ビジネスや恋愛を強力にサポートするテプラの使い方と正しい選び方

職場の備品管理や書類の整理に欠かせないラベルプリンターのテプラですが、白地に黒字の文字を印刷するだけの勿体ない使い方をしていませんか。

会社なら必ず一台はあるテプラですが、PCにインストールした専用ソフトを使用するだけで、今までとは一味違うデザインや使い方ができるようになります。

例えば、かわいらしいイラスト入りのラベルを印刷したり、備品を管理するラベルにバーコードを入れてデータベースに登録するだけで、今まで以上に効率よく管理できるようになります。

テプラ本体でも囲みや網掛けなどの装飾をしたり、QRコードを作成することができますが、手間がかかるだけなのでPCとの接続を強くおすすめします。

また、専用のテープを使用すれば、メッセージを入れたオリジナルのリボンを作成したり、LANケーブルに貼り付けるラベルを簡単作ることができます。

そこで今回は、備品管理や資料整理だけでなく色んな用途に使えるテプラの意外と知られていない使い方について紹介します。

※テプラには100mm幅のテープが使えるGrandやコンパクトなLiteがありますが、今回はテプラPROに限定した製品の紹介をします。

PC接続で威力を発揮するテプラ

テプラにはいくつかラインアップがあり、なかにはPCとUSBケーブルで接続し専用のソフトを使用することで、高度に装飾されたラベルの印刷ができる製品もあります。

専用ソフトを使用することで、テプラ本体では利用できない書体したり、好きな位置にイラストを入れたり、バーコードを入れたりと自由度が高くなりますので、デザインにこだわりたい人におすすめです。

デザインが苦手な人におすすめなのは、予め用意された編集可能なラベルカタログで、目的に合わせて選んだデザインを選ぶだけで簡単に印刷することができます。

他にも備品管理や流し込み機能を使えば手入力では時間のかかる備品情報やIPアドレスのラベル作成を高速に処理することができます。

テプラで使えるテープカートリッジの種類

一般的に良く使われるテプラのテープカートリッジと言えば、18mmや24mmなどの幅が違う物や、白地に黒文字や無色透明に黒字のテープカートリッジですが、それ以外にも様々な種類のカートリッジがあります。

例えば、赤地に白文字などのカラーラベル、上質紙ラベル、マスキングテープラベル、蓄光ラベル、アイロン転写ラベル、マグネットテープなど、実に多くの種類のラベルが発売されています。

また、素材の違いだけでなくケーブルのラベルに特化した物や、何度も貼り替える必用のあるラベルをきれいにはがせるテープなど、用途に合わせて使える機能性あるカートリッジもあります。

例えば、LTOなどのテープに貼るラベルがきれいにはがせないとイライラしてしまいますが、きれいにはがせるタイプにしておけばメディアを再利用する時にストレスなく貼り替えることができます。

貼り付けたラベルの内容が変わらないのであれば普通のラベルで十分ですが、テープやHDDなどの内容が変わりやすいメディアはきれいにはがせるタイプがおすすめです。

プライベートでも活躍するテプラ

テプラと言えば事務所の備品を管理するに使われることが多く、あまり自宅やプライベートで使う製品というイメージがありませんが、アイロン転写などのカートリッジは幼稚園や学校に通う子供のいる家庭で大活躍します。

小さな子供の持ち物には名前を入れることが多いのですが、下着や帽子などの布に油性マジックで名前を書くと滲んで読めなくなることがあります。

アイロンで転写するカートリッジには、ラベルがはっきりする布製のアイロンラベルと、文字だけを転写させるアイロン転写テープがありますが、ドライクリーニングにも使えるアイロンラベルがおすすめです。

他にも、テープカートリッジをメッセージが印刷できるりぼんに交換するだけで、大切な人へ贈るプレゼントのリボンにメッセージを入れることもできます。

例えば、本命の人へ贈るバレンタインデーのチョコレート、自分が渡した物がライバルのチョコレートに紛れてしまい、誰からのプレゼントなのか忘れ去られてしまうと残念な気持ちになります。

そんな事故を防ぐためにも、自分の名前とメッセージを印刷したリボンをつけておけば安心ですし、何よりもライバルよりも存在感をアピールすることができます。

ただし、リボンの存在に気づかない鈍感な人や、筆記体が読めない人には効果を発揮しない場合がありますので、チョコレートやプレゼントを渡す相手の事を良く分析してから実効してください。

