絵本の読み聞かせに使えるかわいくて安全なLEDライトの紹介

最近のベビーグッズはどれもかわいい物ばかりで、つい見た目重視で選んでしまいますが、夜の授乳や絵本の読み聞かせに使うライトは、使い勝手を考慮した上で製品を選ぶのが重要です。

これから産まれてくる子供のために、赤ちゃんが喜んでくれるかわいいベビーグッズを買いたいと思うのが親心というものですが、かわいいだけで製品を選んでしまうと失敗してしまいます。

ただ、Panasonicの球ランタンや無印良品のLEDライトの様に、かわいさとは無縁の使い勝手だけで製品を選んでしまうのも面白くないのも事実です。

そこで今回は、授乳や絵本の読み聞かせに使える数あるLEDライトのなかから、かわいくて使いやすいiSiLERのLEDライトについて紹介します。

夜の育児に灯りは欠かせない

赤ちゃんが産まれてから半年は順調に成長しているか判断するために、授乳やオムツ替えなどの事が起きる度に記録を付けるので、夜の育児に灯りは必要です。

特に新生児は胃の形が徳利型をしているので頻繁に母乳やミルクを吐くので着替えさせたり、お尻の肌が荒れないようにオムツを頻繁に交換しなければなりません。

何かをする度に部屋の電気を付けていては赤ちゃんが驚いて泣いてしまいますし、強い光は睡眠の妨げになるので手元に置いても安全なライトを用意するのがおすすめです。

産まれたばかりの赤ちゃんは身動きできないので、今ある白熱電球のライトでも安全だと思う人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

子供の成長はとても早く半年もしないうちに寝返りやズリバイができる様になるので、大切な赤ちゃんがライトに触れても火傷しないLEDタイプの製品ががおすすめです。

かわいい影絵が浮かび上がる

今回紹介するiSiLERのLEDライトは、ランプを灯すとかわいいイラストの影絵が浮かび上がるので、授乳やオムツ替え用のライトとして売れている人気製品です。

iSiLERの製品にはアロマ加湿器やファンヒーターなどもありますが、どれも独特のデザインで人気高い製品ばかりです。

こちらはLEDライトの本体で、シリコン製ドームカバーを手で触れることで、ライトを点灯したりモードを切り替えるという仕組みです。

本体に触れたのをセンサーが感知するのではなく、触れた時の振動に反応するらしく、近くを歩いただけの軽い揺れにも反応します。

こちらはLEDライトの底面ですが、電源オン・オフ・スリープモードを切り替えるスイッチの他に、充電に使用する専用ケーブルを差し込む口があります。

充電中はドーム型のシリコンカバーが赤く点灯し、充電が完了すると緑色に変化するのですが、スイッチがOFFの状態でも点灯します。

こちらの写真は暗い弱モードのライトを撮影したものですが、カメラやスマホのレンズ越しに覗くと点滅を繰り返しているのがわかりました。

ライトを直視しても眩しくない丁度良い明るさですが、目が疲れる恐れがあるので長時間の利用を避けるか、明るい強モードで利用するのをおすすめします。

授乳や絵本の読み聞かせにおすすめなLEDライトを紹介しているサイトがいくつもありますが、実際に製品を使用したレビューは多くありませんので惑わされないように注意してください。

こちらは明るい強モードで使用した時に撮影した物ですが、このモードではスマホのカメラでライトを覗いても画面が乱れませんでしたので、目の疲れは少ないのではないかと思います。

我が家には他にもLEDライトがありますが、こちらの製品はシリコンカバー内にセットされたかわいいイラストが浮き上がるので、絵本の読み聞かせの時に使用しています。

明るいモードは光を照らす範囲が広いので、絵本の読み聞かせやオムツの交換だけでなく、停電時の非常灯としても使うことができそうです。

色が変化するLEDライト

iSiLERのLEDライトのシリコンカバーを3回触れると次々と色が変化するモードがあるのですが、原色に近い色で発光して落ち着かないので普段は使用していません。

子供は原色で光るLEDライトの変化を喜んでいますが、安らぎを必要とする我が家の大人には不評な色ですし、色を固定できないのもいまいちです。

基本的に夜の育児で使うことを想定して購入した物なので普通に使えれば問題ないのですが、かわいい製品なだけにやや勿体ない気がします。

製品の説明には約2.5時間充電すれば15時間連続稼働可能とありますが、実際に使用してみると充電が切れるのは少し早い気がしますが、気になるレベルではありません。

新生児の育児にはあまり向かない

iSiLERのかわいいLEDライトは、夜の授乳やオムツ替えにおすすめな商品として他のサイトで紹介されていますが、実際にで使用しみると新生児の育児には向いていないことがわかります。

かわいいという意味では確かに赤ちゃんや子供向けの製品ではありますが、軽い振動に反応して点灯したりモードが切り替わるこの製品は、寝た子を起こしてしまう恐れがあります。

特に眠りの浅い新生児は少しの変化も敏感に察知して起きてしまうので、僅かな振動でセンサーが反応してしまうこのライトに驚いて泣いてしまうこともあります。

新生児の育児の現場で必要なライトは、授乳やオムツ替えの時にスポットで照らすことのできるパナソニックの球電球の様な製品であり、据え置きで使うタイプのこの製品は新生児の育児にはあまり向いていません。

このかわいらしいライトが大活躍するのは、授乳やオムツ替えの回数が少なくなる1歳前後で、布団に入る前に座りながら絵本の読み聞かせる時にあると便利です。

かわいらしいデザインなので子供が喜ぶのは間違いありませんし、充電式で電池を飲み込む心配もないので、絵本の読み聞かせをする時に使うライトとしておすすめします。

夜の授乳やオムツ交換に最適なパナソニックのLED球ランタン

2016.09.23



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*