識があるとないとでは差がでてきます。

この本は熟読しなくとも手元に1冊は置いておきたい本です。

記事タイトルは結構重要

ブログ初心者がエキスパート相手に記事の内容で勝つのは難しいかもしれませんが、決して不可能なことではありません。

書き物が好きな人はサイト運営の経験はなくても、コピペのまとめ記事よりも素晴らしい内容の記事を書くことができます。

ですが、どんなに素晴らしい内容でも、ウェブ世界は様々な要因で、まとめサイトの方が検索エンジンの評価が高い場合があります。

文を書く才能がある人でも、検索エンジンの評価で負けてしまうのは良くあることなので、文を書く才能のない人は太刀打ちできないかもしれません。

だからと簡単に諦めるのではなく、人に注目されるような記事のタイトルをつけるように意識しましょう。

文字数が制限されなかで、どれだけセンスのある記事タイトルを付けられるかが勝負となります。

慣れない記事の作成が上達するのは結構な時間がかかりますが、タイトルだけは本を参考にすれば誰でも簡単に良いタイトルを付けることができます。

ブログで稼ぎたなら、いきなり大儲けするための本を買うよりも、キャッチコピーの付け方で参考になる本を購入する方が近道です。

そこでおすすめなのが、キャッチコピーが面白いほどかける「バカ売れキーワード1000」という本で、様々なシーンに合わせたキャッチコピーのサンプルが数多く収録されています。

バカ売れキーワード1000

少しだけ本の内容を紹介すると、特徴、気づき、強調、人気、感情、リアル感、お得感、標的、誘導という9つのカテゴリーのサンプルを222ページにわたり紹介しています。

アフィリエイト系の本を何冊も購入しましたが、あると便利でとても使えると本と実感できました。

今も自慢できるようなブログや記事のタイトルを付けていませんが、ブログを開設した頃はひどいもので、何度もブログや記事のタイトルを変更しました。

記事タイトルの変更はSEO的に良くないと言われるので、この本を購入してタイトル付けで楽してください。

この本に限らず、1,500円程度の投資で楽をできるなら、迷わず購入することをおすすめします。

アクセス数アップと売上は別の話

記事数を増やして窓口を広げることで売れる可能性が高くなりますが、アクセス数が増えたからと売り上げがアップするとは限りません。

例えば、この記事で紹介している商品を即購入して実践しようとする人と、できるだけ安く済ませようと他のサービスで購入しようとする人、やる気はあるけど実践に行動を移せない人など、ひとそれぞれです。

世の中には色んな人がいて、人の収益に厳しい人もいれば、売上に協力してくれる懐の深い人もいますが、人の性格や気質に左右されるような売り方では収入が安定しません。

安定した収益を得るためには、できるだけ多くの人に納得して商品を購入していただけるような記事を書くように心がけましょう。

この記事を読んで、ここで紹介する本を購入する気があるかないか、今の気持ちを客観的にみてみることをおすすめします。

 

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*