知らないと失敗するアルミとステンレスの物干し竿の選び方

子供の頃は物干し竿の移動販売をよくみかたものですが、今はネットで何でも買える便利な時代になり、あまり姿をみかけることがなくなりました。

今はステンレスの物干し竿をネットで安く買えるので、千円という金額で集客して高い物を売りつけるという、たくましいビジネスモデルが成立しないのかもしれません。

物干し竿には、ステンレス製の他にも軽量なアルミ製があり、どちらを選んでも大きく失敗することはありませんが、違いを知ることで見えてくるものがあります。

そこで今回は、長年使い続けたステンセス製の物干し竿と、数年前に追加で購入したアルミ製の物干し竿の違いなどについて紹介します。

アルミやステンレスも錆びる

最初にお伝えしたいのが、錆びに強いと言われているステンレスやアルミも、錆びと無縁ではないということです。

20年以上前から愛用しているステンレス巻きの物干し竿も、内部や傷ついた場所から錆びが侵食したり変形したりしているので、そろそろ交換しなければなりません。

その気になれば30年使えそうですが、隙間の錆びが衣類や布団に付着する恐れがあるので、今ではあまり使用していません。

実はアルミ製の物干し竿も錆びるのですが、鉄の錆びとは違い白く変色したり粉を吹いた感じになります。

的外れなことを言うと、鉄の錆びが衣類に付着すると慌ててしまいますが、アルミの錆びなら何故かあまり気にならないという違いがあります。

アルミとステンレスは重さが違う

以前住んでいた賃貸アパートから引越しをする時に、ステンレス製の物干し竿をトラックに積み忘れ、冬の雨がシトシト降るなか重いポールを手で持ちながら、ひたすら歩いたことがあります。

ステンセス製の物干し竿を持ち歩くことは普通ありえませんが、この物干し竿の重さというのは意外と重要で、少しの風であれば外れることがありません。

アルミ製の物干し竿は軽すぎて少しの風でも動いてしまうので、普段からストッパー無しでは心配ですし、台風の時は部屋の中に入れないと危険です。

重みのあるステンレス製の物干し竿でも台風クラスの風が吹くと動いて外れてしまうので、物干し竿のストッパーはどちらにせよ必要不可欠なものですが、アルミ製の様に今すぐ買わなければならないという感じではありません。

戸建てなら必用ないかもしれませんが、アルミやステンレス関係なしにマンションに住むなら、必ずストッパーを使用しましょう。

竿ストッパーRD

竿ストッパーRD

196円(11/14 19:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

アルミとステンレスは強度が違う

短い物干し竿であれば関係ありませんが、3メートルを越える物干し竿を使うなら、強度の強いステンレス製がおすすめです。

アルミ製の物干し竿は安くて錆びに強くおすすめではありますが、ステンレスと比べると強度がなく簡単にしなるので、濡れた洗濯物を一度に沢山干すと重みで折れてしまうかもしれません。

アルミは鉄の約1/3の重さになりますが強さも1/3になるので、ステンレスと同じ剛性のある物干し竿をつくるなら、同じ重さになるように鉄よりも厚さが3倍あるものにしなければなりません。

ただし、価格の安いステンレス製の物干し竿のなかには、アルミよりも耐荷重の少ない製品があるので、ステンレス製だからと油断してはいけません。

基本的に物干し竿は空洞でステンレスとアルミの厚さが同じであれば、必然的にステンレスの方が剛性が高くなります。

逆に言うとステンレスでもかなり薄い素材を使用した製品では、アルミ製の物干し竿よりも耐荷重のないものもあります。

物干し竿を購入する時はステンレスやアルミなどの素材に関係なく、耐荷重を必ず確認するようにしましょう。

アイリスオーヤマ アルミものほし竿 幅138~373cm N-AL-380

アイリスオーヤマ アルミものほし竿 幅138~373cm N-AL-380

1,880円(11/14 19:11時点)
Amazonの情報を掲載しています

ステンレスの物干しがおすすめ

物干し竿の購入と同時に替えをおすすめしたいのが、洗濯バサミまでステンレスの物干しです。

プラスチック製の物干しは、経年劣化ですぐに洗濯ばさみの部分が壊れますし、プラスチック独特の異臭がして嫌な気分になります。

我が家で使用している物干しは、強風に煽られても外れないストッパーのついているパール金属の製品で、洗濯物をはさむ部分も劣化せずに長く使えています。

今まで使用していたのは、ホームセンターやドラッグストアなどで売られているプラスチック製の物干しでしたが、竿と一緒にステンレス製の物に買い替えて大変満足しています。

このステンレス製物干しは中央に折り畳みを防止するロック機能があるので、干した洗濯物を移動させる際中に勝手に折り畳まれてイライラすることがありません。

更にこのステンレス製物干しは洗濯ばさみの配列が天才的で、横干しや縦干しはもちろん斜め干しにも対応できるので、衣類乾燥除湿機などの風を効率の良く送ることができるのです。

洗濯物を干す時は横一列にするのが一般的のようですが、必ずしもそれが一番効率の良い干し方とは限らないので、手持ちの製品はどの様な使い方ができるか研究してみると、面倒な洗濯お少しは楽しくなります。

我が家で使用しているステンレス製物干しは、購入してから2年近く経過していますが、未だに洗濯バサミが一個も壊れていませんし、この先も長く使えそうなくらい丈夫です。



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*