こちらはリボンが結べずに巻いただけという不器用さが露呈した写真ですが、きちんとリボンを結べれば素敵なプレゼントになること間違いありません。

オリジナルメッセージ入りのリボンは、何も誕生日やクリスマスのプレゼント、バレンタインデーのチョコレートだけでなく、お得意様へ贈るギフトなどにも使えます。

社名やメッセージ入りのリボンでギフトを贈れば、好感度が上がるだけでなく、商談時の話題にもなりますので是非活用してみてください。

リボンの結び方はYoutubeに動画が公開されていますので、是非参考にしながら挑戦して欲しいのですが、ひとつだけ注意点があります。

メッセージ入りのオリジナルリボンが、必ずしも良い結果をもたらしてくれるとは限りませんので、その点を理解した上でご利用ください。

また、年に一度のバレンタインデーのためにテプラを買うのは勿体ないからと、職場や学校の備品を使用すると同僚や同級生のライバルにばれてしまう恐れがあります。

バレンタイン前に大きな出費になるかもしれませんが、テプラは家庭内の書類の整理や勉強など沢山の使い道があるので、様々な理由付けをして家族に購入してもらいましょう。

仕事で使うおすすめのテプラ

テプラPROには10種類を越える製品があるので、どれを選べば良いのかわからないという人のために、製品選びで失敗しないためのポイントをいくつか紹介します。

まず最初に考えなければならないのが、どの様なシーンで利用するかを良く考えた上で、テープの幅や種類に対応した製品を選ぶのが何よりも大切です。

例えば、できるだけ大きく備品管理のラベルやQRコードの印刷をしたいのに、36mmのラベルに対応した本体の価格が高いからと、24mmや18mmのタイプを選んでしまい後悔してしまうなんてことがあるかもしれません。

テープ幅が広い物ほど価格が高くなるので気持ちは理解できますが、本来の目的を忘れて価格だけで製品を選んでしまうと失敗するという典型的な例です。

その他には、パソコンとテプラを接続してラベルのデザインをしたいのであれば、使用しているパソコンのOSに対応しているのかも確認してください。

少し安く買えることを考えるとSR530を選びたくなりますが、こちらの製品はMac OSには対応しておらずWindowsのみで利用ができます。

また、MacOS用とWindows用のラベル作成ソフトは全く種類が違うもので、基本的に同じことができる物の若干Windows版の方が高機能です。

テプラをMacOSのプリンタとして認識させればアプリケーションからの出力が可能な様ですが、手軽にラベルを作ることを考えるとWindowsの方がややおすすめです。

MacとWindowsに両対応しているテプラには、SR970、SR750、SR670などがありあすが、24mmまでのテープ幅で良ければSR670、36mm対応であればSR970がおすすめです。

両製品は高速で印刷が可能な上に、ハーフカットやオートトリマーに対応しているので、仕事で頻繁に使うのであれば断然おすすめです。

家庭で使うおすすめのテプラ

職場で利用するタイプのテプラは事務所に置くことを前提にしてデザインされているので、会社での利用するなら何の違和感もありません。

ただ、高機能だからと同じタイプのテプラを自宅用に購入してみると、可愛さを微塵とも感じさせない事務的なデザインに後悔してしまうかもしれません。

テプラとマスキングテープラベルなどの特殊なカートリッジを組み合わせれば、自分の持ち物をおしゃれに装飾することができるのに、肝心のテプラ本体が会社向けのデザインだと友達に自慢することもできません。

そこでおすすめなのが、ファスナーで開け閉めのできるエンボス加工された縫製カバーと、本体がかわいらしいコーラルピンクでデザインされた女性向けのテプラPRO SR-GL2です。

電池でも利用できるテプラPRO SR-GL2なら、おしゃれなカバーにテプラを入れて持ち運びができるので、友達と一緒にかわいいラベルやオリジナルのリボンを作ることができます。

こちらは上位版のようにPCに接続してラベルをカスタマイズして印刷することはできませんが、他の製品と違いかわいらしいデザインのフォントや、かわいい絵文字やフレームが搭載されています。

SR-GL1とSR-GL2の違いは搭載されているフォントで、使える書体の数はどちらも8種類と同じですが、SR-GL1で使える漢字が1書体なのに対し、SR-GL2は3書体使えます。

いずれにせよPCの書体がそのまま使えるタイプの製品と比べてしまうと、書体の数に不満を感じてしまうかもしれませんが、その分を豊富な絵文字とフレームでカバーしています。

他にも子供やマニアが喜ぶリラックマのテプラや、家庭向けのシンプルなデザインの製品もありますが、書体の数の少なさを考えると、SR-GL2が断然おすすめです。

今回の内容は以上となりますが、テプラはアイデアとラベルカートリッジ次第で使い方が無限大に広がる製品なので、職場だけでなくプライベートでもどんどん活用してみてください。



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*