地球に優しく手荒れにしくいヤシの実生まれ洗剤キッチンスピカココ

地球環境や次世代のことを考えてエコな食器洗い洗剤を使用してみたものの、泡立ちや洗浄力が悪いだけでなく手肌が荒れるなど散々な思いをしたので、石油系合成界面活性剤の製品に戻したことがあります。

無添加のエコなキッチン用洗剤を使用することは良いことですが、泡立ちや洗浄力が悪いと大量消費につながりますし、肌荒れ防止のために使用したハンドクリームが流れ出ることで自然界へ負荷をかけてしまいます。

今回は、自然環境だけでなく手肌にも優しいと言われるヤシ油由来成分で作られた食器洗い洗剤、キッチンスピカココボトルの泡立ち具合や洗浄能力など、実際に使用してみた感想について紹介します。

エコ洗剤は油汚れと相性が悪い!?

エコな食器洗い洗剤は泡立ちが悪く洗浄力が弱いと言われことがありますが、その原因はスポンジとの相性の他に界面活性剤などの成分や中性などの性質の違いによるものがあります。

例えば、頑固な油汚れを落とすにはアルカリ性が有効ですが、弱酸性や中性洗剤と比べると手が荒れやすくなりますし、逆に肌に優しい弱酸性の洗剤だと洗浄力が落ちる可能性があります。

食器洗い洗剤は液体性質の他にも界面活性剤など洗浄成分が大きく影響するのですが、エコな製品は特に油を多く使う肉料理で使用した食器や調理器具の汚れが落ちにくいと感じることがあります。

キッチンスピカココボトルの食器洗い洗剤も他のエコな中性洗剤と同様に、油が大量に付着した食器や調理器具の洗浄には向いていないので、汚れの性質に合わせて一般的な製品と使い分けをするのがおすすめです。

手荒れしにくい食器洗い洗剤

自然に優しいエコな食器洗い洗剤は石油系よりも肌に優しいイメージがありますが、液体の性質や配合されている成分次第では急激な手荒れを起こすので、製品選びには十分気を付けたいところです。

今回購入したキッチンスピカココボトルは中性洗剤なので、弱酸性の肌に優しい性質とは言えませんが、油分が少ない乾燥した手で使い続けても肌荒れの症状が悪化しないので、成分が良いのだと思います。

ただ、自然環境や人の肌に優しい洗剤のなかには、頑固な油汚れ相手に負けてしまう製品もあるので、時には石油系や界面活性剤配合が高い物と使い分けるなどの工夫をしてみてください。

因みに、食器洗いや洗濯など家事をすることで起きる肌荒れを主婦湿疹と言いますが、今や夫婦共働きが当たり前で性別関係なく料理や子育てをするのが当たり前の時代なので、呼び方を変えた方が良さそうです。

野菜や果物が洗える!?

日本のスーパーで売られている野菜や果物は見た目が良いので、洗剤で洗うという発想がありませんでしたが、大昔にアルバイトをしていた飲食店では必ず洗浄するように指導されていました。

その飲食店では、表面に付着した農薬を洗い流したり、艶を出して新鮮にみせるために野菜や果物を洗浄していましたが、使用するのは普通の食器洗い洗剤で驚いたのを今でも覚えています。

海外の野菜や果物は農薬の濃度が高いので洗剤で洗い流すと聞いたことがありますが、実は見た目が重要視される日本でも多くの薬品が使われているとのことなので、子供が食べる物は丁寧に洗浄することにしました。

ただ、アルバイトをしていた飲食店と同じように一般的な石油系洗剤を使うのではなく、天然成分で作られたキッチンスピカココの台所洗剤を水で薄めて丁寧に洗うようにしています。

一度は試してもらいたい洗剤

ヤシの実から生まれたキッチンスピカココは、肉料理など多くの油が付着した食器や調理器具を洗うのはやや苦手ですが、煮物料理やお茶碗などの落としやすい汚れや野菜と果物に付着した薬品を落とすの使えます。

自然環境と人に優しいエコな洗剤だからと大量消費していては本末転倒になりかねないので、相性が悪い頑固な油汚れはペーパーで拭うか従来の石油系洗剤と使い分けをするのが良いと思います。

家庭用排水で汚染されていた高度成長期の頃と比べると川の水質も改善されましたが、未だ東京湾の汚染が深刻な状況をみると更なる努力が必要なので、自然に還りやすい洗剤を使うことが重要です。

石油系洗剤を使用した方が食器洗いが楽になることは間違いありませんが、地球や自然は使い捨てではありませんし後世が住みやすい環境を残すためにも、みんながエコを意識する必要があります。

キッチンスピカココボトル 500ml

キッチンスピカココボトル 500ml

284円(09/17 09:29時点)
Amazonの情報を掲載しています
関連記事

後世のことを考えて少しでも自然環境を守りたいという思いから、5年前から天然由来の成分でつくられたエコな食器洗い洗剤を使用しています。初めて購入したエコな食器洗い洗剤は、泡立ちが悪いだけでなく手荒れするので満足度は高くありませんでした[…]