赤ちゃんとの遊び方がわからない新米パパにおすすめな本

赤ちゃんがお腹のなかにいる時から信頼関係を築いてきたお母さんに対し、朝と週末くらいしか顔を合わせないお父さんが勝てるはずがありません。

普段は愛想を振りまいてくれる赤ちゃんも、眠い時はママ以外は受け付けないモードに突入してお父さんの抱っこを拒否するので、お父さんの繊細な心は傷ついてしまいます。

そんな心が傷つきやすいお父さんは、オムツ替えや抱っこなどお母さんと同じ土俵で戦っても勝ち目はないので、ママと違う人から昇格すべく遊びで存在をアピールしてみましょう。

0歳児の発達にあったあそびアイデアBOOK

まず最初に紹介する本は、0歳児の発達にあった遊びアイデアBOOKで、難易度の低いものから高いものまで遊びを幅広く紹介しています。

難易度の高い低いの違いは、手作りで遊ぶための物を作る必要があるか否かの違いなだけなので、育児で時間のないお母さんに代わり、一生懸命赤ちゃんのために工作してみましょう。

いきなり赤ちゃんと遊ぶための道具を作るのはハードルが高いと思う方は、赤ちゃんと自分の体だけで遊ぶ方法や、ガーゼタオルやお持ちの玩具を工夫して遊ぶ方法などを紹介しています。

この0歳児の発達にあったあそびアイデアBOOKは、保育園でも実践されている遊びを紹介しているので、是非赤ちゃんとの遊び方がわからないという方におすすめの一冊です。

いち、にの、さーん。

おやこでぴょん、えほん いち、にの、さーん。は、大人気のまんまるちゃんで赤ちゃんとの遊びを教えてくれる超おすすめの絵本です。

いち、にの、さーん。は赤ちゃんと一緒に読みながらストーリーに合わせて遊ぶことができるのですが、絵本なだけに遊び方を紹介する図解がとてもわかりやすいのです。

いち、にの、さーん。はページ数が少ないので、絵本のなかで紹介している遊びは決して多くありませんが、実践的な遊びばかりなので0歳児後半からおすすめです。

ただし、いち、にの、さーん。の遊びの中には、アクロバティックものがいくつかあるので、言葉をしゃべることができない赤ちゃんが怖がらないか、様子をみながら遊んであげてください。

一説によると伝統的な遊び高い高いで赤ちゃんが笑うというのは、あまりにも怖すぎてどう反応すれば良いのかわからずに笑ってしまうという話を聞いたことがあります。

赤ちゃんが要求するならアクロバティックな遊びはおすすめですが、そうでないのならもう少し上の年齢になるまで様子をみるようにしましょう。

また、赤ちゃんが喜んでいるからと頭をブンブン振り回すのは大変危険なので、ゆっくり穏やかに遊んであげてください。

いち、にの、さーん。 (こども絵本)
  • k.m.p.
  • 価格: ¥ 864
  • 販売者: Amazon.co.jp

魔法のサイン ベビー手話DVDブック

こちらは赤ちゃんとの遊びとは無関係ですが、赤ちゃんがどの様に考えているかがわかると更に楽しく遊べるのではないかと思い、こちらの本を購入してみました。

魔法のサイン ベビー手話DVDブックは、まだ言葉を発することができない赤ちゃんとのコミュニケーションするために、アメリカジェスチャーランゲージ(ACL)という手話を勉強するための本です。

魔法のサイン ベビー手話DVDブックで紹介するベビーサインの数は決して多くありませんが、いくら知能が目がぐるしく成長する赤ちゃんでも、膨大なベビーサインを覚えるのは無理があります。

本にはベビーサインを上手に教えるためのコツなどを紹介したDVDが同梱されていますので、まずはベビーサインがどんなものか興味のある方におすすめの本です。

本の発売日はかなり昔ですが内容自体は遜色ありませんので、赤ちゃんのとのコミュニケーションが取れなくてストレスを感じている方にもおすすめです。

定価は物凄く値段が高いのですが、同じ製品をリーズナブルな価格するAmazonのストアもありますので、是非探してみてください。