記事数を150にしたらアクセス数が増えるのか

blog200記事達成

過去に、記事数を100にしてもアクセスが急激に伸びることはないと書きましたが、今回は記事数が150を超えた時のアクセス数について報告したいと思います。

結論から言うと、急激とは言わないものの150記事に達してから、少しアクセス数が増えましたが正直誤差レベルです。

1日に5記事~10記事アップしているのであれば状況は違うかもしれませんが、3日に1回程度の更新ではアクセス数の激増は望めそうにないようです。

ですが、ネットで散々言われているように記事の質にこだわれば、アクセス数が増える可能性もあるのではないでしょうか。

ブログが200記事を達成したので敗因について考えてみる

2016.02.21

デジタルダスト的な記事は読まれない

記事数としてはまだ少ないですが150個も書いていると、アクセス数を稼いでくれる記事と、全くアクセスされない記事で見事にわかれます。

150記事中、アクセスが安定してある記事はPCネタが多く、自己満足の戯言のような内容は全くアクセスがありません。

ブログを始めた当初は、何を勘違いしたかテーマを決めずに戯言の様なことを適当に書いてアップしていましたが、今考えると誰も読んでくれないのは明白です。

なので、いくら記事を150記事にしたところで、内容が人に読まれるに値するだけの価値がないと、このブログの記事のようなデジタルダストと変わりがないということだと思います。

ただ、質はともかくボリュームも重要な要素のひとつだと思いますので、たまにはデジタルダスト的な内容をアップするのも全くの無駄ではないと思いますが如何でしょうか。

記事数100の次はアクセス数100を目指す

私の様な初心者がブログを始めた頃に決める当面の目標は、記事を100記事にすることだと思いますが、記事数を100にしてもアクセス数が増えなくてモチベーションが続かないという人もいるのではないでしょうか。

目標を持つというのは良いことですが、達成してしまうと心に穴が開いた様に急に虚しくなるものなので、あまり小さな目標は決めない方が良いと思います。

ですが、あまりにも先が見えない大きな目標は挫折する可能性が高いので、目標を立てるなら結局は小さな目標の積み重ねになるのかもしれません。

100記事の目標を達成したら次はアクセス数100を目指し、アクセス数が安定して100を超えるサイトに成長したら、次は200記事、300記事を目指すなど、実現可能な身近な目標を積み重ねるしかないのかもしれません。

それにしても、毎日記事を更新したり一日に記事を5個も10個もアップしている人は、ただ単にスゴイなと思います。

記事の内容を書くのも大変ですが、ネタを考えるのも結構大変だと思います。

記事を書くことを大変だと思っている時点で、まだまだ努力が足りないのだと思う今日この頃です。

本日のデジタルダストは如何でしょうか。

この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す


*