ホームベーカリーの振動で下の階の住人に怒られた時のお話

アパートやマンションなどの集合住宅の生活で、最も気を付けなければならないのが騒音ではないでしょうか。

壁や床が薄い造りの賃貸マンションに住んでいた頃は、ドタバタと走り回る音やテレビの音、ベランダで長電話する声がうるさくてイライラしていたのを覚えています。

今のマンションに移り住んでから隣人のテレビの音は全くしませんし、上の階のこどもが昼間にドタバタ走り回る時くらいしか音がしないので、大分静かな環境だと思います。

我が家には家の中を走り回る人がいないので、騒音で怒られるようなことはないだろうと思っていたのですが、意外な物が原因で怒られる事件がありました。

ホームベーカリーが原因

騒音問題の原因は大流行したホームベーカリーで、昼間に使う分には何も問題ないのですが、朝にホカホカのパンを食べようと午前4時にタイマーをセットしたのが問題となりました。

防音性能の良い分譲マンションといえど朝の4時はとても静かで、パンの材料を混ぜる振動音が意外と大きく、1週間連続して使用していたら怒られてしまいました。

ホームベーカリーを使用していた本人は全く気にすることなく寝ていましたが、周囲の部屋に伝わる振動音は計り知れないものがあるようです。

この様に、自分達が気にしなくても周囲が気にするのが音で、ドタバタ音だけでなく食べ物をペチャクチャ食べたり、指をシュッシュ擦る音は不快でトラブルになりかねないので、日頃から注意したいものです。

今回はマンションでの出来事ですが、一戸建ても無関係ではないばかりか、マンションよりも窓ガラスが多い声や音が伝わりやすいので注意が必要です。

朝にホカホカのパンを食べたい

昼や夜の早い時間に焼いたパンをカットして冷凍しておけば、グリルで加熱するだけで食べることができますが、いまいち充実感がありません。

古いホームベーカリーをお持ちの方は、比較的音が静かと言われているPanasonicのホームベーカリーに買い替えるという方法もありますが、実際に試していないので何ともいえないのが正直なところです。

そこで、本末転倒のような気がしますが、騒音を出さずに朝にどうしてもホカホカのパンを食べていという方は、ホームベーカリーを使わずにレンジやフライパンでパンを作るという方法もあります。

レンジでのパンづくりはホームベーカリーのような自動という訳にはいきませんが、型付きのレシピ本があれば誰でも簡単に挑戦できます。

レンジやフライパンでつくるパンは、ホームベーカリーのふかふかしたパンというよりも、ボリューム感のあるしっかりしたパンという印象でしたが、とても簡単なので是非挑戦してみてください。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*