コップにかぶせるだけで飲み物がこぼれない便利なビタットマグ

お水やジュースを飲もうとした瞬間、コップを倒してしまい親に怒られている子供の姿をファミレスでみかけましたが、これは子供が悪い訳ではありません。

1歳前後の子供は飲み物を飲むのに夢中で、水やジュースをこぼさないようしようとする意識はありませんし、時にはコップを意図的に倒したり手を入れて水遊びを始める時もあります。

小さな子供は水やジュースをこぼしてしまうことに怒るよりも、起こる可能性の高い出来事に対して対処する方法を考えた方が賢明です。

そこで今回は、ファミリーレストランやフードコートなどのコップにかぶせるだけで水やジュースがこぼれないビタットマグについて紹介します。

子供の目線で考えてみる

子供がコップを落とさないようにテーブルの奥にコップを置くことがありますが、体を前に傾けないと取れない位置にあるコップは倒れる確率が高くなります。

子供がコップを倒さないように配慮したつもりが、実は大人がコップを倒しやすい状況にしているのですが、忙しい育児で気が回らないと気が付かないものです。

ガラス製のコップ落としたら割れてしまいますし、指先だけでは重くて支えられない時があるので、プラスチック製の軽いコップがあれば使うようにしてください。

小さな子供はコップを倒してしまう前提で考え対策すれば、理不尽に子供が怒られることもありませんし、大人も不要なストレスを溜めずに済みます。

ただ、全てのお店に子供用のコップがあるとは限りませんし、大人でも不注意で倒してしまうことはあるので、どんなグラスにでも被せて使えるビタットマグがあると便利です。

このBitatto Mugはシリコン製で柔らかく伸びるので、ファミリーレストランやフードコートなどにある口径7cm~10cmまでのコップに使用できます。

フタをした状態で上から押すとストローからお水が出てしまいますが、コップを倒してテーブルの上や服が水浸しになるのを防ぐことができるので我が家では大変重宝しています。

月齢6か月にもなるとストローでお水を飲めるようになりますが、まだまだ吸う力は弱いのでBitatto Mugのフタを軽く押して飲む練習をすることもできます。

Bitatto Mugは、オフィスで飲み物を飲んだり風邪などで寝ていなければならない時にも使えるので、子供だけでなく大人も使えて大変便利です。

Bitatto Mugにはシリコンカバー単体で売られている物と、Bitatto Mug専用ケースとシリコンストローがセットの物があるのですが、お出かけ先で使うならケースは必須です。

Bitatto Mugに付属しているストローは正直使いにくいので、細くて先の曲がる袋入りのストローをセットで何本か購入し使用しています。

また、Bitatto Mugを落として汚した時のことを考えてケースなしの物を追加で購入したのですが、素材がシリコン製なので同じケースに収納することもできます。

Bitatto Mugで皆が幸せに

家の中でお水をこぼすならまだしも、ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどの出先でジュース入りのコップを倒した日には、服が汚れて貴重な1日が台無しになります。

折角の楽しい家族とのお出かけが台無しにならないように、子供に無茶な躾をするよりもビタットマグを使用して、不要なストレスをためないようにするのが大切です。

小さな子供がいると色んな出来事が起きるので何かと大変ですが、少しの工夫で未然に防ぐことができることもあるので、皆さんもビタットマグを試してみてはいかがでしょうか。



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*