離乳食で床が汚れるので水でかけるカラフルシートを敷いてみた

離乳食を食べさせるためにベビーチェアの王様、ストッケトリップトラップを購入したものの、ダイニングの床が汚れないようにするシートが決まらないまま時が過ぎていました。

離乳食をデビューした頃は夢中になりながら食べてくれたのですが、次第に物を落としたり手で払うようになるなど段々と手が付けられなくなり、何かを床に敷かなければ家がボロボロになりそうです。

赤ちゃんや子供の食事で床が汚れないようにする定番のアイテムと言えばジョイントマットですが、飲み物や食べかすが隙間に入る込むのは容易に予想できますので、我が家では購入していません。

防水性の優れたレジャーシートを敷けば解決する話ではありますが、リビングやダイニングにレジャーシートは美しくありませんし、汚れた部分がわかりにくいので却下です。

その点、新聞紙は水分が浸透するとわかりやすいのでいいのですが、ご飯を食べる度に敷くのも大変ですし、使用後は片づけないと口に入れる恐れがあるので、こちらも却下です。

色々考えた結果、お水でかけるパイロットの知育玩具NEWカラフルシートが使えるのではないかと思いAmazonで早速購入してみました。

将来的にお絵かきで使うことを考えてオプションも込みで購入しましたが、とりあえず本製品ひとつあれば十分にお絵かきをして遊ぶことができそうです。

0歳からでも使えるNEWカラフルシート

水でかけるパイロットのNEWカラフルシートは、対象年齢が1.5歳からなので0歳児は使いこなすことはできませんが、離乳食を食べる時のシートとして使うことができます。

カラフルシートを選んだ理由は色々ありますが、ひとつは水で絵を描くための製品なので飲み物などをこぼしても床に浸透しないという点にあります。

もうひとつの理由は、水分を含んだ食べ物や飲み物をこぼした場所が変色するのでわかりやすいのと、汚れたら簡単に洗うことができるからです。

0歳児の今はお絵かきできなくても、カラフルなイラストをみて喜んでいますし、付属のローラーなどは水を使わなくてもおもちゃとして使えます。

実際にストッケトリップトラップの下に敷いてみるとこの様になり、我が家ではサイズ的に丁度良いという感じですが、やんちゃな子には新聞紙を追加で数枚敷いてください。

NEWカラフルシートを汚れ防止シートとして使う時の欠点は、離乳食を食べる時にシートのイラストが気になる時があるという点ですが、それも一時的なことなので特に多きな問題にはなりませんでした。

それよりもストッケのベビーチェアの下に潜り込んで頭をぶつけるということを何度もしているので、椅子の下にカバンなどを置くようにしています。

むしろ0歳児のいる家庭はできるだけ色鮮やかな色彩やイラストを家のなかに置いた方が良いので、NEWカラフルシートは赤ちゃんの刺激になるのではないでしょうか。

因みに我が家では、0歳児に与えているのは黄色いローラーだけで、その他のペンやスタンプは口に入れてしまうのでパッケージから出していません。

成長した暁には本来の使い方で遊ばせることもできますので、対象年齢になる前から買い与えても損しないアイテムだと考えていましたが、洗いすぎると使えなくなるので2歳頃に買い替えました。

スイスイおえかき NEW カラフルシート
  • パイロットインキ(PILOT INK)
  • 価格: ¥ 2,539 ¥ 4,298
  • 販売者: Amazon.co.jp