ベビーチェアの王様ストッケトリップトラップを購入してみた

ベビーチェアで人気なのがベビービョルンのスタイリッシュなハイチェアですが、今回はデザインよりも長く使えるという点を重要視して、ストッケのトリップ トラップを購入しました。

値段やデザインだけで選ぶとベビービョルンになりますが、丈夫で長く使えるベビーチェアを求めると、ストッケのトリップ トラップになります。

今回は、生後6か月の娘が離乳食を食べる時に座るベビーチェア、ストッケのトリップ トラップを購入しましたので、レビューを行います。

ベビーチェアは必須

ストッケのベビーチェアを購入する前は、離乳食を食べる時にカリブというダンボに似た椅子に座らせたり、椅子の上で足を組んで離乳食を食べさせていました。

脚の上に座らせて離乳食を食べるのは流石に危ないと思い、暴れて落ちて怪我をする前にベビーチェアを買うことにしました。

最初はどのベビーチェアを選べば良いのかわからず、いくつかのインテリアショップを回りながら、実物に娘を座らせてみましたが、どれも微妙な感じでした。

特に北欧の安い家具を売るショップのレストランにあるベビーチェアは、娘の太い脚に挟まる始末ですし、暴れたら倒れるのが予想できるので絶対におすすめできません。

ストッケのベビーチェアのように、大人でも使えるくらい丈夫である必要はありませんが、せめて小学校3年生くらいまでは使えれば大金を支払う意味がでてきます。

トリップ トラップの良いところ

ベビービョルンのハイチェアが2万5千円なのに対し、今回購入したストッケのベビーチェアはオプション込みで5万7千円以上もします。

値段やデザインだけでみると、ベビービョルンのハイチェアの方が魅力的に見えますが、ストッケのベビーチェアは10歳くらいまで長く使えるのと、とても安定しています。

ベビービョルンのハイチェアは3歳くらいまで使えるようですが、子供の体型に合わせて調整がきかないので、ネット通販のレビューにもあるように実際には使える期間はもう少し短くなりそうです。

ベビービョルンは好きなメーカーなので甘く判定したいところですが、ストッケのトリップ トラップは高価なだけに、長く使える仕組みや座り心地を考えたオプションもあります。

ストッケ トリップ トラップも公式サイトでは対象年齢が36ヶ月とされていますが、正規販売代理店では大人でも座れるし、10歳くらいまでなら普通に使えると説明していました。

オプションのクッションを購入すれば、椅子の冷たさや硬さを感じませんし、気分に合わせてクッションの柄を変えることもできます。

また、ベビービョルンのハイチェアは、ベビーチェアの上に立ち上がらないようにテーブルで体をガッチリ固定するので赤ちゃんが窮屈になります。

それに対しストッケのトリップ トラップは、赤ちゃんを優しく固定できるオプションのハーネスがあるので、テーブルで体を圧迫することはありません。

更に、ベビービョルンのハイチェアは足の高さが固定なのに対し、ストッケのトリップ トラップは子供の成長に合わせて高さの調整ができます。

写真は足の高さ調整をしていないストッケのトリップ トラップですが、どんな椅子も座るときに足の裏が台につくようにし膝の角度が90度になるのが理想です。

足を乗せる台の位置が固定だと成長するにつれて座りにくくなりますので、ストッケのように高さ調整のできる椅子の方が長く使えるのです。

組み立てはとても簡単

ストッケのトリップ トラップの組み立てはとても簡単で、スムーズにいけば30分以内に組みたてることができます。

IKEAの家具のようにネジを強く締める必要がないので、工具も付属の六角レンチ1本で済みますし、力のない人でも十分に組み立てが可能です。

組み立てのための部品も多くないですし、格安家具メーカーの製品とは違い日本語マニュアルが同梱されているので、誰でも簡単に組み立てることができます。

ストッケ トリップ トラップを組み立てる時に間違えるとしたら、座るための板や足を乗せる板を逆に差し込むくらいで、取り返しのつかないミスをすることはありません。

その他には、オプションのクッションを取り付ける前に、トレイやガードを付けないようにするだけで、ノーミスなら20分もあれば組み立て完了です。

我が家の娘は、大人と同じように椅子に座りながらご飯を食べるのが相当うれしいらしく、天板をバシバシ叩いて喜んでいます。

月齢7か月程度になるとベビーチェアの上で立とうと努力しますが、脚が伸び切らないので今のところ脱出を試みても失敗しています。

今後更に成長して知恵をつけてくるとベビーチェアから脱出する方法を思いつくはずなので、その時はハーネスをつけてガッシリ固定すれば安心です。

ベビーチェアの注意点

これはストッケ トリップ トラップに限定した内容ではありませんが、赤ちゃんの好奇心は大人の想像をはるかに超えていて、ベビーチェアの下に潜り込んで金属の棒を何度も触ろうとします。

