都内のマンションを買うなら都心に近くて住みやすい船堀がおすすめ

東京23区なのにスタバがないと揶揄されることのある江戸川区は、当然ららぽーとや大きなスクリーンの映画館もなく、休日に買い物を楽しむなら区外へ出かけなければなりません。

江戸川区には若者や観光客が集まる人気スポットがないので、不便で田舎の区というイメージがありますが、実は都心から近い割に家賃や分譲マンションの価格が安く意外と住みやすいなと感じます。

ここでいう住みやすさとは、単純に家賃やマンションの価格だけでなく、都心へのアクセスの良さや公園の数が多いなど、子供を育てる環境や通勤時間などを総合的にみてのことです。

西葛西駅、葛西駅周辺も便利で住みやすいのですが、東京メトロ東西線やJR総武線の朝の通勤ラッシュはとても激しいので、電車の混雑なども合わせて考えると都営新宿線が利用できる船堀駅周辺がおすすめです。

そこで今回は、これから江戸川区の住まいをお探しの方のために、他の地域から移り住んで感じた船堀駅周辺の魅力について紹介します。

都心へのアクセスが通勤が楽

船堀は、都営新宿線で秋葉原(岩本町)まで16分、新宿まで36分と都心へのアクセスが抜群に良く、その気になれば徒歩でも新小岩や錦糸町まで歩いていけます。

また、バスを利用すれば葛西臨海公園やディズニーランドにもいけますし、都営新宿線の住吉駅で乗り換えをすれば、東京スカイツリーのある押上や、日本橋まで短時間でいく事ができます。

江戸川区のなかでは、船堀以外に住みやすいと言われているのが葛西と西葛西エリアですが、東西線の通勤ラッシュを考えると若干住みやすいとは言えません。

その点、船堀のある都営新宿線は混雑しているものの、雑誌や本を読むことができる混み具合で、東西線と比べたら楽に通勤ができます。

因みに、船堀周辺に住むのであれば新大橋通り沿いではなく、錦糸町から葛西、新小岩から西葛西方面へ向かうバスが通る船堀街道沿いがおすすめです。

新大橋通り沿いは路線バスが通らないので、葛西臨海公園や無料動物園のある行船公園へ行くには、必ず船堀駅まで行かなければなりません。

その点、船堀街道沿いであればJR総武線や東西線を利用するにも、最寄りのバス停で乗車すれば楽に行くことができるのでおすすめです。

 分譲マンションの価格が低め

都営新宿線船堀駅は、1983年開業と比較的歴史が浅い駅で発展途上にあるためか、日本橋、大手町、秋葉原が近い割に分譲マンションの価格は高くありません。

2010年前後からプラウドやモリモトなどのマンションが建設されるようになり、マンションの平均価格が上昇しましたが、それでも江東区や世田谷区と比べると1千万円以上価格が低く設定されています。

いくらマイナス金利の時代とはいえ6千万円以上の住宅ローンをひとりで返済するのは大変だということを考えると、東京23区でありながら5千万円台で新築マンションが買える地域は多くありません。

江戸川区には京葉線、東西線、都営新宿線、JRの4路線の駅がありますが、江戸川区の中心に位置している船堀は、バスを利用すれば全ての路線が利用できる便利な場所にあります。

そんな東京23区の穴場的な存在ともいえる船堀も、江戸川区役所の移転計画の影響を受けて、新築のマンションや戸建ての価格に影響がでてくるかもしれません。

道が広くて公園や散歩コースが多い

船堀駅周辺の道路は広々していて緑が多く、高い建物が建てられないように制限されているため、駅周辺でも圧迫感がありません。

高いビルが立ち並んでいないことから空の広さを感じることができますし、新川や親水公園、グリーンロードなど自然豊かな散歩コースもあるので、リラックスした気分で通勤することができます。

