性格や仕事ぶりがわかる面白パスワード

皆さんはパソコンやネットサービスのパスワードにどんなパスワードを設定していますか?

数字のみのパスワードだったり、アルファベットと数字の組み合わせや記号を混ぜたりと、パスワードを考えるのは何かと大変です。

毎日使う会社のパソコンなどのパスワードは入力しやすいものにしたり、忘れないようなものにしたりと工夫も必要になります。

長年社内のシステム管理者をしているのですが、ユーザーが決めたパスワードで印象に残るというか、面白いパスワードを指定される方がいるので、問題にならない範囲でいくつか紹介したいと思います。

全ての人が当てはまる訳ではありませんが、パスワードで性格や仕事ぶりがわかるのではないかと思えるくらい、ユーザーが使用しているパスワードのフレーズと性格がマッチしている場合が結構あります。

例えば、妙に自信のある人が使用するパスワードには、great+名前(greatyamada)、天然系の人が使うパスワードはhappy+名前(happykobayasih)といった感じです。

勘違い系の人は自分のニックネーム+wild(yukkywild)、自分の住んでいる地域をこよなく愛している人は地域名など、パスワードは人の人格が現れるようです。

少し変わった人で100文字以上のパスワードを使用する人がいたのですが、その人はとても仕事ができるというタイプではありませんでした。

1ヶ月同じパスワードを使い続けた事は評価しますが、タイプミスでアカウントをロックしてしまうのが何度もありました。

これも根拠はありませんが、血液型ごとパスワードの傾向を分類すると、A型の人は人に知られても無難なパスワードを設定している事が多く、B型は1000とかqwertyとか簡単なパスワードを使用する傾向があります。

O型はgreatやwildを使用する人が多く、AB型は少し個性的なパスワードを使用している人が多いのですが、会社のPCのパスワードはすぐに決めなければならないものなので、性格がそのまま出てしまうのかもしれません。

効率やセキュリティを考えるとランダムで決めたパスワードを使用してもらうのが良いのですが、ユーザーにパスワードを設定してもらう方が、その人の性格や仕事ぶりがわかるので楽しいです。

最近は、パソコンだけでなくGmailやネット通販などのオンラインサービスのパスワードが増えたので覚えるのが大変です。

安全面を考えると紙に印刷して保管するのが一番ですが使い勝手が悪いので、PCやスマートフォンに保存する人が多くいますが、これはリスクが高いのでおすすめしません。

面倒なパスワード管理のことを調べるとトレンドマイクロのパスワードマネージャーや、キングジムのミルパスなどがあります。

便利さで言うと断然トレンドマイクロですが、クラウドサービスの安全面を考えると、キングジムのパスワードマネージャーミルパスの様な、物理的なデバイスの方が個人的には好きです。



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*