キックボードにもなる三輪車GLOBBER EVOで子供と一緒に楽々散歩

子供と一緒に近所を散歩していると、車が通らない狭い道で小さな子供と一緒にお母さんが三輪車で遊んでいたのですが、その光景をみてから我が家では絶対に普通の三輪車を買うまいと心に誓いました。

その子はまだ幼いからか脚力が弱く自分の力ではペダルを漕ぐことができないからか、お母さんが腰を低くしながら三輪車の椅子を延々と押していたのですが、その体制がとても辛そうで他人事とは思えないくらい可哀想でした。

おんぶや抱っこなどで腕と膝と腰を痛めながら子育てをしているのに、更に足腰に負荷をかけてしまう三輪車や足蹴り乗用玩具を買う事は、いくら子供のためとは言え何としても避けなければならないと強く思いました。

安全で腰が痛くならないGLOBBER EVOを購入

乗用玩具には乗りながら遊ぶタイプや手で押しながら遊ぶタイプなどの種類があり多くの製品がありますが、そのなかから子供が安全なのはもちろん大人も楽に押しながら子供と楽しく散歩ができるGLOBBER EVO COMFORTを購入しました。

GLOBBERにはELITE LIGHTやPRIMO PLUSなどいくつか種類があるのですが、今回購入したのは三輪車のように座りながら乗るだけでなくキックボードにもなるGLOBBER EVO COMFORTを選びました。

GLOBBER EVO COMFORTには三輪車のようなペダルはありませんが、脚けり乗用玩具と同じで自分の足で蹴りながら進むことができるだけでなく、大人の腰辺りまで高さが調整可能なサポートハンドルを押せば楽に押すことができます。

三輪車は自転車と違い重いペダルを一生懸命漕いでも惰性走行が続かないので苦労した割に楽しくありませんが、GLOBBER EVO COMFORTなら足で地面を蹴るだけで簡単に進むので、長時間楽しく遊ばせることができます。

公道でGLOBBER EVOに乗る時は安全面を考えてサポートハンドルを押しながら一緒に散歩する時だけに使用していますが、スピードを出しながら小さな坂を進んだり車の通りが少ない道をランニングしたりと割とハードな使い方をしています。

大人のランニング速度でGLOBBER EVO CONFORTを走らせられるのは、進行方向の操作は子供任せでなく基本的にサポートハンドルになるので、急激な進路変更による思わぬアクシデントなどは発生しません。

GLOBBER EVO CONFORTを購入したお店では、右折や左折をする時はサポートハンドルを持ち上げなければならないので、ライドオン・スタイルでは基本的に直進のみで曲がる時は後輪を落ち上げる必要があると説明をされました。

しかし、実際にGLOBBER EVO CONFORTを購入し子供を乗せて散歩してみたところ、サポートハンドルを傾ければ緩やかな角度で進行方向を変えることができるので、直角に曲がる時以外は後輪を持ち上げなる必要はありません。

このGLOBBERは月齢12か月から使用できるようですが、ヘルメットを被せたりハンドルを握らせることを考えると、きちんとした乗り方を説明して理解できる1歳6か月くらいからがおすすめです。

遊ぶ時に気を付けたいこと

GLOBBERに乗る時に気を付けて欲しいのは、ヘルメット着用はもちろんのことですが必ず靴を履かせるようにするのと、交通量の多い場所ではライドオン・スタイルでも乗らないことです。

昨今大量発生しているスマートスマートフォンを操作しながらの自転車走行により、歩道は安全という神話は既に崩れ落ちているので交通量の少ない広い道路か、公園で遊ぶことをおすすめします。

最近はベビーカーに乗るのを嫌がることが増えて抱っこする回数がかなり増えたので、我が家では近くの図書館や公園に行く時は必ずGLOBBER EVO COMFORTに乗せるようにしています。

涼しい時は子供をGLOBBERに乗せながらランニングしたり、黄昏時に徒歩では移動できない距離を散歩に使えたりと、子供だけでなく親も楽しめるアイテムなので大変満足しています。

今は1歳なのでキックボードとして使うことはできませんが、3歳にもなればシートを外してスクータースタイルにして遊ぶことができるので、子供の成長に合わせて買い替える必要がないのが嬉しいポイントです。

GLOBBER グロッバー EVO COMFORT (グリーン) WLGB458106

GLOBBER グロッバー EVO COMFORT (グリーン) WLGB458106

13,911円(09/20 16:19時点)
Amazonの情報を掲載しています



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*