我が家の赤子はストッケ トリップトラップの足を置く板の下に潜り込み、上半身を起こした瞬間に後頭部をぶつけて大泣きしたことがあります。

どんなベビーチェアでもそうですが、赤ちゃんがずりばいやハイハイができるようになるとテーブルやイスの下に潜り込むので、ゲージで囲うか頭をガードするクッションを使うことをおすすめします。

赤ちゃんの頭を守る ごっつん防止やわらかリュックがかわいすぎる

2017.05.17

お絵描きシートがあると便利

赤ちゃんあるあるのひとつに、ベビーチェアに座らせながらご飯を食べると、フォークや食器などをワザと落とすというブームがあります。

ご飯を食べさせるために玩具や麦茶を与えて気を逸らしていたのですが、突然テーブルの上にある物を全て床に落とすのです。

コップにお水が入っていようがお構いなしに床下に落すので、我が家では防水に対応したお絵描きシートをストッケ トリップ トラップの下に敷いています。

我が家には新聞紙がないので洗えば何度でも使えるカラフルなお絵描きシートが大活躍しています。

離乳食で床が汚れるので水でかけるカラフルシートを敷いてみた

2017.09.17

転落防止用ハーネスは必須

月齢10か月頃になるとベビーチェアに座るのが嫌になるらしく、親の隙を見ては脱出を試みるようになります。

赤ちゃんは転落すると大きなケガをするという考えがないので、平気でベビーチェアの上に立ち上がるので、ハーネスは絶対に必要になります。

ベビーチェアの上に立ち上がるまではハーネスを取り付けずにいましたが、ストッケ トリップ トラップを一度分解しないと装着できないので、一緒に購入して組み立てた方が楽です。

ハーネスを取り付けてからは転落の心配がなくなり、安心して離乳食を食べさせるようになりましたが、ベビーチェアを嫌がる時期はもう少し続きそうです。

ベビーチェアを嫌がる時はキッチンに場所を移したり、カリブのベビーチェアに座らせてご飯を食べさせるなど、赤ちゃんが気分をかえられるような工夫が必要になります。

最後に、ストッケトリップトラップで離乳食を食べさせて思うのは、大人が座れるくらい頑丈なので赤ちゃんがどんなに暴れても安心して使えるという点で。

他のベビーチェアは幼児期までしか使えないのに対し、ストッケトリップトラップは小学生でも使えるので、これからベビーチェア購入する方は定番であるストッケがおすすめです。

我が子はストッケトリップトラップに向かないタイプ

赤ちゃんに離乳食を食べさせるために購入したストッケトリップトラップですが、定番のベビー用品だからと全ての子供に向いているとは限らないということに、使用してから1年以上経過してからわかりました。

最初はどんな赤ちゃんも大人しくイスに座りながら離乳食を食べてくれますが、1歳以上の子どもでご飯を食べるのが嫌な子は席から離れようと椅子の上に立つので、そんなご飯嫌いの子供にはストッケトリップトラップは向いていません。

自由に身動きの取れないストッケトリップトラップに座るのを極端に嫌がるので、今は低いテーブルでご飯を食べられるイスでご飯を食べるようにしていますが、遊びが大好きな子供は落ち着いてご飯を食べてくれないので大変です。

ストッケトリップトラップに向いているのは出されたご飯を何でも食べてくれる子供で、ダラダラと1時間以上時間をかけて食事をするタイプの子には、低い椅子を購入するのがおすすめです。

happiness キコリの小いす レッド MW-KK-RD

happiness キコリの小いす レッド MW-KK-RD

1,598円(11/15 06:37時点)
Amazonの情報を掲載しています



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*