シリコン付きで脱げないAmazonベストセラーのチェアソックス

テーブルやイスの脚でフローリングを傷つけないようにカバーを履かせたことが何度かありますが、どの製品も1週間もすれば伸びていて気が付けば自然と脱げています。

椅子の脚に履かせる靴下が脱げるとイライラするので頻繁に交換しているのですが、長年探し続けてもなかなか満足できるものに出会うことができませんでした。

テーブルやソファーの位置は固定なので、多少ヨレても大丈夫と思い放置していると、親切なことに赤子が一生懸命脱交換しようとしています。

今まで色んな製品を試してきましたが、100円均一で売られているものは論外で、天下の東急ハンズで売られている椅子カバーも伸びてしまいました。

東急ハンズで購入した製品は猫の手足をイメージしたデザインで、とてもかわいくてお気に入りでしたが2か月もすればこんな状態になり、買い替えることになりました。

今までは伸びてしまうことを前提に可愛さ重視で脚のカバーを選んできましたが、今回は本気で脱げない靴下を求めて、Amazonのベストセラーで最も評価の高い製品を購入しました。

シリコン尽きで滑りにくいチェアソックス

今まで使用してきたイスやテーブル用のカバー、フェルトのシールなどは動かすとすぐに剥がれてしまいますが、今回購入したチェアソックスは内部にシリコンが付いています。

流石Amazonでダントツ人気のある製品なだけに、箱のデザインがとてもお洒落で期待が持てます。

こちらは4脚分の椅子に使えるWISLIFE(ウィスライフ)のチェアソックス16枚セットの中身です。

チェアソックスを裏返すと何本ものシリコンが付いていて、脱げにくくしているのがわかります。

長年チェアソックスを店頭で購入して試してきましたが、こんな画期的な商品はみたことがありません。

椅子に取り付けてみた

今回は、太い部分が16mmある我が家のダイニングテーブルの椅子に、チェアソックスを履かせてみることにします。

履かせ方は少し工夫が必要で、まずはチェアソックスを履かせる椅子を寝かせ、普通の椅子用カバーと同じ要領で途中まで履かせてください。

写真のように途中までチェアカバーを履かせたら、後は子供の靴下を履かせる感覚で指でグイっとソックスを広げ、強引に引き上げてください。

今回はチェアソックスを1枚履かせるのに一人で作業して20秒程でしたが、Amazonのレビューをみると二人で履かせたという人もいます。

靴下がずり落ちないようにするためにシリコンがあるので、椅子の脚が太い分だけ履かせにくくなるのかもしれません。

できるだけ椅子にソックス内部のシリコンが当たらないようにしながら引き上げるのがコツです。

チェアソックスを履かせた後は椅子の出し入れがとてもスムーズになり、引きずる音が一切しなくなるので騒音対策にもなります。

今のところ丸3か月使用してみましたが、チェアソックスがずれ落ちることは一切なく、今ままで購入した製品のなかでトップクラスの満足度です。

我が家のダイニングテーブルは椅子が二脚しかないので、残りは赤子に狙われたソファーに使用しています。

WISLIFEのチェアソックスは他の製品よりも少し値段が高めに設定されていますが、何度も買い替えることを考えると断然お得でなので、賢い人にはWISLIFEのチェアソックスをおすすめします。



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*