お風呂のカビを防ぐ最強のバイオ製品はどれなのか試してみた

お風呂を使用した後に窓を開けて換気しても黒いカビが発生してしいますが、カビに気が付いた時は既にお風呂場全体に繁殖していて、呼吸することで菌を肺の中に吸い込んでいることになります。

風呂場に繁殖するカビは大人でも体の健康に影響がでるくらい有害なので、小さな子供がいるご家庭ではカビが繁殖する前に掃除をして、小児喘息やアトピー性皮膚炎にならないようにしたいものです。

ただ、言葉で言うのは簡単ですが仕事が忙しくてシャワーだけでお風呂を済ませてしまう忙しい人や、子育てが忙しくて眠る時間さえあまりない人がお風呂場の湿気を気にして毎日掃除できる訳がありません。

そこで今回は、忙しい現代人の代わりにバイオの力でお風呂場をカビの繁殖から守るグッズのなかから、実際に使用して効果の高いと感じられた最強の製品について紹介します。

※海外製を含め他にも多数の類似品を使用してみましたが、防カビ効果がイマイチな製品については名誉のため、ここでは具体的に紹介しないようにします。

バイオの力でお風呂のカビを防ぐ製品とは

お風呂場のカビを除去するにはカビキラーなどの塩素系洗剤を使用しますが、これらの洗剤は臭いが全身に付着するくらい強いですし、衣類や肌に付着した場合はきれいに洗い流さなければなりません。

また、塩素系洗剤は酢やクエン酸などの酸性の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生する危険があるので、これらの知識がない子供がいる家庭では極力使用したくないものです。

その点、バイオの力でお風呂のカビを防ぐ製品は天井や壁に貼るだけで、洗剤を使用したお掃除をすることなくカビが繁殖をするのを防いでくれるので、とても安全で楽な製品です。

バイオの力でも泡や垢などの汚れは落とせないのでお風呂上がりにシャワーで洗い流す必要はありますが、毎月塩素系洗剤をスプレーしたりスポンジで掃除する必要がないことを考えると、現代人におすすめです。

掃除は安全管理や予防接種と同じで、汚れた物をきれいに掃除することを考えるよりも、汚れない工夫をした方が遥かに手入れが楽になるので、カビが繁殖する前にバイオ製品の使用をおすすめします。

因みに、どんな製品にも共通して言えることですが、既に発生したカビを消滅させることはできませんので、バスルーム用のバイオグッズを使用する前に必ずカビキラーできれいにカビを落としてから使用してください。

お風呂のカビを防ぐ最強のバイオ製品

今まで様々なお風呂のカビを防ぐ製品を使用してきましたが、一番使い勝手が良くて防カビ効果のある製品と言えば、バイオラボのウォールステッカーバス浴室用でした。

バイオラボのウォールステッカーバスは、他の製品と比べて倍の値段がするので割高に感じてしまいますが、他の製品は2個使用しないと力不足を感じるので価格的なデメリットはありません。

バイオラボのウォールステッカーバスをおすすめする理由は、カビを防ぐ効果が他社製品よりも高いというのが一番の理由ですが、他にもプロダクトデザインが洗練されている点です。

お風呂のカビにバイオのチカラという製品も、他の製品と比べて防カビ効果が高いので決して悪くないのですが、デザインの古さを感じてしまうのが難点です。

バイオラボのウォールステッカーバスの存在を知らなければ今でもこの製品を使い続けていたと思いますが、無機質な物体をお風呂場の天井に貼り付けるよりもアクアなデザイン製品を選んでしまいます。

また、お風呂のカビにバイオのチカラは天井に貼り付けた粘着シールがきれいに剥がれずに、ガムテープで剥がしたりドライヤーで熱して剥がすなど、かなり面倒な作業が発生します。

その点、バイオラボのウォールステッカーバスは、貼り付けてから半年経過した後もきれいにシールを剥がすことができますし、シール自体も海の生き物なのでバスルームがオシャレになります。

癒しの空間となるバスルームに貼る製品は素敵なデザインの製品にこだわりたいですし、子供も喜ぶのでバイオラボのウォールステッカーバスを選んで大正解でした。

バイオラボのウォールステッカーバスは最強クラスの防カビ効果のある製品なので、我が家では何度もリピートしていますが、古い製品は剥がさないで使用するのがおすすめです。

バイオが生活している古い本体は剥がしても構いませんが、古いシールを剥がさないで利用することで複数の色が混じり、バスルームがより華やかになります。

おすすめはピンクとグレーの組み合わせなのですが、大人が海の生き物のシールを貼ると規則性が出てしまい面白みに欠けるので、子供に好きな場所に貼ってもらうのが一番です。

バイオラボ ウォールステッカー バス ジンベイザメ

バイオラボ ウォールステッカー バス ジンベイザメ

1,944円(11/14 01:26時点)
Amazonの情報を掲載しています



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*