船堀駅から多少離れてしまいますが、広い公園の宇喜多公園や無料動物園のある行船公園にも歩いていける距離なので、子供を遊ばせる場所に困りません。

バランスが良くて住みやすい

純喫茶や椿珈琲の方が好きなのでスタバがなくても困りませんが、静かに夜のご飯を楽しめるレストランが少ないのが残念です。

駅近くのタワーホール内に結婚式場があり、展望台入口近くにあるレストランなら美味しい洋食を食べられますが、オイスターバーやフレンチを楽しめるお店はありません。

江戸川区役所の移転を見込んでのことかわかりませんが、突如駅の近くにキリンシティがオープンしましたが、居酒屋で飲む人が多いのかあまり混雑していないので、静かに飲みたい人にはおすすめです。

他には、ジョナサン、デニーズ、バーミヤンなどのファミリー層向けのレストランや、ミスド、モスバーガー、マクドナルド、松屋、すき家などのファストフード店があります。

また、ドラッグストアやスーパー、レンタルビデオ店や書店が複数あり、騒がしくもなく寂しくもなく非常にバランスの良い地域です。

個人的に船堀で美味しいと思うのは「とんかつ田」というお店で、青山にある超有名店よりも値段が安い上に味も断然美味しいのでおすすめです。

ホームセンターは葛西か今の区役所近くまで足を運ばなければなりませんが、ダイエーに行けばある程度の揃うので、普通に生活をするだけなら便利なエリアだと思います。

ダイエーと言えば、イオンに買収かれてから徐々に良い品物が陳列されたり、テナントに子供服のバースデーやしまむらが入るなど、徐々に便利になっています。

昔では考えられないエコな洗剤や帝国ホテルのチョコレートが置かれるなど、やや利用者とミスマッチな製品が並んでいる気がしますが、大手ブランドのマンションが建てられてから消費者が変化しているのかもしれません。

船堀と言えばヘアサロンがとても多いのですが、スリジエヘアというダイエー近くにあるお店は、こだわりを感じるとてもリラックスできるお店です。

スタッフも清潔感のあるベテランばかりなので、船堀に引越しされた方でヘアサロンをお探しの方は、スリジエヘアをおすすめします。

テレビでの紹介に違和感を感じる

アド街ック天国などのテレビ番組で何度か紹介されたことのある船堀ですが、長く住み続けている人ほどテレビ放送の内容に違和感を感じるのではないでしょうか。

テレビで放送できる内容に仕上げなければならないとは思いますが、船堀に住んでいる人は金魚や競艇を意識していませんし、下町らしさも特にないごく平凡な街です。

船堀の魅力は、特に目立つ商業施設はないものの、子供向けの音楽教室やゲームセンターなどの娯楽施設もあることや、スーパー、ドラッグストア、書店なども選択できる程の数があり、不自由を感じさせないバランスの良さではないでしょうか。

江戸川区役所移転計画

最後に、区役所移転の話に触れますが、移転の概要は既に発表されてからかなりの時間が流れましたが、未だに具体的な時期についての江戸川区公式発表はないままです。

ただ、2018年には空き家となった都営住宅の土地を江戸川区へ譲渡し、新しく移転する区役所とタワーホール船堀を地下でつなげる計画がいよいよスタートするとの噂を話を聞いたことがあります。

江戸川区役所の移転が船堀にどんな影響を与えるのかはわかりませんが、もしかしたらマンションなどの価格が高騰するかもしれませんし、いかがわしい店が増えて住みにくくなるかもしれません。

ただ、今の時点ではとても住みやすい環境であることは間違いないので、都内で安く住まいをお探しの方は候補のひとつとして考えてみても良いのではないかと思います。

不動産業界では都心からの距離で土地の価格を決めるので、清澄白河の様にお店が少なくても都心に限りなく近いので地価が高騰したりするのですが、船堀のように本当に住みやすいエリアも少し評価されても良いのではないかと思います。



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*