重くて辛い子供の抱っこが嘘のように楽になるHippychick Hipseat

小さな子供を連れてディズニーランドやUSJなどの行楽地へ遊びに行くときは、装着が面倒な抱っこ紐よりもベビーカーの方が断然楽ですが、楽しい遊園地で子供が大人しくベビーカーに乗るのは0歳までの話です。

1歳の誕生日を子供を連れてはじめてのディズニーランドに行きましたが、ベビーカーで大人しくしていたのは最初の頃だけで、より高い位置から園内の風景をみるために終始抱っこを要求してきました。

仮にベビーカーで大人しくしても、パレードやショーの鑑賞したりアトラクションに乗る時は子供をベビーカーから降ろさなければならないので、必然とベビーカーよりも抱っこ率が高くなります。

1歳の誕生日を迎えたばかりの娘の体重は10kg未満と軽い方ですが、それでもパーク内を1日抱き上げながら移動したり人気アトラクションの行列に並ぶのは大変だと思います。

そこで今回は、娘の誕生日をディズニーリゾートで快適に過ごすために、海外で人気と言われているHippychick Hipseatを用意し、実際にパーク内で使用してみた感想について紹介します。

便利すぎるHippychick Hipseat

日本のベビーグッズ売り場ではみかけないHippychick Hipseatですが、外国では人気のベビーグッズで重い赤ちゃんを長時間抱き上げることのできる魔法の様なアイテムです。

元々Hippychick Hipseat、縦抱きしないと寝ない月齢4か月の赤子対策のために購入した物ですが、当時はヒップシートの上に赤ちゃんが立ちたがるため使用せずにいました。

使い方はとても簡単で、ヒップシートがズレ落ちないように腰よりも上にベルトを巻いてロックで固定し、子供を抱き上げて座らせるだけのアイテムですが、思いのほか便利で大活躍しました。

このヒップシートは子供を腰に巻いたヒップシートの上に座らせて、子供のお尻や腰の部分を優しく支えるだけで使えるので、ベビーカーや抱っこ紐よりも楽にアトラクションの乗り降りができます。

Hippychick Hipseatは、抱っこ紐と違い腰で体重を支えるので腰痛持ちの人にはおすすめできませんが、これひとつあるだけでディズニーリゾート内の移動やアトラクションの順番待ちも苦になりませんでした。

ショーやパレードの鑑賞が更に便利に

ディズニーランドやディズニーシーで行なわれるショーやパレードを鑑賞する時は、子供をベビーカーから降ろし通路に座らせるか、バケーションパッケージの鑑賞チケット席を確保する必要があります。

1歳の子供は、とても背が低くいので最前列でないとショーやパレードが見えないのですが、頭以上の高さに帽子や髪飾りをしたりカメラを上げるの禁止されているので、肩車をしてあげることもできません。

通常なら硬い通路の上に敷いたシートか膝の上に座らせのですが、このHippychick Hipseatがあれば子供を前向きに膝よりも高い位置に座らせることができるので、ショーやパレードの鑑賞でも役立ちました。

寝られると辛くなる

ベビーカーに乗りたがらない子供やディズニーランドなどの行楽地で大活躍するHippychick Hipseatですが、子供を抱っこした状態で寝てしまうと途端に腕が辛くなることがあります。

子供が垂直に寝てくれれば腰に負荷がかかるだけなので楽なのですが、左右に傾き始めると子供の体重が腕に掛かるので、今まで快適にできていた抱っこが嘘のように重く感じます。

それでもヒップシートなしの状態よりは楽なので全くの無駄にはなりませんが、子供が起きている時の快適さと比べると大きな負荷を感じるので、子供が眠りそうな時ははベビーカーに寝かせるか抱っこ紐にした方が良いでしょう。

折り畳めるヒップシート

Hippychick Hipseatは子供の抱っこが楽になるので便利ですが、食事や買い物の時に腰から外してしまうと大きな荷物になるので、他のカバンを持ちながら遠出することはあまりしません。

いつも出掛ける前にHippychick Hipseatを持ち歩くか悩むのですが、近場の公園かディズニーランドやUSJクラスの本気遊びに使用するくらいで、普段は荷物を載せられるベビーカーを選んでしまいます。

ただ、子供が歩き始めてからはベビーカーや抱っこ紐を嫌がるようになり、腕だけで子供を抱き上げることが増えたので、コンパクトに折り畳むことのできるTeLasbabyのヒップシートDaG1(ダッグ)に買い替えました。

TeLasbabyのヒップシートにはコンパクトに折り畳めるDaG1の他にも、ヒップシートとウエストポーチのDaG3、ヒップシートとショルダーバッグのDaG5、 ヒップシートとマザーズバッグのDaG7があります。

DaGシリーズのヒップシートはとても優秀で、よくあるウエストポーチになるヒップシートという製品ではなく、ヒップシートとして使いながら同時に荷物を入れられるポーチやマザーズバッグになるのです。

子供がベビーカーに乗るのを嫌がる今、コンパクトに折り畳めるDaG1のヒップシートなしにお出かけすることは考えられないくらい便利で、Hippychick Hipseatから買い替えて良かったと思います。

テラスベビーのヒップシートは他のヒップシートよりも角度があるので、子供がずり落ちる心配もなく安定して座らせることもできるので、これからヒップシートをお求めの方に大変おすすめな製品です。



この記事をシェアしてみませんか?

コメントを残す

*