ジザニアの清涼飲料水太陽と水の恵みエキス32を半年飲み続けてみた

寒い季節になると怖いのが風邪やインフルエンザですが、どうしても疲れやストレスが溜まると免疫力が落ちて体調を崩してしまいます。

学校の受験や大切な仕事プロジェクトなど、人生には風邪やインフルエンザにかかるのを避けなければならない時期が何度かありますが、何も策を練らないのは賢いとは言えません。

どんなに疲れていても病気にならない時もあれば、万全な体制で挑んでも体調を崩してしまうことがあるのは世の中の常ですが、大切な時ほど運に頼るようなことをしてはいけません。

そんな人生の大切なイベントを運に頼りたくない人には、太陽と水の恵みエキス-32という清涼飲料水がおすすめです。

主な成分

太陽と水の恵みエキス-32は、あの禿げが改善するシャンプーで有名なジザニアの清涼飲料水で、1本あたり520mlで6,000円以上する代物です。

初めて飲んだ時は、こんなに高い飲み物が存在していたことに驚いたものですが、期待以上の効果があるので毎月飲み続けています。

太陽と水の恵みエキス-32の成分を簡単に説明すると、ビタミン、葉酸、アミノ酸、クエン酸、ロイヤルゼリー、朝鮮人参などの滋養に効く成分の他にも、沢山の体に良いものが多く含まれています。

太陽と水の恵みエキスは、ストレス社会で働く現代人だけでなく、体力を必要とする受験生や育ちざかりのお子さんにもおすすめの清涼飲料水です。

ただし、赤ちゃんの禁忌であるハチミツが成分に含まれているので、絶対に赤ちゃんには飲ませないようにしてください。

産後のケアに

我が家では、出産した妻が消耗した体力の回復と体の修復、風邪やインフルエンザのために、ジザニアの太陽と水の恵みエキス-32を飲んでいます。

飲み方は簡単で、1回20mlを3倍~6倍に水で薄めて飲むのですが、味は滋養強壮剤を薄めた感じで、不味くもなく美味しくもありません。

妻は、11月から飲み始めて1か月に1本のペースで既に6本目を消化しましたが、この間一度も風邪をひいていません。

それに対し、太陽と水の恵みエキス-32を飲んでいない私は、半年間で風邪を3回も引いてしまい、生後3か月の赤ちゃんと接触できない日々が何日も続きました。

もちろん、通勤電車に乗らない妻は風邪にかかるリスクが低いというのもありますが、同じ病院で同じ時期に産まれた赤ちゃんのママ友会メンバーの8割以上が風邪をひいたそうです。

出産で体力を消耗した上に、産後の直後の育児は睡眠時間が極端に減るので、風邪などの病気にかかりやすい状況と言えます。

産後の大変な状況下にある時期に病にかかると、母親の免疫を受け継ぐと言われる赤ちゃんにも感染する恐れがあるので、それを考えると月6,000円の出費は大したことではありません。

太陽と水の恵み エキス-32
  • 株式会社リバーヴ
  • 価格: ¥ 6,048
  • 販売者: わがままもんの店 【店休:日曜・祝日・第1・3土曜は休み】※Amazon発送分は年中無休※