煙草や加齢が原因ではない!?長引く咳の原因は咳喘息の可能性も

加齢による免疫力の低下や、子供から感染した病気は治りにくいと言う都市伝説的な情報を真に受けて、風邪だからと病院に行かずに数日間で自然回復するのを期待しましたが、咳が5日以上経過しても収まる気配がありません。

20代の頃にインフルエンザを自力で治そうと病院に行かずに自宅で1週間寝込んでいたところ、40℃の熱が続いたことで肺炎寸前にまで悪化し、ドクターに叱られたことがります。

自分自身は煙草を一切吸いませんが、父親が肺気腫で苦しんだのを長年見てきたので、どうしても肺や呼吸器系のトラブルには敏感になり、病院に行くのが怖くなります。

ただ、流石に40代にもなると我慢したり無理するのは無意味なことだと理解できているので、重い腰を上げて家の近くにある呼吸器の専門医がいる病院へ行くことにしました。

咳で家族に迷惑をかける

昼間よりも夜の方が発作的に咳がでることが多いので、自分自身が熟睡できない辛さもありますが、家族に迷惑をかける訳にもいかないのでしばらくは一人で寝る日々が続きました。

ひとりで寝られる方が音を出してYoutubeの動画をみたりできるので、時々ならひとりになるのも悪くありませんが、やはり寝るときは家族全員で寝た方が良いと思います。

2歳の子供と遊んでいる時も咄嗟に咳がでることがあるので常時マスクをしたり、バルコニーに出て咳をするようにしていますが、正直なところ面倒くさくて仕方がありません。

咳がなかなかとまらなくて少し苦しさを感じる不安、マスクを常時したりバルコニーに出て咳をする手間や、咳で寝られない辛さや家族に迷惑をかけていることを考えると、早急に病院へ行くことにしました。

長引く咳は咳喘息!?

今回は、呼吸器系に詳しいドクターのいる病院を紹介されて診察を受けたのですが、腕は確かかもしれませんが少し雑なところが気になる先生で、頼りにして良いのか少し不安です。

過去に、知人に紹介された評判の高い病院で、皮膚科の先生なら誰でもわかる帯状疱疹を雑菌と診断されたことがあるので、初めて診察を受ける病院はどうしても緊張してしまいます。

まずは診察を受けて、肺のレントゲン撮影と肺活量や吐いた息のアレルギー反応を機器で調べた結果が出るのを待つことになりましたが、それまでに咳喘息の可能性について説明してくださいました。

肺気腫は一度なると治ることのない怖い症状ですが、咳喘息の場合は喘息になる前なら半年から1年かけて治療すれば、完治させることのできる病気だと聞いて少し安心しました。

普段問題なくても、風邪を引いた影響でとまらない咳がでたりするのが咳喘息で、そのまま治療せずに放置すると本当の喘息にまで発展するので、きちんと治療を続けることをすすめられました。

1年間病院に通院するのは大変なことですが、それよりも毎日ステロイドの薬を吸引しなければならないことにストレスを感じているので、できるだけ早く完治させたいものです。

咳や息苦しさが続くと感じる時は、専門家の医師に相談した方が治療を遅らせることもありませんし安心できるので、ネット上の情報は参考程度にとどめることをおすすめします。

因みに、今回咳喘息と診断され薬を処方されましたが、アルコール・煙草・コーヒーなどのカフェインの効果が強くなるので、控えるように指導されてしまいました。

咳喘息はアレルギー反応によるものですが、煙草は全く吸いませんしアルコールも子供が産まれる前から飲んでいないので、正直何が原因で咳喘息を発症したのかわかりません。

比較的交通量の多い道路の近くに住んでいるので排気ガスの影響なのか、PM2.5や花粉が影響しているのかわかりませんが、1日1杯飲むのが唯一の楽しみのコーヒーを控えなければならないのが残念でなりません。

甘酒で風邪を引かないは嘘!?

ここからは余談ですが、子供が産まれてからは寝込む訳にはいかないので、テレビで紹介されていた風邪予防のいとつである甘酒を毎日飲んでいましたが、テレビで言う程の効果はありませんでした。

60代の女性が甘酒のおかげで何十年も風邪をひいたことがないと、甘酒を紹介するテレビ番組のインタビューで答えていましたが、医学的根拠はないのではないかと思います。

確かに、甘酒は栄養価の高い飲み物で、腸に吸収されやすいので飲む点滴と言われるのも間違いではないかと思いますが、ウイルスや細菌への感染を完全に防ぐ効果はないのではないかと思います。

もちろん、免疫力が低下していると風邪になりやすいので甘酒で栄養補給をするのは間違いではありませんが、5年以上前から甘酒を飲んでいる経験からすると、テレビで大絶賛する程の効果はなさそうです。

ただ、米麹の甘酒はとても美味しいですし、育児で疲れている体を回復させる効果はあるので、母乳で子供を育てている方に大変おすすめな飲み物であるのには間違いありません。

我が家では、子供が産まれたばかりで寝不足状態が続いていた時は、ジザニアの太陽と水の恵みエキス-32を飲んでいましたが、少し落ち着いた今では米麹の甘酒に戻しました。

ジザニアの太陽と水の恵みエキス-32は、とても栄養価が高く評判の良い飲み物で高価なのですが、飲み続けている間は高熱を2度出したものの翌日には回復しましたので、産後の疲労回復にもおすすめです。

ジザニアの太陽と水の恵みエキス-32から甘酒に切り替えた途端に白髪がもの凄く増えたので、少し経済的な余裕ができたらまた飲み続けてみたいと思う程おすすめの栄養ドリンクです。

今は節約のために米麹の甘酒を飲んでいますが、米麹の甘酒のなかでも特に2歳の我が子が大好きなのは国菊の甘酒で、朝食を食べたがらない時にも飲んでくれるのでとても助かります。

育児疲れや健康のための栄養補給を考えるならジザニアの太陽と水の恵みエキス-32がおすすめで、ジュースばかり飲みたがる子供に飲ませるなら米麹の甘酒が一番のおすすめです。

米麹の甘酒にはアルコールは含まれていませんが、酒粕の甘酒にはアルコールが含まれているので間違わずに購入するのと、小さな子供に飲ませすぎるのだけは注意してください。

国菊 発芽玄米甘酒 720ml
  • 篠崎
  • 価格: ¥ 648
  • 販売者: Amazon.co.jp