屋内巨大ジャングルジムが人気のグロースリンクかちどき体験談

東京都中央区勝どき駅近くにあるグロースリンクかちどきのプレイホールには、小さな子供が雨の日や真夏日でも安心して遊ぶことのできる、ロープでできた巨大なジャングルジムがあります。

勝どきに行くまでは下町というイメージがありましたが、今やタワーマンションやオフィスビルが立ち並ぶ日本有数のコンクリートジャングルで、朝の通勤ラッシュは相当込み合います。

グロースリンクかちどきに集まる人は地元で暮らすセレブな方が多いので、朝のラッシュを気にする人はいないと思いますが、遠方から来られる方は電車の朝夕の通勤ラッシュに注意してください。

また、勝どきに住んでいる人や勤めている人でなければ、小さな子供を連れて食べられるお店を探すのはやや難しいので、月島駅周辺を調査するか知り合いに紹介してもらうのが良いでしょう。

そんな勝どきに子供が遊ぶ場所があるとは思いませんでしたが、駅の近くには月島第二児童公園という少し大きな公園がありますし、雨や炎天下でも遊べるグロースリンクかちどきという施設があります。

グロースリンクかちどきのプレイホールで遊ぶには

グロースリンクのプレイホールを利用するには会員登録が必要で、WEBで申し込む場合は税込3,000円を支払い、受付で直截受付をする時は3,500円の支払いをする必要があります。

今回は急遽グロースリンクへ遊びに行くことになりましたので、事前にWEBで申し込まず現地で登録を済ませようとしようとしたのですが、受付でPC画面を開いて登録することになりました。

幸いなことに今回は何かのキャンペーンなのか登録料が半額の1,500円で済んだのですが、グロースリンクのプレイホールは次回利用時から無料で更新料も発生しないという謎の料金体系なのが驚きです。

グロースリンクは社会問題解決集団であるNPO法人フローレンスが展開する事業のひとつで、子ども達の笑い声が小川のせせらぎのように聞こえる場を造りたいという思いから、この様な料金体系にしているのかもしれません。

プレイルームの営業時間は、月曜日は午前11時~午後3時まで、火曜日から土曜日は午前10時~午後5時までですが、貸し切りなどで営業時間が変更される場合があるので、事前に公式サイトでのチェックが重要です。

土曜日祝日は大変混雑するので利用時間が2時間に制限されますが、平日でも13時から小学生の入場が可能となりますので、乳幼児を連れて遊びに行く方は平日の午前中までに施設に入ることをおすすめします。

グロースリンクかちどきのルール

グロースリンクかちどきで遊ぶ時は全員が靴下の着用を義務付けられているので、普段から裸足の人は靴下を忘れないで欲しいのですが、勝どき駅周辺のコンビニや施設内でも販売しています。

施設内の遊ぶエリアで飲食するのは禁止されていますが、一部エリアではご飯を食べたり飲み物を飲むことができるので、軽い食事ができるようにオニギリやオヤツを持参すると良いでしょう。

グロースリンクかちどきはとても混雑するので、休憩エリアから食み出てケーキを頬張る勝どきママもいますが、地域外から遊びに来た人達は決してそんなことをしてはいけません。

他にも、巨大ジャングルジムの上まで行けるスロープで走るのは禁止されていたりと、普通の公園とは違う安全を考慮したルールがいくつかあるので、子供と一緒に遊びながらルールを教えられない人には向いていません。

グロースリンクかちどきはディズニーランドなどの有料レジャー施設とは違い、勝どきに住むママ友達が集う場所ということを予め認識した上で、遊びに行かれた方が良いでしょう。

プレイホールの紹介

グロースリンクかちどきには、ロープでできた巨大なジャングルジムがあるプレイホールの他に、ワークショップや映画上映会などに使える多目的室、レンタルガーデンや水遊びなどの外遊びができるエリアがあります。

他にもマナViva!という子供だけでなく大人でも参加できる習い事の教室があるのですが、今回は玩具が充実した屋内の遊び場プレイホールに行きましたので、その内容を中心に紹介します。

プレイホールにはロープでできた巨大ジャングルジムと2階の高さからグルグル落ちるすべり台があるのですが、落下速度がとても速いので一緒に滑り落ちた1歳の娘の顔は強張っていました。

すべり台の下は遊び場なので出口付近で子供が遊んでいないか確認することが何よりも重要ですが、ジャングルジムの上から出口付近の様子はあまり良く見えないので誰かが下から合図をすると安心です。

小さな子供を1階エリアで遊ばせる時は、絶対にすべり台出口付近に近づかないようにしたいものですが、玩具のキッチンがあるので女の子の子供がいる方は激しく衝突されないように気を付けてください。

ジャングルジムは坂のスロープをグルグル歩いて行けば3階の高さまで登ることができるので、小さなお子さんを連れている方は必ず手をつないで歩くようにしてください。

スロープ内は原則走ることが禁止されていますが、大きな子供のなかにはルールを無視して終始走り回る子や人の子を手で押しのけてくるので、小さなこを遊ばせるならら午前中がおすすめです。

プレイホールには、他にもキッチンなどの大きな玩具や、フローリングを傷つけるので家では遊ばせられない乗用玩具があるので、普段遊べない玩具に子供たちは大喜びしています。

育児に対する意識の高い勝どきママ達の子供たちは、人の子が遊んでいる物を奪い取ろうとする子が少ないですし、子供から目を離して完全放置している親が少ないのが幸いです。

毎週木曜日には、コーネルでお馴染みの粘土クリエイターおちゃっぴの粘土教室があるのですが、その教室に参加する子供たちの目はとても真剣でみんな一生懸命粘土作りをしています。

おまけ情報

グロースリンクかちどきには他にもじゃぶじゃぶ池があり夏場は水遊びもできますが、勝どき駅近くにある月島第二自動公園でも無料で遊べる大きな水遊び場があるので、水遊びならそちらをおすすめします。

こちらの水遊び場は、水深が浅いだけでなく床が柔らかい材質でできていているので怪我の心配がありませんし、この水遊び場で遊べるのは小学生未満の子供が対象なので、幼児を安心して遊ばせることができます。

この水遊び場で遊ぶには守らなければならないルールがあり、オムツの取れていない子は水遊び用のパンツ着用が義務付けられていたり、エリア内は必ず裸足にならなければなりません。

この手の無料で遊べる場所にはモラルのない人が殺到しそうですが、ここには日本語が解らないセレブな外国人ママにも動じない監視員が目を光らせているので、ルールを守れない子供や親は遊べません。

グロースリンクかちどきや月島第二児童公園で遊んだ後は食事をしたくなりますが、勝どきに周辺に詳しい友人がいないのであれば、晴海アイランドトリトンスクエアか月島駅周辺のお店をおすすめします。



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*